他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

樹上のムギラン

シシラン(シダの仲間)、ホソバニセジュズネノキ(細葉偽数珠根の木)、イズセンリョウ(伊豆千両)などの珍しい植物をブログ友の記事で知り、その場所へ行ってみました。

そして、初めて樹上のムギランに出会いました。今までは、図鑑か山野草の展示会等で見ただけで、自生の株を見た事はありませんでした。それは、足元に生えていたコクランが引き合わせてくれたのです。

178

頂に登り、足元を見るとこのコクランが生えていました。そしてその横には・・。

191

この塊が落ちていました。「あっ、ムギランだ!」

Dsc09025

別のカメラで撮って見ました。周囲の樹上を探しましたが、この頂の鬱蒼とした樹木の中で確認する事は出来ませんでした。

そして頂から下へ降りると、樹上にマメヅタとは違う植物が居候していました。

Dsc09093

光学30倍ズームでやっとこのくらいです。これ以上に撮るには望遠鏡(BORG)しかありません。でも、拡大して見るとムギランと確認出来ます。

Dsc09088

方向を変えて・・。

Tldsc09088

上の写真をトリミングしてみました。右下に見えるのがマメヅタです。着生している木は、アカシデ?

この近くには、カヤランとヨウラクランが着生した木があります。樹上の着生ランが3種類も見られるなんて幸せな事です。中でもムギランは、絶滅危惧種Ⅱ類(VU)・・絶滅の危険性が増大している種に指定されています。

ひねくれ者の木

冬景色の林内では、色々変わったものが目に付きます。この記事では、ひねくれ者の木(蔓)を集めてみました。

Dsc08908

枯れたフジ蔓?

Dsc08910

こちらは何の蔓だろう?

Dsc08924

先端で他の木にしがみつく蔓。

Dsc08932

二本で捻くれっこしているフジの蔓。そして極めつけは・・。

Dsc08931

このフジです。平たい帯のようです。

Dsc08927

椅子のようになった所や・・。

Dsc08934

襟巻きのような所・・。

Dsc08935

螺旋の所。細い木に絡まっていてそれが朽ちたのでしょうか?蛇の嫌いな私にとって、あまり気持ちの良い木ではありません。

丸火自然公園の野生ラン②

落ち葉の中で、緑色の葉を持った野生ランが目に付きやすい季節です。

【ミヤマウズラ】

Dsc08883

いつもタイミング悪く、ここのミヤマウズラは花の時期に出会った事がありません。

Dsc08882

朔果だけは毎年確認しています。

【シュンラン】

087

この林内には、シュンランが沢山生えています。でも、このくらい大きな株はなかなか見つかりません。

Dsc08948

落ち葉を掻きわけて根元を見ると・・。

Dsc08895

蕾が出ていました。

Dsc08896

Dsc08897

こちらにも・・。右の蕾の先端部は花弁(萼片)が見えています。

Dsc08942

ここのシュンラン花は、3月~4月頃に見る事が出来ます。園芸分野では、葉の斑や花色の変異種などが珍重されています。ここでも、良く観察するといろいろな花色の株を見つける事が出来ます。昨年見つけた黄色系の花→こちら

野生ランと言えば、この日家の近くの山中でムギランを発見しました。足元に一握りくらいの株が落ちていて、あちこち見上げていたら着生株がありました。ラッキーな休日でした。後日の記事で・・。

丸火自然公園の野生ラン①

丸火自然公園は、昨年の6月30日以来久々の記事になります。この季節だからこそ見つけやすいものもあります。

【ムヨウラン】

036

葉緑素を持たない腐生ランの仲間。いつも観察しているところに朔果がありました。

Dsc08868

近くを探して見ると、こちらにもありました。

Dsc08871

こちらにも・・。花の季節が楽しみです。

一昨年、蕾を見つけて、昨年花を観察しました。友人の研究者から、比較的珍しいエンシュウムヨウランではないかと教えてもらいました。今年は、直接見てもらえたらと思っています。

【サイハイラン】

046

サイハイランの果実を、背景ボカシで撮影。

Dsc08889

背景ボカシを弱くして・・。それにしても沢山受粉したものです。エネルギーを使いすぎでは?

Dsc08890

この林内では、サイハイランを良く見かけます。エビネの葉に似ていますので、良く観察しないと間違えてしまいます。

084

葉は、一つの球根に一枚が普通です。まれにへそ曲がりの株もありますが・・。エビネとの違いは、葉の付け根にこのような褐色の覆いがあります(←素人なので正しい表現が分かりません)。

085

葉は、エビネよりも固く皺(しわ)が少ない。触って見ると良く分かります。

【エビネ】

058

Dsc08945

この日は、バラの棘で引っかき傷を作りながら、普段行かないところへ入りました。そこで見つけた一番の大株です。このまま、ずっと無事でいてほしいものです。

062

葉の付け根に褐色の覆いがありません。

063

葉の縁が波打っていて、サイハイランより柔らかです。

次は、この寒さの中、蕾を付けた野生ランが登場します。

雪見(植物観察)

富士山子供の国の西側林道で見つけた植物観察です。寒いので、ちょっとだけの観察でした。

004

この赤い実は、サルトリイバラです。

008

ヨモギのドライフラワー。

014

こちらはタマアジサイです。

018

これは・・丸っこくないから、山芋ではなくてトコロ(野老)の果実かな?

022

センニンソウ属(ボタンヅルかな?)の果実。

024

雪が乗っていました。

027

シシウドの果実。我が家で栽培している明日葉とそっくりです。

005

笹の葉に乗った雪。

021

Dsc08837

スギは、今年も沢山の実を付けていました。見ただけでむず痒くなる人は居ませんか?

次は、久々に行った丸火自然公園です。

雪見(こどもの国)

十里木方面(裾野市)から下って来る車に雪が積もっていました。「そうだ、雪を見に行ってみよう」・・と言う事で、スタッドレスを履いたミニキャブ(Mic)で行って来ました。

031

勢子辻から裏道の林道に入って少し走ると、路面に雪が積もっていました。ミニキャブは4WDなので、この程度の雪なら難なく登って行きます。

Tldsc08829

富士山こどもの国の裏側の入り口付近です。正面に見えるのは、愛鷹連峰の越前岳です。

Dsc08816

車から降りたら「寒い!」。チェーンを付けた車が、一台中へ入って行きました。

Dsc08824

上の入り口の反対側は、林道「丸火東線」の終点です。

Dsc08817

越前岳も寒そうです。

Dsc08818jd

山頂付近をズーム。自動修正してあります。

Dsc08819jd

更にズーム。この辺りには、お気に入りの植物が生えています。今年もタイミング良く花を見る事が出来るだろうか?

