2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 一週間前の丸火自然公園 | トップページ | コフタバラン(富士山北麓) »

2011年6月11日 (土)

ギンリョウソウ(富士山北麓)

今日は午前中凄い雨でした。昼から、時間辺りの降水量がゼロとなっていましたので、それを信じ、富士山北麓へ向けて出発しました。我が家から片道約55km、1時間15分の場所です。標高1、300m位のところを探索してきました。

雨のお陰もあってか、ギンリョウソウが沢山咲いていました。いっぱい写真を撮りましたので懲りずに見てください。雨上がりの薄暗い林下で撮る写真は難しい・・ピンボケばかりでした

イチヤクソウ科ギンリョウソウ属。腐生植物。

【花筒の中が白色】

Gin_dsc00444s_2

6人家族。つい先程までの大雨で、ずぶ濡れです。

Gin_rimg0098s

もっと近づいて・・。

Gin_dsc00449s

こちらは、全員スマートな一家です。

Pin_img_1009s

8人家族。

Gin_img_1011s

暗闇が似合うので、ユウレイタケとも呼ばれているそうです。

Gin_rimg0341s

一人が好きなギンリョウソウも・・。他と比べて、大きな花でした。

Kogin_rimg0295s

これは、ギンリョウソウの赤ちゃんです。

【花筒の中がピンク】

Pin_img_0999s

ちょっと分かりにくいかな?

Pin_img_1003s

ストロボ発光で撮影。

カメラを替えて・・。フォーカスブラケットで撮ってみました。

Pin_rimg0106s

薄暗い中、コンパクトデジカメでこのくらい撮れれば満足です。次はもっと接写して撮ってみました。

Pin_rimg0094s

これが一番ピンクに見えますね。

Pin_rimg0095s

淡いピンクは、写真では分かりにくいです。 

Pin_img_1025s

Pin_rimg0139s

これは花柄と花冠がピンクがかっています。

【花筒の中が青黒?】

Bl_img_1019s

Bl_img_1022s

花筒の中が黒っぽく見えるギンリョウソウ。これも、写真では分かりにくいかな?

次は、富士山北麓で見た野生ランの記事です。

« 一週間前の丸火自然公園 | トップページ | コフタバラン(富士山北麓) »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

micchiffさん、お早うございます。
変わっているでしょ?
腐生殖物の一種で、葉緑素が無く落ち葉などの菌糸から養分をもらって育っているそうです。
この場所には、驚くほど生えていますが、こういう場所に出会える確率は案外低いものです。
見られて幸せです。

こんにちは。
本当に・・・色々な花がありますねぇ・・
いつも「ほぉ~」「へぇ~」の思いですが、この花には本当に驚きました。

氷の様・・
ガラスの様・・
飴細工の様・・でもありますね・・

慶さん、お早うございます。
この植物は、丸子辺りの山中でも見ることが出来るようです。
以前、親戚のおじいさんが採ってきましたから・・。
湿り気のある薄暗い場所に生えています。

もこままさん、お早うございます。
この辺りには沢山生えていました。
車から降りて直ぐに見ることが出来ます。
もっと低いところにもあると思います。
花筒の中がピンクの花は、ここで初めて見ました。

こんにちわ。
正直、普段の姿はちょっと幽霊みたいで、あまり綺麗とは思えないですけれど、水にぬれた姿はガラスのシャンデリアのようでとっても綺麗ですね。

おはようございます。
まるで氷で作った花みたいにきらめいていて
透明感のある花ですね!
標高1,300m やはり高い山でないと咲かないのでしょうか?
山歩きをしない私ですが 近所の植物園でも見られるなら、是非行ってみたい なんて思っているですが。
横着していては、素敵な花との出会いはありませんね(><)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンリョウソウ(富士山北麓):

« 一週間前の丸火自然公園 | トップページ | コフタバラン(富士山北麓) »