他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 東海大学海洋科学博物館(イソギンチャク) | トップページ | 三保の海岸 »

東海大学海洋科学博物館(クマノミとイソギンチャク)

クマノミとイソギンチャクは、共生する事で知られています。どうやってクマノミと判断するんでしょう?イソギンチャクと一緒に別の魚を飼っていたら、イソギンチャクにつかまって食べられてしまいました。

Dsc08433

これはカクレクマノミかな?

Dsc08435

大きなイソギンチャクは、ちょっと不気味です。

Dsc08439

見た目のこんなに違う生き物が、仲良しにしているところが不思議で面白いです。

Dsc08445

触手の中に隠れています。これでは迂闊に手を出せませんね。

Dsc08449

ここでは、クマノミの繁殖もしているそうです。この水槽は中側に入って見る事も出来ます。

Dsc08493

クマノミのメカニマル(メカニック・アニマル)。子供たちに人気でした。

« 東海大学海洋科学博物館(イソギンチャク) | トップページ | 三保の海岸 »

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

ロココさん、お早うございます。
水族館は久しぶりに行きました。
磯打ちの投網を作ったりしますので、海の魚にも興味があります。
雪は我が家の少し上まで降ったようです。
少し前に一度降りましたが、直ぐに融けてしまいました。
我が家は山にあるので、路面が凍ると運転するのが怖いです。

居ながら(家に)水族館、とても楽しく見させてもらいました。

そちらも雪が降りました?
妙高はずっと雪マークで・・・これから一番のピ-クのようですcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/53809153

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大学海洋科学博物館(クマノミとイソギンチャク):

« 東海大学海洋科学博物館(イソギンチャク) | トップページ | 三保の海岸 »