Dsc08823

誰かが作った雪だるま、と言うより雪の塊か・・。

この先へ行こうか迷いましたが、昼までに時間が無い事と、慣れない雪道を走るのも気が進まないので、ここで引き返す事にしました。登りはともかく下りが怖いcoldsweats02

5228201201291911350435

国道469号線の交通量が比較的多かったので、赤いピンのところから裏道の林道へ入りました。そして、左下の丸火自然公園にも行って来ました。

次は、この林道での植物観察の記事です。

ピグミィシロナガスクジラ

今日は、休日出勤でした。私の場合、休日・時間外は給料に反映されませんので、「早く終わらせて早く帰ろう!」をモットウに仕事に臨んでいます。同じ考えを持った、長い付き合いの職人さんとの最速コンビでしたから、予定よりずっと早く終わりました。とても嬉しいhappy01

地球上には、こんな大きな生き物がいるんですね。

Tldsc08485

これは、ピグミィシロナガスクジラの世界で唯一の完全な骨格見本だそうです。全長:18.6m、体重:43t、骨の重量:3.5t。1966年12月南氷洋で捕獲されたものです(東海大学海洋科学博物館にて)。

Dsc08474

頭部側・・上顎と下顎です。

Dsc08479

全体の様子。

Dsc08486

腰骨です。

Dsc08487

尾側。

Dsc08488

尾椎の先端。尾鰭(おびれ)には骨が無いそうです。

その大きさにとても驚かされました。でも、同属のシロナガスクジラは更に大きく、一般的に20~30mですが、34mのものまで確認されたそうです。

世の中には、信じられない生き物がいるものですね。

家の周りの植物観察

早朝に家を出て、帰宅した頃には辺りが真っ暗です。冬は、家の周りの植物観察も休日にしか出来ません。そこで、撮り溜めた写真を分けて、一週間分の記事にしています。

Dsc08777

山間の我が家で一番気の早いフキノトウです。あと二つ生えていました。

Dsc08778

横顔・・。可愛そうですけど、日曜の酒の肴です。

Dsc08782

明日葉は、茹でてユズポンで食べます。

Dsc08783

のんびりしていると直ぐに葉が開いてしまいます。わずか二本の苗からあちこちに繁殖しています。とても元気な奴です。

Dsc08787

これは、畑ワサビの葉です。ミニビオトープの横で、少しずつ増えています。

Dsc08792

その近くに出ていた葉。ワサビに似ているけどリュウキンカだと思います。

Dsc08788

西洋サクラソウには、早くも蕾が見えています。対する日本サクラソウは、まだ土の中に潜んでいて姿が見えません。

御穂神社(その②)

花の金曜日ですが、明日は休日出勤ですから夜更かしが出来ません。週末の楽しみなのに・・weep

Dsc08683

手水舎には、お清めの作法が掲示されていました。それを見ながらお清めしました・・慣れないものでcoldsweats01

Dsc08682

本殿は、静岡市指定の有形文化財になっています。修復工事費用の寄付を募っていました。我が富士市の三日市浅間神社も同じです。神社を維持するも厳しいようですね。景気が悪い上に、信心深い人が少なくなっているのかも?

Dsc08679

お賽銭を入れて二礼二拍一礼。両手で鈴も鳴らして来ましたよ。

Dsc08674

失礼して中の様子を撮らせていただきました。

Dsc08676

こちらには、神明社、八幡神社、そして八雲神社が祀られています。末社に対して、こちらは摂社で良いのかな?

Dsc08677

こちらは子安神社です。子宝、安産、子育ての神として信仰されています。杓がいっぱい奉納してありました。底の無い杓(穴をあけてありました)を奉納して、安産祈願をするそうです。

御穂神社(その①)

三保の松原・・羽衣の松は、この御穂神社の御神木です。

Dsc08695

三保の松原へと続く「神の道」。神様の歩く道を、人間が歩いても良いのかな?

Dsc08697

上の写真から180度回転すると、この鳥居が見えます。右側には、小さな駐車場があります。

Dsc08690

境内に入って行くと灯篭が見えて来ます。なんか変則な位置に立っています。

Dsc08689

これは能舞台かな?と思ったら、神楽殿と呼ぶそうです。

Dsc08687

神馬(しんめ)を祀った祠です。木製の神馬は、左甚五郎の作と伝えられているそうです。格子の間から覗き見る事が出来ます。

Dsc08686

末社・・呉服神社(衣服の神)、胡夫大夫神社(恵比須神)、稲荷神社、磯前神社が祀られています。

Dsc08688

綺麗に掃き清められた境内が印象的でした。

三保の松原植物観察

帰り際に、変わった松と樹上の居候を探して見ました。

Dsc08552

国指定名勝「三保の松原」と書かれています。我が富士市で見かける松原と違い、地面には殆ど草が生えておりません。

Dsc08556

こんなに寝た松がありました。

Dsc08557

別の方向から・・。

Dsc08650

こちらも・・。

Dsc08653

亀の甲羅のようなこぶ。

Dsc08553

樹上の居候、一番手はノキシノブです。何処にも生えていますね。

Dsc08656

そして、ヒトツバの群生。

Dsc08664

こちらにも・・。

Dsc08657

ズームして見ました。

Dsc08667

こんなところにも居候がいました。

次回行った時は、もっと時間をかけて広い範囲を観察して見ようと思っています。

羽衣の松(新)

羽衣の松は、「新・羽衣の松」へと引き継がれました。

Tldsc08616

このパノラマ写真の右手に「先代・羽衣の松」が、そして左手には「新・羽衣の松」が見えます。

Dsc08612

これが「新・羽衣の松」です。

上手く撮れなかったので、モノトーンに加工して見ました。

Mono_dsc08603

他の松は、海からの風を受けてか陸側に傾斜しているのに、この松は海側に傾斜しています。変わった奴です。

Mono_dsc08606

先代に比べると枝が踊り過ぎている感じです。それに、他にもこのくらいの太さの松が何本かありました。どういう選考基準で選んだのでしょう?

Dsc08609

Dsc08613

樹皮の様子・・まだ先代に比べると綺麗です。

Dsc08605

新しい標識が作られていました。そして、更に、跡継ぎがいました。

Dsc08587

この細い松の隣には・・。

Dsc08586

こんな看板が立っていました。先代の遺伝子と人々の思いを受け継ぐ二世の松です。

羽衣の松(先代)

静岡市清水区三保・・三保の松原には、伝説の「羽衣の松」があります。

Tldsc08644

海岸から松原を見たパノラマ写真です。

Dsc08639

白い垣根の中に、伝説の羽衣の松があります。

Dsc08646

横にある羽神社。右隣にはおみくじが設置されています。おみくじは、悪いところばかり当たっている・・。

Dsc08619

近づいてみると、その痛々しい姿に胸が痛みます。

Dsc08642

幹には、モルタル?で補修された痕も見えています。噂には聞いていましたが、これ程とは思いもしませんでした。

Dsc08577

樹皮は、樹齢約650年の風格があります。

Dsc08565

まだ、かろうじて葉の付いている枝を撮って見ました。他の松に比べて葉が短いのに気が付きます。

Dsc08600

北側から見た全体の様子です。

Dsc08597

枝の曲がりも、独特の趣があります。

Dsc08593

葉の付いている枝をズームして見ました。

タイトルでお気づきだと思いますが、羽衣の松は平成22年10月に「新・羽衣の松」に世代交代が行われたそうです。そしてその松も変わった特徴を持っています。

【羽衣伝説】

昔々、三保に伯良と言う漁師がおりました。ある日のこと、伯良が松の枝にかかっている美しい衣を見つけて持ち帰ろうとすると、天女が現れて言いました。「それは天人の羽衣です。どうかお返しください。」ところが伯良は「天人の羽衣ならお返しできません。」と言いました。すると天女は「その羽衣が無いと天に帰る事が出来ません。」と言って懇願しました。伯良は、天上の舞を舞う事を約束に羽衣を返しました。天女は喜んで三保の春景色の中、羽衣を纏って舞いながら、富士山に沿って天に昇って行きました。

三保の海岸

水族館の記事は少しお休みして、三保の海岸を訪ねて見ます。まずはパノラマ写真から。

Tldsc08561

松林から出て正面(伊豆の山々)を望む。

Tldsc08626

左(西)側の彼方には、富士山と愛鷹連峰が見えています。

Dsc08635

雪を纏った富士山と、その右手には愛鷹連峰。我が家は、両方の中間辺りです。

Dsc08633

この日の富士山は、笠雲がかかっていました。

Dsc08631

伊豆の山を彼方に見る家族連れ。また一つ楽しい思い出が出来たかな?

