他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 浮島ヶ原自然公園(生き物①) | トップページ | コバノカモメヅルとアズマカモメヅル »

浮島ヶ原自然公園(生き物②)

草むらの中を良く見ると、色々な生き物が潜んでいます。

【カマキリ】

カマキリは、世界中で2,000種もいるそうです。このカマキリ、なんという種類か分かりませんcoldsweats01。→オオカマキリ。

Kamakiri_dsc01585

葦の葉の色とそっくりなので、良く見ないと気がつきません。カメラを向けたら、ガンを飛ばされました。

Kamakiri_dsc01586

ちょっと接近。そういえば、昨年桶ヶ谷沼からやってきた、カマキリ君の子孫は生まれたのかな?

【イナゴ亜科?】

Batta_dsc01580_2

イナゴの仲間だと思います・・。→コバネイナゴ。佃煮にするイナゴだそうです。

【不明のバッタ】

Batta_dsc01677

Batta_dsc01678

シロバナサクラタデは、クモやアリにも人気があるようで、色々な虫が集っていました。このバッタ、蜜を吸っているのかな?→ツユムシかセスジツユムシ。

Batta_dsc01582

これも幼生のようですが・・。

【トンボ】

Tonbo_dsc01576

飛び回ってばかりで、なかなか止まってくれません。30倍ズームでやっと撮れました。→ウスバキトンボだそうです。

【カタツムリの仲間】

Katatumuri_dsc01593

カタツムリにも色々な種類があって、名前が分かりません。

【カエル】

Kaeru_dsc01604

田んぼには、トノサマガエル、ツチガエル、ヌマガエル、ダルマガエル等がいるそうです。このカエル、スジはトノサマガエル、イボはヌマガエルかツチガエル。ドレだろう?山里に住んでいると、分からないものばかりですcoldsweats02。→ヌマガエル。

次は、植物観察の記事です。

※ブログ友NOZOさんに教えていただき、名前を追記しました。

« 浮島ヶ原自然公園(生き物①) | トップページ | コバノカモメヅルとアズマカモメヅル »

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

NOZOさん、今晩は。
有難うございます。
訂正いたしましたb。
真っ赤なショウジョウトンボは、十里木の越前岳登山口にもいました。
今まで見たのは、湖や沼の周りだけでしたが・・。

あ、間違えた。
トンボはウスバキトンボです。

おかしいな、頭ではウスバキトンボと書いたつもりが、なぜかショウジョウトンボと打っていたようです。

ショウジョウトンボは、最近来なくなってしまいました。
赤どぶ池には、いるんですけどね。

NOZOさん、今晩は。
コメント有難うございます。
ヌマガエルですか。
トノサマガエルは居なくなってしまったのですか?
幼いころは、田んぼのカエルというと、トノサマガエルが真っ先に浮かんできました。
我が家のビオトープでは、カエルになったものとオタマジャクシのままのものがいます。
まだオタマジャクシのままいるなんてどうなってしまうのでしょう?

台風、心配ですね。
このところ雨の休日ばかりでつまらないです。
晴れれば地区の運動会です。
それも逃げたい・・。

いつもありがとうございます。
カマキリは何種類か公園にいますが、たぶんオオカマキリでしょう。幼虫なので背中からではわかりませんけどね。カマキリを見つけたら、鎌の内側と鎌の脇を撮っておくと同定できますよ。

イナゴはコバネイナゴ。
佃煮にされるアレです。

シロバナサクラタデとヒルガオの上にいるのは、ツユムシかセスジツユムシの幼虫。幼虫では見分けられません。

トンボはショウジョウトンボ。
なかなかとまりませんから、ラッキーでしたね。

カエルはヌマガエル。
このサイズだと、ツチガエルかヌマガエルですが、腹が真っ白なのでヌマガエル。ツチガエルは、腹に斑紋があります。まぁツチガエルに出会ったことがないので、田んぼで見かけるカエルはヌマガエルとニホンアマガエルと思っておけばいいと思います。
あ、背中の白線は個体によってあったりなかったりなので、まったくあてになりません。

トノサマとダルマは、富士ではほぼ絶滅とみていいでしょうね。
めーったに見ませんから。

カタツムリはわからん!(笑)
ウスカワマイマイとか、オナジマイマイあたりなんでしょうかね。

micchiffさん、今晩は。
カタツムリ、色々集めてみると変わった習性が見られるかもしれませんね。
カマキリは必ず人間の方向いて睨みます。
バッタなどはすぐ逃げるのに面白いです。
カタツムリの図鑑なんて作れる人はすごいですね。
良く目にしますが、名前の分かる種類は一つもありません。

こんにちは。
虫好きなので、「むふふ」と思いつつ見てました。
子供の頃は常に回りに居たけれど、今は縁遠くなってしまいました・・
やはり【カタツムリ】が気になりますねぇ~snail
我が家の【デカちゃん】を調べた【カタツムリ図鑑】というサイトを紹介しようと思い、確認作業をしたのですが、閉鎖されていました・・
時々、見て楽しんでたのに残念!!

古い家に住んでいた頃、毎年・卵を産みに来るカマキリが居たんですが・・
生まれたばかりの小さなカマキリがゾロゾロ歩いている姿はとても可愛かったですよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/52581446

この記事へのトラックバック一覧です: 浮島ヶ原自然公園(生き物②):

« 浮島ヶ原自然公園(生き物①) | トップページ | コバノカモメヅルとアズマカモメヅル »