他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 東海大学海洋科学博物館(ミノカサゴ) | トップページ | 東海大学海洋科学博物館(クマノミとイソギンチャク) »

東海大学海洋科学博物館(イソギンチャク)

「うわぁ~気持ち悪い!」なんて言う人もいると思いますが・・。じっと観察すると、面白い生き物です。

Dsc08509

Dsc08508

2階「メクアリウム」のコーナーで見たイソギンチャクです。そしてイソギンチャクをモデルにしたメカニマル(メカニック・アニマル)が・・。

Dsc08507

「いそのつかみ」と名付けられたこのメカニマルは、金属で作られているにもかかわらず、イソギンチャクのしなやかな動きを再現していました。

Dsc08437

これもイソギンチャクの仲間のようです。

Dsc08436

これはイソギンチャクかサンゴの仲間か?

Dsc08442

クマノミと一緒の水槽に入っていたイソギンチャク。クマノミは、別の記事で登場予定です。

【特別出演】

我が家で飼っていたイソギンチャクです。今は天国に行ってしまいましたweep

Rimg0039

Zimg_4688

いつも同じ所にばかりいるのではなく、あちこち移動するんですよ。時々ヤドカリの殻に貼り付いたりしていました。海の生き物の飼育も面白いです。

« 東海大学海洋科学博物館(ミノカサゴ) | トップページ | 東海大学海洋科学博物館(クマノミとイソギンチャク) »

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/53808907

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大学海洋科学博物館(イソギンチャク):

« 東海大学海洋科学博物館(ミノカサゴ) | トップページ | 東海大学海洋科学博物館(クマノミとイソギンチャク) »