Dsc08624

打ち寄せる波の音が、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

Dsc08630

左手に見えているのは、伊豆半島の先端(南端)です。海を眺める少年の背中にも、男の哀愁が漂っていますね。

Dsc08621

西側を向くと、銀色に光る水面がとても綺麗でした。別の海のようですね。

三保の海岸と言えば、まず頭に浮かぶのが天女伝説の「羽衣の松」ですね。上の少年が振り向いた辺りに、伝説の松があります。次の記事では、その松を取り上げて見たいと思います。

東海大学海洋科学博物館(クマノミとイソギンチャク)

クマノミとイソギンチャクは、共生する事で知られています。どうやってクマノミと判断するんでしょう?イソギンチャクと一緒に別の魚を飼っていたら、イソギンチャクにつかまって食べられてしまいました。

Dsc08433

これはカクレクマノミかな?

Dsc08435

大きなイソギンチャクは、ちょっと不気味です。

Dsc08439

見た目のこんなに違う生き物が、仲良しにしているところが不思議で面白いです。

Dsc08445

触手の中に隠れています。これでは迂闊に手を出せませんね。

Dsc08449

ここでは、クマノミの繁殖もしているそうです。この水槽は中側に入って見る事も出来ます。

Dsc08493

クマノミのメカニマル(メカニック・アニマル)。子供たちに人気でした。

東海大学海洋科学博物館(イソギンチャク)

「うわぁ~気持ち悪い!」なんて言う人もいると思いますが・・。じっと観察すると、面白い生き物です。

Dsc08509

Dsc08508

2階「メクアリウム」のコーナーで見たイソギンチャクです。そしてイソギンチャクをモデルにしたメカニマル(メカニック・アニマル)が・・。

Dsc08507

「いそのつかみ」と名付けられたこのメカニマルは、金属で作られているにもかかわらず、イソギンチャクのしなやかな動きを再現していました。

Dsc08437

これもイソギンチャクの仲間のようです。

Dsc08436

これはイソギンチャクかサンゴの仲間か?

Dsc08442

クマノミと一緒の水槽に入っていたイソギンチャク。クマノミは、別の記事で登場予定です。

【特別出演】

我が家で飼っていたイソギンチャクです。今は天国に行ってしまいましたweep

Rimg0039

Zimg_4688

いつも同じ所にばかりいるのではなく、あちこち移動するんですよ。時々ヤドカリの殻に貼り付いたりしていました。海の生き物の飼育も面白いです。

東海大学海洋科学博物館(ミノカサゴ)

その優雅な泳ぎ方や長い鰭が目を惹く、ミノカサゴの水槽です。全体的に暗い写真で恐縮ですが、修正せずに掲載しました。

Dsc08467

この魚は、熱帯性海水魚を扱っているペットショップなどでも良く目にします。暖かくなると、静岡県でも沿岸部で見る事があります。背鰭や腹鰭のところに毒のある棘があって刺されると腫れたりめまいや吐き気を起こす事があるそうです。要注意ですね。

Dsc08401

Dsc08459

茶系の縞のミノカサゴ。

Dsc08398

こちらは黒系の縞。

Tldsc08462

「何だ向こうに変な奴がいるぞ!」カメラに近づいてきました。

Dsc08463

「何だ文句あるか!」・・睨まれました。同じミノカサゴでもいろいろな特徴を持っていて良く観察すると面白いです。

今夜は、雪が降るかもしれません。急に冷え込んで来ました。

東海大学海洋科学博物館(七色のクラゲ)

この水族館は、ストロボ撮影は禁止です。SONYサイバーショットで、プレミアムモード手持ちで撮りました。これはミズクラゲかな?

Dsc08388

Dsc08389

Dsc08390

Dsc08391

Dsc08392

Dsc08393

Dsc08395

Dsc08396

Dsc08397

照射する光の色が変化するクラゲの水槽です。綺麗でしょう?見入ってしまいました。海の生き物を飼った事は幾度かあります。イソギンチャクなんかも面白かったです。クラゲも飼ってみたい!こんなWebページがありました。

萌の災難

愛車DAIGO(D5)の、修理と点検が終ったか電話して見ると、夕方出来上がるとの回答でした。ここで予定が崩れ、一時間ほど無駄になってしまいましたweep

昨晩、沼津に出来た深海魚水族館のニュースをやっていました。「魚を見に行こう!」でも、仕事で通う沼津へ休みの日まで行きたくはありません。と言う事で、東海大学海洋科学博物館へ何十年振りかで行って来ました。

その記事は、これから編集しますので、まずは萌の災難から。

Dsc08344

朝散歩の終わった後、今日は遊んでもらえると思っている萌。「いつもより遅い散歩の時は、家族が家にいる」そいういう事が分かっているようです。

夕方、修理の終わった愛車を受け取り、帰宅すると五月蠅い事・・。最近ではゲンコツも交わされてしまいます。そこで考えたのが洗濯バサミです(効果があるか分かりませんが、決して動物虐待ではなく躾です)。

Dsc08774

「うん、なんか邪魔なものが・・」

Dsc08775

「萌、痛いか?大人しくしていないからだ!」でも、頭を揺さぶり直ぐに取ってしまいました。

Dsc08776

「じゃぁ、鼻はどうだ」「dogうっ、これはたまらん!」これも外されてしまいました。この後、ちゃんとお座りをして待っていましたので、夕方の散歩に出ました。

Dsc08786

明るい内の散歩は、いつも以上にハイテンションで、手綱持ちは大変です。もっとゆっくり歩いてくれると助かるのですが・・。

小潤井川の野鳥観察

肌寒い曇り空の日には、御日様sunの有難さが身に沁みます。

Tl014

カメラを向けると、向こうへ飛んでいく鳥が一羽・・連れない奴だ。

Dsc08304

カワウでした。意外と警戒心が強い鳥です。

Dsc08311

この日は、ヒドリガモが沢山いました。それも、陸に上がって何か食べています。葉を食べているのかな?

Tl030

喧嘩をしないで、仲良く食べているところが良いですね。

Tldsc08319

こちらを見ているメスのカモ。

Tl050

Tldsc08326

コガモもいました。いつも多いカルガモは、この日ワンペアーだけでした。

Tldsc08306

これはキセキレイかな?

Tldsc08335

こちらは、前に見たのと同じイソシギかな?右に見えるのは、里芋のようです。川に流されても逞しく育っています。

小潤井川の植物

せっかくの休みなのに、天気が悪くてがっかりです。家族にアカデミックパックのホームページビルダー16を買わせて練習してみました。今まで、HTMLとVer落ちの格安ホームページビルダーを使っていましたので、追加機能が多く慣れるのに大変です。

こんな日は、何処かへ行く気にもなれないので一週間遅れの写真です。

Dsc08294

小潤井川で野鳥を追って土手を歩いていると、ガマの穂が見つかりました。今まで何度か来ていたのですが、葦に隠れて気が付きませんでした。

Dsc08296

くしに刺さったフランクフルトのようですね。

Dsc08293

種が弾けているものもありました。

Dsc08302

これは何だろう?皇帝ダリアのような葉ですが・・。

Dsc08299

小潤井川の脇に島田公園があって、ここにはトイレがあります。トイレ利用者のために2台ほど車が停められます。

Dsc08300

根の張り方が凄い!

