2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 甲斐犬「萌」の不思議な行動 | トップページ | タカネフタバラン »

2011年8月 2日 (火)

ヤマブドウとサルナシ

趣味で果樹栽培していると、野生の果樹にも興味を持つようになります。品種改良された栽培種と違って、実は小さく酸味が強かったりしますが、野趣溢れる味もまた良いものです。

【ヤマブドウ】

Yamabudou_dsc02448

Yamabudou_dsc02447

富士山麓では、、ヤマブドウの太い蔓が沢山見られます。でも、実の付いているのはなかなか見つかりません。熟すと暗紫色に変色します。晩秋に採りに行こう!

【サルナシ】

Sarunasi_dsc00626

Sarunasi_dsc00630

初めて食べたのは、ミニ盆栽に生った実でした。手で触ると柔らかだったので、半分に切って食べてみました。切断面もそうですが、味がキウイとそっくりでとても美味しかったです。

図鑑で調べて、どちらもマタタビ科マタタビ属だと知り、納得しました。

Sarunasi_dsc02438

Sarunasi_dsc02439

アップで見ると、毛のないミニキウイですね。今年は、実付きが良いようです。熟した頃、採りに行こうと思っていますが、ヤマブドウのように変色しないので、収穫のタイミングが難しいです。

« 甲斐犬「萌」の不思議な行動 | トップページ | タカネフタバラン »

植物観察」カテゴリの記事

果樹野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマブドウとサルナシ:

« 甲斐犬「萌」の不思議な行動 | トップページ | タカネフタバラン »