他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 浮島ヶ原自然公園外の野鳥 | トップページ | 今冬初めてのカワセミ »

浮島ヶ原自然公園の植物(12月下旬)

この季節、浮島ヶ原自然公園の植物観察が一番寂しい時期です。でも、良く観察すると春を待つ植物たちを見つける事が出来ます。

Dsc07335

公園の入り口近くで見る事が出来るタコノアシの実です。この姿を見ると、タコノアシの名前に納得がいきます。

Dsc07390

接写。

Dsc07341

葦の花穂。

Dsc07386

セイタカアワダチソウの花穂。

Dsc07348

大きな葉は、サワトラノオ。左側の小さな葉は、ナヨナヨワスレナグサです。

Dsc07352

ヒキノカサの独特な形の葉も目につきます。

Dsc07372

葉の落ちる季節なのに、所々にヤナギの葉も・・。

Dsc07369

台風で倒れかかっている柳。ここの柳って、小さな木が見当たらないから、こうして倒れていくと、絶滅してしまうかも?挿木でもして予備軍を確保しておいた方が良いかも?

今日は、午前中年賀状をプリントしました。我が家では、家族もあわせて200枚くらいになります。それが、印刷係は私・・たまりませんwobbly。今年初めて25日までの投函に間に合いませんでした。元旦に届かないのに、元旦と記入してしまいましたcoldsweats01

« 浮島ヶ原自然公園外の野鳥 | トップページ | 今冬初めてのカワセミ »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

NOZOさん、今晩は。
季節によっては、ヤナギが少ないと殺風景な感じもします。
それに、傷んだ幹が目につきます。
若い柳が育ってくれると良いですね。

ロココさん、今晩は。
年賀状の次はお葬式でした。
私も以前は宛名だけ手書きしていたのですが・・。
最近ではPCでも面倒になって来ました。
では、そちらが雪解けになるまで、頑張って観察して歩きます。
来年も宜しくお願い致します。
良いお年を!

タチヤナギですが、これは発根率が高いので倒れた枝がどんどん根付くんですよ。なのであまり心配していません。
…が、若くて細いヤナギって、ヨシと一緒に刈られてしまうことが多いんですよね。そこの対策は必要だと思います。

今回たくさん倒れてわかったのは、けっこうタチヤナギやジャヤナギが痛んでいるということでしょうか。かなり幹をカミキリムシにやられています。湿地なので今の大きさ以上には育たないので、かなりの老木だといえます。(1994年の写真と比べても、ほとんど変わりがないです)
そろそろ更新を考えねばなりません。なので、倒れて良かったかもしれませんね。そもそもこのヤナギは植えられたもののようですし。
(かつて田んぼだった頃に、境界の目印として植えられたようです)

nightこんばんは
年賀状200枚の印刷ですか?それは大変!!
ロココは結婚当初、絵も全部一味一枚手書きをしていましたが・・・・
今ではPCにおまかせ!良い時代?になりましたね~
それでもおっくうで、年々その枚数を減らす努力??をしていますcoldsweats01

妙高はすっぽり雪の中、植物観察はもう、やまぶどうさんにすっかりお任せして(苦笑)こちらで楽しませていただきます。
来年もどうぞよろしくお付き合い下さいますよう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/53599377

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島ヶ原自然公園の植物(12月下旬):

« 浮島ヶ原自然公園外の野鳥 | トップページ | 今冬初めてのカワセミ »