5228201201211728190850

クリックして見てください。

次は、野鳥観察の記事です。

潤井川の野鳥観察

先週、いつも行く小潤井川ではなく、もう少し川幅のある潤井川へ行って来ました。

Dsc08268

富士宮市に近い上流部の様子です。曇っていて肌寒い日でした。向こうに見えるのは岩本山かな?

Dsc08266

最初に見つけたアオサギ。なんか寒そうですね。

Dsc08276

もう少し上に行くと、こんな渓相の川になります。

Dsc08275

暫く雨が降っていなかったのに、結構水量がありました。湧水が豊富なんですね。

5228201201211734230019

上の写真は、ここで撮りました(富士タウンマップ)。

Dsc08270

少し流れの緩やかな所にいたマガモのペアーです。他には見当たりませんでした。更に上流へ行こうと思ったところ・・。

Sdsc08280

愛車DAIGO(D5)のコンピューターが警報を発しました。仕方なく、折り返して三菱自動車販売へ向かいました。ABSのセンサー不良だそうです。5年以内なので無料で修理してくれるとの事・・ついでに定期点検も依頼して来ました。

部品がすぐに無いとの事で、予約だけして次には小潤井川へ向かいました。大人しく家に帰ればいいものを・・困った奴です。

庭木の着生ラン

今夜は、雪が降るかもしれません。まだスタッドレスに履き替えていないので心配です。

今日は、家の庭で育っている着生ランを集めてみました。

Dsc07652

ツゲの根元に着生しているセッコク。とても元気です。

Dsc07698

シンボルツリーの八重枝垂桜に着生しているセッコク。隣に見える蔓はノウゼンカズラです。

Dsc07700

根の様子。

067

森町の友田家で見た風ランを参考に、マキの木に着生させてみました。相性は良さそうです。

Dsc03791

こちらはもう少し前の状態です。春になったら、他の風ランも着生させて見ようと思っています。植え替えが面倒なので・・。

柏の木

昔、母親が柏餅を作ってくれました。柏の木を見ると、当時を思い出します。

二本ある内の一本は、早い内に剪定をしたのでまた葉が出て来ました。そして遅ればせの紅葉を見る事が出来ました。

Dsc07681

独特の形です。柏の葉は、剪定などしなければ芽が出るまで落葉しません。ブナと同じです(ブナ科コナラ属)。

Dsc07677

まだ緑の葉もあります。

Dsc07684

Dsc07678

こちらは紅葉してとても綺麗です。

Dsc07686

ズーム・・。

Dsc07680

樹皮は、かなりごつごつした感じです。

Dsc07624

おまけ・・浴室のリニューアル工事で出た端材を利用して作った椅子。庭を眺めるのに丁度良いです。

ハクモクレンの蕾

今日は、某工事組合の新年会でした。車は沼津の駐車場に置いて来ました。明日は電車で出勤です。勤務地が遠いとこういう時に辛いweep

庭のハクモクレンには、沢山の蕾が付いています。

Dsc07629

結構、大きな木になりました。

Dsc07634

樹皮の様子。古木になるほど荒れて来ます。人間と一緒ですね。

Dsc07687

逆光で撮影。

Dsc07635

開花が楽しみです。

Dsc07638

接近して見ると、暖かそうな毛皮のコートを着ています。

Dsc07639

実は、少し前にはもう一枚の毛皮を纏っていました。寒がりの蕾ですね。

Img_2482

別の時に撮った写真にもダブルの毛皮が・・。

Dsc07668tss

おまけの月・・クレーターが見えています。

今夜は早く寝よう。飲み過ぎではありませんよ。寒いので・・。

野菜など

果樹に引き続き、野菜畑の様子です。

042

だいぶ遅れて蒔いたホウレンソウが出て来ました。この寒さで無事育つだろうか?

037

昨年は豊作だったソラマメ。後から植えたものと・・。

036

最初に植えたものでは、大きさがこんなに違います。

041

この寒さの中で、ブロッコリーも生っています。

038

早く植えたものは、収穫しそびれて花が咲いてしまいました。

040

もったいないから、このまま茹でて見ようかな・・。

001

日当たりの良い石垣横では、日本スイセンが咲いていました。

034

西洋タンポポの花が、綿毛になっているものもありました。最近では、タンポポが一年中咲いているような気がします。

果樹の実と花

この季節、果樹畑の様子は同じような写真ばかりで恐縮ですが・・。

025

遅くなったため、熟しきれずにしなびてしまったイチジク。ホワイトゼノア・・甘い品種です。

026

別の木(イチジク)の根元を見るとカミキリの幼虫が入っていました。これが木を枯らしてしまいます。困りものです。

017

ビワの花も終わり頃かな?

011

こちらはキンカン。枝の先端部に生る実は、まだ緑色です。

014

横に生る実は、とっくに黄色くなっています。面白いですね。

015

ハナユズは今年も沢山生りました。ユズ湯に使っています。

006

そして、このシークワーサーも沢山生ってくれます。どう利用したら良いのだろう?とても酸っぱそうだし・・。

果樹の芽など

今朝は辺りが白くなっていました。今冬初めての積雪です。こんな日も、萌の散歩は欠かせません。萌にとっては、一番の楽しみなんですから・・。

先日行った果樹畑の様子です。良く見ると、果樹たちも春の準備をしています。

018

梅の蕾。まだまだ固い・・。

031

これはアケビの芽か蕾です。

021

スグリの芽も春を待っています。今年は生るかな?

023

アーモンドです。昨年は、あまり実が生りませんでした。

032

これはリンゴです。一昨年、たった一つだけ生りましたが、動物に横取りされてしまいました。

005

これは・・キウイの芽です。昨年は、オス木を植えたお陰で沢山生りました。

030

まだ細いホンザンショウ。棘が対生です。

028

こちらは、イヌザンショウ。棘が互生です。昨年は台風で倒れてしまいましたが、無事再生しました。

【雪景色】

今朝の様子です。

Dsc08338

我が家の庭。左が八重枝垂れ梅、右が白木蓮です。

Dsc08339

勤務地の沼津市にある香貫山も白くなっていました。

帰宅した時にはすっかり融けて、跡形も無くなっていました。寂しいような安心のような・・。

熱海の山

仕事で行った熱海の山。生憎曇り空でしたが、山育ちの私は、海が見えると嬉しくて暫く眺めていました。

Dsc08197tl

駐車場から見える山側のパノラマ。

Dsc08196tl

海側のパノラマ。

Dsc08212

桜の季節にも行ってみたい場所です。

Dsc08198

熱海の町が見えます。傾斜地なのに家が多い・・。

Dsc08199

高台にもこんな大きなホテルが建っています。建築屋さんが大変そうですね。

Dsc08205

水面に光が反射してとても綺麗でした。

Dsc08208

伊豆の東海岸。ズームして・・。

Dsc08203

これは初島。電源は、どうなっているのでしょう?実は、熱海市から海底ケーブルで供給されています。

Dsc08206

こちらへ向かう漁船が見えました。

昨晩から、今朝にかけて雪が降りました。愛鷹山は、裾まで白くなっています。こんな日も、薄暗い内から萌の朝散歩です。辛い・・sad

ヒメシャラの木

11日に行った伊豆市某所で、ヒメシャラの木を観察しました。

Dsc00830

ここでは、自然林にも道路脇にも、ヒメシャラの木が目につきました。

Dsc08236

どの木にも、沢山の実が生っていました。

Dsc00794

この木、真ん中に注目してください。

Dsc00792

ちょっと右に回って・・。

Dsc00795

右の木に貼りついています。

Dsc00833

そしてこのお兄さんにも注目。

Dsc08233

二又に分かれたヒメシャラの木を利用して作られています。こういう遊び心って楽しいですね。

【ついでに】

Dsc00878

今日はとても寒い一日でした。調査で御殿場市の古沢地区に行って来ました。景色も富士山も寒そうでしょ?

