2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ヤマブドウとサルナシ | トップページ | ヤシャビシャク(7月その1) »

2011年8月 2日 (火)

タカネフタバラン

ラン科フタバラン属タカネフタバラン。

そろそろ開花しているだろうと思って、富士山南麓某所へ見に行って来ましたが、まだ少し早かったようです。

【7月29日】

Aofutaba_dsc02369

花芽が伸びていました。後どれくらいで咲くのでしょう?

Aofutaba_dsc02370

葉の白い筋が特徴的です。アオフタバランとタカネフタバランは、図鑑の写真を見ると良く似ています。花の咲く前に区別する方法は、葉の付いている位置だそうです。アオフタバランは、地際に付くそうです。こちらは、茎の真ん中辺りですね。

Aofutaba_dsc02373

薄暗い林内では、うっかり歩くと踏みつけてしまいそうです。

Aofutaba_dsc02372

きっと、この花も小さくて撮りにくいだろうな~。

【7月9日】

20日前には、まだ小さな花芽でした。

Aofutabaran_img_2003

Aofutabaran_img_2004

この日は、生憎の雨でした。

小さな花を上手く撮れるよう勉強しておかなくては・・。

« ヤマブドウとサルナシ | トップページ | ヤシャビシャク(7月その1) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカネフタバラン:

« ヤマブドウとサルナシ | トップページ | ヤシャビシャク(7月その1) »