他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 三保の海岸 | トップページ | 羽衣の松(新) »

羽衣の松(先代)

静岡市清水区三保・・三保の松原には、伝説の「羽衣の松」があります。

Tldsc08644

海岸から松原を見たパノラマ写真です。

Dsc08639

白い垣根の中に、伝説の羽衣の松があります。

Dsc08646

横にある羽神社。右隣にはおみくじが設置されています。おみくじは、悪いところばかり当たっている・・。

Dsc08619

近づいてみると、その痛々しい姿に胸が痛みます。

Dsc08642

幹には、モルタル?で補修された痕も見えています。噂には聞いていましたが、これ程とは思いもしませんでした。

Dsc08577

樹皮は、樹齢約650年の風格があります。

Dsc08565

まだ、かろうじて葉の付いている枝を撮って見ました。他の松に比べて葉が短いのに気が付きます。

Dsc08600

北側から見た全体の様子です。

Dsc08597

枝の曲がりも、独特の趣があります。

Dsc08593

葉の付いている枝をズームして見ました。

タイトルでお気づきだと思いますが、羽衣の松は平成22年10月に「新・羽衣の松」に世代交代が行われたそうです。そしてその松も変わった特徴を持っています。

【羽衣伝説】

昔々、三保に伯良と言う漁師がおりました。ある日のこと、伯良が松の枝にかかっている美しい衣を見つけて持ち帰ろうとすると、天女が現れて言いました。「それは天人の羽衣です。どうかお返しください。」ところが伯良は「天人の羽衣ならお返しできません。」と言いました。すると天女は「その羽衣が無いと天に帰る事が出来ません。」と言って懇願しました。伯良は、天上の舞を舞う事を約束に羽衣を返しました。天女は喜んで三保の春景色の中、羽衣を纏って舞いながら、富士山に沿って天に昇って行きました。

« 三保の海岸 | トップページ | 羽衣の松(新) »

史跡探訪」カテゴリの記事

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/53824656

この記事へのトラックバック一覧です: 羽衣の松(先代):

« 三保の海岸 | トップページ | 羽衣の松(新) »