季節外れの花?

花の少ない季節には、季節外れの花に敏感になります。

113

寒い冬でも元気なツルニチニチソウ。花期は、春から初夏だそうですが、一輪だけ気の早い花が咲いていました。

Dsc08262

こちらは白いクレマチスです。町内の家で見かけました。我が家のクレマチスは、葉も枯れ春を待つ時期なのに・・。

Dsc08259

花も沢山咲いていました。どうなっているのでしょう?

Dsc08255

蔓が柿の木に絡みついていました。

Web図鑑で、クレマチスの花期を調べてみると、殆どの種類が春から10月頃になっていました。ところが、中国原産の「アンスンエンシス」と言う種類が、12月から1月と載っていました。写真もこの花にそっくりです。どうも季節外れではないようです。

【余談】

我が家には、組み立て(自作)パソコンが3台あります。私のものが2台、そして子供たちの共有が一台・・これは長男が組み立てました。1月26日でセキュリティーソフトの期限が切れます。それまで、メールやダイレクトメールで更新のお知らせが何度も来ました。

でも、私は更新をせず3台使える1年版を買いました。税込みで5,970円でした。3台分更新する事を考えればずっと安上がりです。

ただ、ここで気をつけなければならない事があります。新しく(CDを入れて)インストールするにもかかわらず、今まで入っていたシリアル番号が表示されますから、これを直さなければなりません。うっかりそのまま訂正しないでインストールすると、更新になって余計な料金を払うはめになります。この辺りが、メーカーの気遣いの足りないというかずるいところです。

どんどん焼き2012

1月14日の晩は、どんどん焼きの日です。私は、子供の迎えと蕎麦打ちがあったため、行けませんでした。当日の写真は、別の家族に依頼しました。

Dsc08244

一週間前の休日に、当番の組が準備します。二年前は、私の組が当番でした。

Dsc08243

中央に立つ竹を「オンべ竹」と呼びます。ダルマと扇を飾ります。今年はダルマの数が少ない・・。

Dsc08247

前年の新婚さんから頂いた扇。新婚さんがいなかったら、どうするのだろう?

Dsc08249

日本三大ダルマ市で知られている毘沙門天大祭で売られているダルマは、このように髭のあるのが特徴です。

Dscf0762

最近では、14日に近い日曜日の昼に行われる地域が多くなったようです。でも、私の町内は昔通りの14日の晩に行われています。

Dscf0772

団子を焼いて食べると、無病息災の御利益があるそうです。

このような行事は、日々生活していく上での節目となります。末永く、次世代に伝えて行く必要があると思います。

家の周りの実②

休日なので、萌の朝散歩はいつもより一時間遅れです。明るくなってからの方が楽なので・・。

078

083

エビネの実。エビネも花数の割に結実するのが少ないです。実生よりも株分けで増えて行きます。

085

ヒダカミセバヤ。採り蒔きしてみましたが発芽するかな?

089

これは?唯一実の生ったスズランです。

090

リュウノヒゲ/ジャノヒゲの実です。根を生薬として用いると書かれていました。

098

ツワブキの花穂。

102

前記事とは別種のドウダンツツジ。

106

シャクナゲの実。毎年沢山の実がなるけど、苗は見当たりません。

094

097

芙蓉の実。これは比較的発芽率が良いようで、あちこちに苗が生えています。

家の周りの種①

家の敷地内で見つけた実(種)を集めて見ました。

158

アヤメの実。ユリにも似ています。

157

ギボウシの実。

147

149

ウチョウランの実。発芽させるには、蘭菌のある親株か段ボールを使った実生床に蒔きます。

137

133

これはツツジの実。ツツジは、花の数の割に実が少ないような気がします。でも、実生苗が生えているので、発芽率は良いのかも?

129

サザンカの実。同属のお茶の実も、これとそっくりです。

123

独特な形をしたカエデ属の実。

122

ドウダンツツジの実。

112

ホトトギスの実。

110

藤の実。

今日はどんどん焼きの晩でしたが、蕎麦打ちをしていたため、行けませんでした。初めて十割蕎麦を打ちました。回数を重ねるごとに、いろいろな事が分かって来ます。

マクロレンズの甲斐犬「萌」

家の周りの植物を撮ったついでに、マクロレンズのまま萌を撮って見ました。近づくと、遊んでほしくて落ち着きが無く、撮るのが大変です。

064

早朝散歩の後、日向ぼっこしている萌です。

063

後ろ足で、頬を掻いている萌。

045

「萌、こっちを向けよ!」

168

「何をしているんだこの飼い主は・・」

051

お座りしている時の前足。

163

164

今日は、まだ土が付いていません。

犬の耳や尾は、人の表情のようです。

052

警戒すると耳が横から後ろを向きます。

053

そして尻尾も・・。ハイテンションな時は尾が立ち、怖がったり警戒している時は尾が垂れています。

滝川土手の植物観察③

この記事では、いろいろな穂を集めて見ました。

Dsc08184

水面に映る菜の花を撮っていて、ガマの穂に気が付きました。この一角に、少しだけ生えていました。

Dsc08181

生育場所が無くなって来て、それほど見る事が出来なくなりました。

031

近くで見つけたこの穂は?

032

拡大して見ると、毛が短くノギがありますからススキかな?

019

こちらは?

018

毛が長く、ノギがありませんからオギかな?紛らわしい事です。

Dsc08177

風の通るところでは、小穂が飛んでこんな状態になっていました。

Dsc08176

集めてホウキに出来ないかな?これはたぶんオギだと思います。

006

最後にネコジャラシ・・エノコログサの穂です。穂の観察も面白いです。

滝川土手の植物観察②

土手沿いの道を探索すると、いろいろな実や種を観察することが出来ます。

016

Dsc08157

カラスウリの実がまだ残っていました。

013

黒っぽい実。

014

緑の実。これは、イヌホオヅキかな?

Dsc08139

コセンダングサの種・・凄いですね。衣服に付いて困りものです。

004

先端部に、複数の針のようなものが見えます。

001

これは、アキノノゲシかな?葉を確認し忘れました。

昨日も今日も寒くて、早朝散歩が辛い!

滝川土手の植物観察①

富士市街を流れる滝川土手の植物を集めて見ました。

009

007

色が白っぽいけど、ノコンギクかな?

026

畑では嫌われ者のホトケノザも、この季節では出会うと嬉しい・・。

027tl

小さな花なので、トリミングして見ました。こうして見ると可愛いい花ですね。

037

向こう岸には、菜の花が咲いていました。水面に映る菜の花も良いものです。

Dsc08183

ズームして・・。

023

これは野菜かな?

