2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« フガクスズムシ | トップページ | 不明の野生蘭 »

2011年7月22日 (金)

クモキリソウ属の謎の花(シテンクモキリ)

前記事のフガクスズムシを見た場所から更に登り、標高1.900m辺りで見たこの野生蘭、正しい名前は何でしょう?地上に生えていました。

フガクスズムシにも見えるし・・。図鑑を見ると、クモキリソウ属の花は茶系と緑系の両花の咲くものが多いようです。

Aofugaku_dsc01857s

上から・・。

Aofugaku_img_2014s

Aofugaku_img_2015s

Aofugaku_img_2016s

横から・・モードを替えて撮ってみました。

Aofugaku_img_2035s

Aofugaku_img_2036s

ピント位置を替えて・・。

Aofugaku_img_2039s

葉の様子。

Aofugaku_img_2043s

クモキリソウ属は、種類も多いようで交雑種も考えられます。詳しい方、鑑定を宜しくお願い致します。

普段目にする機会の少ない植物で、更にこんな変わりものに出会うと楽しいです。人間も多少変わりものの方が魅力があるのかも?

※友人の研究者から、この植物は、シテンクモキリではないかと教えていただきました。「私の図鑑には載っていない」と言ったところ、2008年3月に日本植物分類学会で新種発表されたそうです。私の図鑑はずっと古いので載っていなくて当たり前ですね。Sさん、有難う。

http://jousyuu2.sakura.ne.jp/shitenkumokiri.html

« フガクスズムシ | トップページ | 不明の野生蘭 »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

慶さん、今晩は。
面白いでしょ?
花にもいろんな奴がいますね。
コオロギ蘭なんていうのも有るそうです。
いつかは見てみたいと思っています。

本当に、不思議な形の花ですね。虫に擬態しているのでしょうか?いろんな角度から見るとますます(?_?)です。
知らなければ見逃してしまう地味な世界ですが、覗くと面白いですね。それにしても、透明感のある、蕊?花弁の先?中は空洞なのかしら?疑問ばかりですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモキリソウ属の謎の花(シテンクモキリ):

« フガクスズムシ | トップページ | 不明の野生蘭 »