2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ひねくれ者の木 | トップページ | カンアオイの花 »

2012年1月31日 (火)

樹上のムギラン

シシラン(シダの仲間)、ホソバニセジュズネノキ(細葉偽数珠根の木)、イズセンリョウ(伊豆千両)などの珍しい植物をブログ友の記事で知り、その場所へ行ってみました。

そして、初めて樹上のムギランに出会いました。今までは、図鑑か山野草の展示会等で見ただけで、自生の株を見た事はありませんでした。それは、足元に生えていたコクランが引き合わせてくれたのです。

178

頂に登り、足元を見るとこのコクランが生えていました。そしてその横には・・。

191

この塊が落ちていました。「あっ、ムギランだ!」

Dsc09025

別のカメラで撮って見ました。周囲の樹上を探しましたが、この頂の鬱蒼とした樹木の中で確認する事は出来ませんでした。

そして頂から下へ降りると、樹上にマメヅタとは違う植物が居候していました。

Dsc09093

光学30倍ズームでやっとこのくらいです。これ以上に撮るには望遠鏡(BORG)しかありません。でも、拡大して見るとムギランと確認出来ます。

Dsc09088

方向を変えて・・。

Tldsc09088

上の写真をトリミングしてみました。右下に見えるのがマメヅタです。着生している木は、アカシデ?

この近くには、カヤランとヨウラクランが着生した木があります。樹上の着生ランが3種類も見られるなんて幸せな事です。中でもムギランは、絶滅危惧種Ⅱ類(VU)・・絶滅の危険性が増大している種に指定されています。

« ひねくれ者の木 | トップページ | カンアオイの花 »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹上のムギラン:

« ひねくれ者の木 | トップページ | カンアオイの花 »