次は、種や実を集めて見ます。

滝川土手のヒガンバナ

下界へ降りたついでに、確認したいところがありました。10月末に植えた、ヒガンバナの様子です。無事に育っているだろうか?

Dsc08135tl

付近の様子をパノラマ写真で・・。

Dsc08114

入り口付近は、私たちが刈った時よりも綺麗になっていました。下の標識を設置した人たちが、更に丁寧に刈り取ったのではないかと思います。

Dsc08116

何度か、この川に沿った道の草刈りを手伝って来ました。そして、最近では周辺の企業が手を貸してくれるようになりました。いよいよ行政が動き出したのかな?

Dsc08136

確認したかったのは、この辺りです。綺麗になっているでしょ?

025

このリボンが、ヒガンバナを植えつけた場所を示しています。赤かった色が褪めたようです。

Dsc08164

新たに出て来た牧草のような草の中で、無事に育っていました。葉の色などを見ると、この草と相性が良いようです。

Dsc08165

草の少ないところは、葉の色が少し黄色みがかっています。でも良く見ると、相性の良い草が出始めていますから、元気に育ってくれると思います。

Dsc08155

幾度かの草刈りで、人が歩けるようになりました。最初に来た時は、クズやセイタカアワダチソウ、アレチウリ等が生い茂って凄い状態でした。毎年続けていれば、牧草のような草に変わってくると思います。

いつの日か、ヒガンバナの群生する名所になって欲しいと願っています。

アクアプラザ遊水池

アクアプラザ遊水池の様子を見て来ました。この季節の自然公園は、どこも寂しいですね。

Dsc08091tl

まずは、パノラマ写真で・・。

Dsc08071

浮島ヶ原自然公園と違い、葦は刈り取られておりません。

Dsc08090

私の背丈よりずっと高い葦の穂。

Dsc08063

セイタカアワダチソウも、冬姿になっています。

Dsc08066

複数の穂のものと、一本だけのものがありました。

Dsc08069

まるで綿毛のようです。

Dsc08078

こちらは、ガマの穂。

Dsc08089

初めて見た時、この部分が残っていたのでガマと分かりました。

Dsc08086

綿菓子のようです。これが飛び散ると・・。

Dsc08084

地面には、ガマの綿毛が積もっていました。

Dsc08097

水を止められた噴水も、寂しさを増します。早く春にならないかな~。

明日は、早出で修善寺へ行きます。冬の早出はとっても辛いweep

狩野川西部浄化センター調整池

連休明けの勤務は、なんとなく疲れます。気合いが足りないのだと思います・・反省coldsweats01。前記事の狩野川西部浄化センターの調整池の様子です。

Dsc08057tl

パノラマ写真で・・。

Dsc08054

メタセコイアらしき植物が、植えられていました。

Dsc08050

沢山の実が生っています。

Dsc08056tl

拡大して良く見ると、ヒノキの実に似た感じです。残った葉から見ても、メタセコイアだと思えるのですが・・。

Dsc08102

前記事で、望遠鏡の写真が少なかったのは、この葦のせいです。昨年は、刈られていましたが、今年は池に近いところを残してありました。野鳥が見えない・・。

Dsc08059

光学ズームで撮ったカモ。マガモとオナガガモ(左手前)のようです。昨年行った時は、オナガガモは見つからず、ハシビロガモがいました。

Dsc08104

こちらはダイサギかな?望遠鏡でも遠すぎます。

Dsc08105

建物の後ろには、愛鷹連峰、そして富士山が見えています。我が家は手前に見える山の向こう側になります。

Dsc08106

周囲に設けられている遊歩道には、ヤナギが何本か倒れていました。過日の台風の影響かな?早く植え直すなり伐採するなりした方が良いと思います。対処すべきは、沼津市か下水道事業団か?

次の記事は、隣にあるビオトープ「アクアプラザ遊水池」の植物観察です。

望遠鏡の練習

今日は、昼前に沼津の狩野川西部浄化センターの調整池へ行って来ました。久々に望遠鏡(BORG)を持って・・。

Dsc08046

コンデジで撮った付近の様子です。車の前に望遠鏡をセットして撮りました。小さな白いものがアオサギです。

マニュアルなので、近視と老眼の目では、ピント合わせが難しいです。

Dsc04105

そのままサイズダウンした画像。

Dsc04105tl

トリミング①。

Dsc04105tll

更にトリミング②。

Dsc04106tl

ちょっと動いたと思って撮ったら、上とあまり変わりませんでしたcoldsweats01

Dsc04108

池の手前岸に植えられているメタセコイア(?)の実。

望遠鏡で撮った写真はこれだけでした。次は、隣にあるビオトープ「アクアプラザ遊水地」の植物観察です。

赤い実(辛味・渋味)

【辛子色々】

Dsc00738k

今年、趣味の野菜畑で生った辛子類です。左の橙色と右の二つが、ハバネロより辛いとされているブート・ジョロキアです。真ん中の丸みを帯びた3個がハバネロです。

私は、辛いのがそれほど好きではありませんが、細かく刻みトン汁などに入れると美味しいです。ただ、入れ過ぎにはご用心!自分の椀にとってから入れた方が無難です。

【老爺柿】

Dsc00744h

ホームセンターの小品盆栽コーナーで見つけた老爺柿の実です。この実と若木のセットで1,000円くらいでした。実生では、5年くらいで実が生るそうです。普通の柿は8年ですから、こちらの方が早いですね。

Dsc00743h

老爺柿は、中国原産で実物盆栽として人気があります。色や形に、いろいろな変異があるそうです。

Dsc00742s

美味しそうでしょ?でも味見はしていません。食いしん坊のレーダーが「渋い!」と反応したからです。

ところで、この老爺柿は雌雄異株だそうです。若木は雌株を接いであるようですが・・。我が家で実を観賞出来るのだろうか?

三日市浅間神社御神木の居候

御神木には、いろいろな植物が居候(着生)していました。囲いがあるため、ズームで撮れる植物を集めてみました。

【マツバラン】

Dsc08021

スギナのようなマツバラン。古典園芸植物として栽培されているシダの仲間で、いろいろな品種があるそうです。

Dsc08022

垂れ下がったり・・。

Dsc08006

横を向いたり・・。

Dsc08014

直立したり・・。

【マメヅタ】

Dsc08015

マメヅタはシダの仲間で、石垣や樹木に着生しています。

Dsc08024

こちらは、マメヅタの胞子葉。

【ノキシノブ】

Dsc08025

樹木に着生するシダの仲間で、一番良く見かけるのがこのノキシノブだと思います。乾燥して葉が丸まっています。

【その他】

Dsc08031

こんな木も居候していました。左はケヤキかな?その右隣、ビワの葉のような植物は何だろう?

