他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 富士山南麓(7月上旬その3) | トップページ | ホタルブクロとヤマホタルブクロ »

マツノハマンネングサ再び

今年初めて目にしたマツノハマンネングサ。Web図鑑を見ると、7~8月が花期と書かれています。「良し、様子を見に行こう!」という事で、出かけて行きました。

【樹上のマツノハマンネングサ】

6月上旬に初めて見つけた場所です。その後の様子を見に行って来ました。

Matunoha_dsc01460s

背伸びしても手の届かない高さです。でも、この木には手を触れる事の出来る高さにも生えています。

Matunoha_dsc01464s

カメラ①で撮影。

Matunoha_taka_038s

カメラ②で撮影。

Matunoha_taka_034s

違う角度から・・。

Matunoha_taka_030s

ちょっと天気が良くなったと安心していると・・。

Matunoha_taka_037s

撮影しているうちに霧が出て来ましたweep。全く~っ!

兎に角、初めて見つけた株はみんな無事なようで安心しました。

【倒木のマツノハマンネングサ】

苔むす倒木にいたクワガタのメスに目を向けると・・「あれっ?まさか!」

Matunoha_taka_006s

マツノハマンネングサではありませんか!

Matunoha_taka_002s

接近して・・。

Matunoha_dsc01440s

Matunoha_dsc01441s

撮影した時は気付きませんでしたが、これは蕾かな?

Matunoha_dsc01438s

Matunoha_dsc01436s

ここなら、花が咲いても写真を撮る事が出来ます。

Matunoha_dsc01434s

同じ倒木に生えていた赤ちゃんです。中央付近・・分かりますか?倒木全体の様子は、あえて掲載しません。

ベンケイソウ科。絶滅危惧種Ⅱ類(VU)。都道府県別分布状況では、東京、神奈川、山梨、静岡のみ生育となっています。学名がSedum hakonenseとなっていますから、箱根を中心とした辺りにだけ生えているのかな?

何とか花を見てみたいので、また様子見に行ってみます。

« 富士山南麓(7月上旬その3) | トップページ | ホタルブクロとヤマホタルブクロ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

野山しんのすけさん、今晩は。
教えてもらって、予備知識が無ければ通り過ぎていたと思います。
同じ場所を何度か歩くと、名前を知らなくても、普段見かけない植物だと言う事が分かるようになって来ます。
それだけでも、私にとっては大きな進歩です。
ヤマビルは、後が痒くて辛いですね。

お早うございます。

こちらでは見た事は無いですがコケと間違えそうな感じですね!

うちの近所もヤマビルが多くて今年も何回か喰いつかれました。この時期は特に気をつけないとなりません。

やまぼうしさん、お早うございます。
丹沢には、色々な固有種があるようで一度行ってみたいと思っています。
でも、ヤマビルがいるんじゃ・・。
大井川支流、関の沢へアマゴ釣りに行った時、いっぱい出くわしてぞっとしたのを覚えています。
何とか花の写真を撮れるように通ってみたいと思っています。

おはようございます!

マツノハマンネングサは3年ほど前
丹沢某山に登った時2.3箇所で見かけました。

晩秋でしたので花の跡しかありませんでしたので
どんな花が咲くのか楽しみにしています。

こちらでは花の時期はヤマビル君たちが
しっかり見張ってくれてるので
盗掘はないかもしれませんが近づく気にはなれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/52147454

この記事へのトラックバック一覧です: マツノハマンネングサ再び:

« 富士山南麓(7月上旬その3) | トップページ | ホタルブクロとヤマホタルブクロ »