他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クルマユリ | トップページ | 実いろいろ(下山散策) »

フジアザミ

富士山と言えば、頭に浮かぶのがこのフジアザミです。富士山の固有種というわけではなく、他の山でも見る事が出来ますが、富士山周辺に多く分布していることからこの名が付いたそうです。

Fujiazami_dsc01065

砂礫地に生えています。実生の赤ちゃんも見えます。

Fujiazami_dsc01066

この辺りで一番の大株。フジアザミの根は、味噌漬けにして食べられるそうです。お土産屋さんのヤマゴボウのような味なのだろうか?

Fujiazami_dsc01012

蕾を持った株を発見。

Fujiazami_dsc00942

上から・・。

Fujiazami_dsc00943

横から・・。痛そうな棘です。

 

まだ開花には少し早いので、以前撮った花の写真を載せてみます(2009.9.23)。

Fujiazami_4s_5

Fujiazami_6s_2

大きくて見応えのある花です。

Azami_dsc00863

おまけ・・このアザミ、名前は分かりませんが、綺麗な斑が入っていました。

 

フジアザミなどは地中深くに根を張るため、砂礫地の地表を安定させる効果があるという事で、各種団体が植栽活動を行っています。損なわれる自然を憂いているだけでは、保護は出来ません。こういう事に目を向ける気持ちは大切だと思います。

 

ところが、この活動が盛んになるに連れて、その地域に今まで生えていなかった種類の植物が、かなり増えて来たそうです。植栽活動が、従来の生態系を崩してしまう現実があると伺いました。ポット苗の土に含まれていた様々な植物の種が、繁殖したものだと思われます。

 

自然保護活動を行うのも、多方面からの検討が必要だと思いました。

« クルマユリ | トップページ | 実いろいろ(下山散策) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

野山しんのすけさん、今晩は。
このアザミは、富士砂の中で発芽してこんなに育つのですからたくましいヤツですね。
手を触れてとても痛い思いをしました。
山芋を掘るより大変かも?
我が家の果樹畑には、掘るのが面倒で放置した本家の牛蒡があります。
アザミのような花が咲き、あちこちに増えています。

お早うございます。
フジアザミはこちらの河原にも道路沿いにもたくさん生えています。
普通、ヤマゴボウはオヤマボクチの根だそうですが、フジアザミも似た種類で同じように利用できるそうですね。でも掘るのが大変そうでまだ試していませんが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/52436562

この記事へのトラックバック一覧です: フジアザミ:

« クルマユリ | トップページ | 実いろいろ(下山散策) »