今日は、午前中に町内の掃除と萌の予防接種、午後は畑の様子見、そして夜には蕎麦を打ちました。まだ初心者なので、二八蕎麦です。難しいところはいろいろありますが、コンニャク作りよりは体力が要りません。

三日市浅間神社の大クス

三日市浅間神社の御神木・・大クスを観察して見ました。境内に入り、拝殿の東側にこの大クスの木があります。厄除けのお札を納める場所になっています。

Dsc08005

見てください、この太さ。

Dsc08019

上の写真から少し廻って、西側から見た様子。

Dsc08007

接近・・。

Dsc08009

北側から見た様子。空洞があります。

Dsc08011

北側上部の様子。

Dsc08013

空洞をズームして・・。

Dsc08030

東側から見た様子。

【大クス】

昭和30年に、静岡県の天然記念物に指定されています。樹高:15m、目通り(地面から1.2mの幹回りの太さ):13m、枝張り:東西17m・南北16m。

クスノキは、富士市の「市の木」に指定されています。

三日市浅間神社

土曜日は、午後から三日市浅間神社へ厄除け祈願に行って来ました。何厄かって?秘密ですbleah

Dsc07999

初詣の賑わいも過ぎ、比較的空いていました。以前は、3ケ日に行くと樽酒が振舞われていて、参拝そっちのけの人もいましたよ。

Dsc08034

大きな狛犬が社殿を守っています。

Dsc08036

作るのが大変そうなしめ縄ですね。

Dsc08043

入り口には、ピカチュウがいました。最近では、神社もアニメキャラクターの石像などのある所が多くなりました。いろいろ苦労されているようですね。

Dsc08038

この神社には、2個の火山弾が寄贈されていました。大きな火山弾で、200kgくらいあるそうです。

【富知六所浅間神社】

「ふじろくしょせんげんじんじゃ」と読みます。地域では、三日市の浅間さんとして親しまれています。創建は、延暦4年(785年)に富士山腹より遷し祀られたと伝わっており、1200年以上も経っていることになります。現在の本殿及び拝殿は江戸時代の建造物で、約250年が経過しているため、傷みも激しく建替を計画しているそうです。

次の記事は、御神木の大クスとそこに着生している植物観察です。

柿田川②

柿田川公園の植物観察です。川沿いの遊歩道が、植物観察し難い位置にあるので、少ししか撮れませんでした。

Dsc07949

遊歩道からでは、近視で老眼の私には何か分からない植物。

Dsc07981

ズームして見ると・・クレソン(オランダガラシ)でした。

Dsc07974

こちらは?

Dsc07982

トキワツユクサ(ノハタカラクサ)だと思います。

Dsc07978

フキ。

Dsc07980

セリ。

Dsc07979

シダ。

Dsc07964

これはホテイチクかな?

「なんだ、これだけか?」・・300円で購入したパンフレットによると、草類では、ミゾソバ、ハンゲショウ、ツリフネソウや絶滅危惧種のカワジシャも見る事が出来るそうです。ツリフネソウ、元から(標高の低い)ここに生えていたのかな?

そして気になったトンボが載っていました。ハグロトンボに似ている「アオハダトンボ」・・静岡県では柿田川でしか確認されていないそうです。初夏から秋、トンボの飛ぶ季節にまた行ってみよう。

今夜も、焼却場の臭気がしてきます。全く、困ったものだ!

柿田川①

正月休みに、駿東郡清水町の柿田川公園に行って来ました。ヤマセミに出会えるかと思って・・。

Dsc07944tl

北側・・国道一号線からの入り口ではなく、下流の狩野川との合流点に近い駐車場へ止めました。それから公園まで歩きました。山歩きより疲れますcoldsweats01

Dsc07946

上のパノラマ写真の少し上流です。水中の黄緑色は、ヤナギモのようです。水が綺麗でしょ?

Dsc07955

国道一号線に近い第一展望台から見た湧水箇所。地震の影響で、湧水量がずっと少なくなったそうです。がっかり・・weep

Dsc07958

光学30倍ズームで、やっと捉えられる位置にいたカワセミ。ヤマセミには出会えませんでした。まだ生息しているのかな?

Dsc07965

第二展望台の湧水箇所。真っ青な湧水を見て、忍野八海を思い浮かべました。ここには、何匹かの魚が泳いでいました。柿田川には、アユ、アマゴ、ウグイなどが生息しているそうです。本来アマゴは、もっと上流域に棲むのですが・・。

富士川の河口付近にもアマゴがいます。下流域に棲みついたアマゴは、(肉が)白身ではなくオレンジ色になる事があります(元渓流釣り師の経験から)。

Dsc07976

泉頭城船着場と呼ばれているらしい・・。製紙会社が利用していた井戸だそうです。ここでも湧水が確認出来ました。

Dsc07993tl

中流域の湿地帯。ハンノキが目立ちました。ミドリシジミ(蝶)の幼虫がこの葉を食べて育つそうです。

Dsc07987

向こう岸からの景色も見たい。

Dsc07992

所々に見えるこれは何だ?

Dsc07995

清水町役場の西側にあるこの橋の址。明治時代に造られ、1935年頃まで使われていたそうです。この先で狩野川と合流します。

Dsc07996

その先には、こんな汚水が流入する所もありました。困ったものだ!

柿田川公園は、遠方からの友人を案内するには、もう一工夫欲しいように思います。何を求めて、ここを訪れる気になるのか・・。

次は、遊歩道沿いで見かけた植物観察です。

萌の家族③

仔犬たちのご飯の様子を集めて見ました。

Dsc00488

「皆どうしたんだろう?」ご飯食べに来ないなぁ~。

Dsc00776

食べ終わったけどまだ来ない・・他のも食べちゃおう!

Dsc00898

今度は三匹一緒に食べ始めました。

Dsc00899

凄い食欲です。髭まで真っ白にして食べています。

Dsc00902

「ちょっと、こっちに来ないでよ!」

Dsc00686

こちらでは、美味しいおやつを独り占め。

Dsc00875

「お腹すいたからこれ齧って見よう。でも固い!」

萌の家族の写真は、まだまだありますが、これでお終いにします。離れ離れになった萌の両親や兄弟達は、元気で暮らしているかな?

萌の家族②

この記事では、萌の両親と小犬たちの写真を集めて見ました。

【お父さんと】

Dsc00524

起こると怖い、お父さん。

Dsc00510

お父さんの頬を「ペシ!」

Dsc00511

「こら何するんだ!」「へん、知らない!」・・かなりキカンボウです。

Dsc00574

お父さんが怒りました。臍天(ヘソテン)して「ごめんなさい、もうしませんweep

【お母さんと】

Dsc00571

お母さんも怒ると怖いです。

Dsc00535

「こら、言う事を聞きなさい!」

Dsc00729

こんなに大きくなっても、おっぱいを飲んでいるのは誰だ?

【皆で】

S_dsc00532

赤い毛(中虎毛)がお母さん。向こうの黒虎がお父さんです。

※この記事を書いていて気が付きました。撮影日から、この写真は萌や小桃の次の弟たちだと思います。

萌の家族①

かなり前に、萌の親の飼い主さんから写真の記録されたDVDを送っていただきました。ところが、そのDVDがドライブに入ったまま取り出せなくなってしまいました。折角送っていただいたのに・・。でも、やっと取り出す事が出来ました。たいへん遅くなって申し訳ありませんでした。

Dsc00596

萌の弟たち・・可愛いでしょ?萌は、もっと大きくなってから我が家に来ましたので、この時期の姿は写真で初めて見ました。

Dsc00887

見上げる先には、誰がいるのかな?

Dsc00584

口の周りを土だらけにして・・兄弟犬だけに、萌に似ている。こちらを見てください。→2011年元日の萌

Dsc00569

眉毛が無いのに、八の字眉毛のような顔をしていますね。

Dsc00540

他犬種に比べてちょっぴり強面の甲斐犬も、こんな可愛い時があるのです。このギャップがたまりません。

Dsc00489

お母さんに甘えているのは誰だ。

Dsc00505

可愛い子犬でも、甲斐犬の凛々しい表情を垣間見る事が出来ます。

(特別出演)

Ryu_02s

萌とも血縁関係にある、我が家の初代甲斐犬「竜」です。大人になった姿からは、想像も出来ないくらい可愛かったです。

次は両親と一緒の写真を集めて見ます。

センダンの実

岡部川~朝比奈川沿いを登って行くと、実が沢山付いた木を見かけます。何だろう?近づいてみると、センダンの木でした。

(岡部川:藤枝支所付近で)

Dsc07741

遠くからでも目につきます。

Dsc07735

なんか風情があるでしょ?

Dsc07739

こんな実です。

(朝比奈川:玉露の里近くで)

Dsc07845

こちらは、まだ緑がかっています。

Dsc07840

Dsc07844

真っ青な空を背景に撮って見ました。

Dsc07841

樹皮の様子。図鑑には、「紫黒褐色・・縦に裂ける」と書かれています。

【センダン】

センダン科センダン属。漢字では、栴檀。建築材料や器具材に使われたり、樹皮や果実が生薬としても使われるそうです。それに、果実の核が数珠としても使われるなど、役に立つ木なんですね。

香木にされる栴檀は、別種(ビャクダン科)だそうです。紛らわしいですね。

義母の家の花(2012年1月3日)

義母の家は、静岡市の繁華街にあります。我が家と違い、シンビジュームやデンドロビュームが冬でも屋外で育ちます。とても羨ましい・・。

036

シャコバサボテンの花。

035

ビオラの花。

034

パンジーの花。

008

何と寒さに弱いサツマイモの芽が出ていました。

016

オンシジュームの仲間。左側に花柄が見えています。

013

蕾が付いていました。

011

こちらのデンドロビュームにも蕾が・・。

029

パフィオペディラムの蕾。

018

これはセロジネかな?バルブの右に花芽が見えています。

027

蝋梅が一輪咲き残っていました。我が家と違うタイプです。

義母も植物達も元気でした。富士の山里に比べると、かなり暖かいようです。

藤枝市岡部川の野鳥②

コガモの中に、見馴れないカモがいました。たぶん、私は初めて目にするカモです。

Dsc07745

このペアーです。

Dsc07750

オス・・顔が黒くなってしまいましたcoldsweats01

Dsc07754

メス。このペアーから離れた場所にも、似たカモが数羽泳いでいました。

Dsc07803

Dsc07817tl

やっとオスの表情を写す事が出来ました。

Dsc07821tl

ペアーで餌取り倒立中。帰宅して野鳥図鑑で調べたところ、これはオナガガモだと思います。間違っていたら教えてください。

出歩けば色々な野鳥に出会えて楽しいです。

藤枝市岡部川の野鳥①

新年の挨拶に行った時、朝比奈川支流の岡部川で野鳥観察をしました。

Dsc07717

岡部川の様子。彼方に見える橋は、以前来た時人が渡るとメロディーが鳴ったのですが、故障したのか近隣の苦情で止めたのか、この日は聞こえませんでした。

Dsc07718

これはダムです。「違うだろう?」なんて言われるかもしれませんね。正式名称は「岡部川本郷井堰ファブリダム」と言うそうです。空気膨張式のダムで、この細長いゴム引布製のチューブに、コンプレッサーで空気を送り込んだのが写真の状態です。放水時は、中の空気を抜きます。ファブリダムは、住友電気工業の登録商標です。

Dsc07712

ダムの上では、コガモが日向ぼっこしていました。

Dsc07781

こちらにも・・。

Dsc07793

泳ぎ去るのは?

Dsc07799

カルガモのオス(たぶん)でした。

Dsc07797

ウが羽を広げていました。嘴の切れ込みが深かったのでウミウかな?

夕焼け

静岡から帰宅した頃には、辺りが薄暗くなっていました。萌は、捨てられた犬のようにぴぃ~ぴぃ~五月蠅い事wobbly。太陽は既に沈んでしまいましたが、夕焼け空が綺麗なので撮って見ました。

Dsc07930tl

二階のベランダからのパノラマ写真。標高の高いところにある我が家からは、駿河湾が見えます。電線が邪魔ですけど・・。

Dsc07919

西の空が赤く染まっていました。携帯電話のアンテナも邪魔・・。

Dsc07922

ちょっとズームを効かせて・・。

Dsc07931

時間と共に、雲を染める色も変わって行きます。

Dsc07938

更に暗くなって来ました。明日は天気が良いかな?寒くなってきたので、これでお終いです。

岡部の里

正月休みは、あっという間に過ぎて行きます。今日は、静岡市方面へ年始の挨拶に行って来ました。最初に行ったのは、旧志田郡岡部町・・現在は藤枝市岡部町になりました。

Dsc07861

瀬戸川水系(支流)朝比奈川沿いを登ると、このような看板が見えて来ます。「朝比奈大龍勢の郷」と書かれています。

Dsc07863

その先にある橋「殿橋」(幅員10m、橋長79m、1995年に完成)。名前の由来は、今川家の家臣、朝比奈氏の居城が止駄(志田)郡殿村がにあったからかな?古い地名が無くなるのは寂しいですね。この橋の親柱を見ると・・。

Dsc07860

今年の干支「辰/竜」です。

Dsc07853

左手を見ると、彼方に櫓のようなものが見えます。

Dsc07854

ズームして見ました。これが「朝比奈大龍勢」の櫓です。朝比奈大龍勢とは、白煙を上げながら上昇していく勇壮なロケット花火で、県指定の無形民俗文化財です。

Dsc07848tl

櫓の設置されている辺りのパノラマ写真です。久々に訪れた懐かしい場所です。

Dsc07847

少し登ると、道の駅「玉露の里」があります。今日は、時間が無いため立ち寄りませんでしたweep。また行こう!

小潤井川のアヒル

昨年末の写真ですが・・。前回行った時、昨年見たアヒル君の姿がありませんでした。「どうしたのだろう?」・・カワセミの姿を追っていると、白い姿が目に入りました。

Dsc07496

「無事で良かった。でも、一羽だけだ・・」。昨年は二羽いました。

Dsc07465

カルガモと一緒にいました。

Dsc07468

萌が後ろ足で頬を掻くのと、同じような動作をしています。

Dsc07469

カルガモと比べると、かなり大きいですね。

昨日と今日は、家で雑用をしていました。やる事がいっぱいあるので、あっという間に一日が過ぎてしまいます。明日は、何処かへ行ってみようかな・・。

初日の出と富士山と萌

今朝は、いつもより一時間遅れの朝散歩でした。「まぁ、元旦くらいは・・」萌の催促を聞きながら、少しだけゆっくりさせてもらいました。

【愛鷹山に登る初日の出】

Dsc07551

Dsc07559

Dsc07566

Dsc07590

生憎薄曇りでしたが、なんとか初日の出を拝みました。「平穏な一年が送れますように」。霞む日があれば、晴れる日もあります。日々、前向きな気持ちで過ごしたいと思っています。

【元旦の富士山】

Dsc07576

Dsc07580

雪が少ない・・。

Dsc07584

富士宮口登山道が良く見えます。

【元旦の萌】

Dsc07610_s

萌は今年も元気いっぱいです。「萌、休日の朝散歩はもっとゆっくりしようよ~」「ヤダ!!」・・今年もイノシシの突進のような散歩に付き合わされる事になります。手綱引きは、朝から大変ですcoldsweats02

新年のご挨拶

Img027


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »