2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 昇仙峡(その1) | トップページ | 昇仙峡の植物観察(その1) »

2011年6月25日 (土)

昇仙峡(その2)

【仙娥滝】

昇仙峡へはついでに寄ったので、あまりのんびり探索している時間がありませんでした。滝だけでも見ていこうと思い、仙娥滝(せんがたき)を見て来ました。

この滝は、地殻変動による断層によって出来たそうです。落差30mで、花崗岩の岩肌を削りながら落下していると書かれていました。と言うことは、この辺りの巨岩は花崗岩なのかな?

滝のお好きな方は、滝ハンターのyo-shiさんのブログを見てください。

Syoukei_dsc00815s

滝上の様子をパノラマで撮ってみました。左が上流。この川は荒川と呼ばれ、下流で笛吹川となり、そして富士川になります。ということは、この水は駿河湾に注ぐのか・・。

Syoukei_dsc00814s

ここが落ち込み箇所です。もっと近づきたかったのですが、立入禁止なので断念しました。

Syoukei_dsc00808s

土産物売り場の前を通って階段を降りると、すぐに滝が見えてきます。

Syoukei_dsc00773s

これが仙娥滝です。

Syoukei_dsc00774s

カメラを横にして撮ってみました。

Syoukei_dsc00781s

遊歩道を少し下った所から見た滝の様子。

Syoukei_dsc00796s

亀の頭みたいな石がありました。目もついています。

Syoukei_dsc00785s

橋から下流を見た様子。増水で白濁ではなく黒っぽい・・どうしてだろう?

Syoukei_dsc00798s

平成の名水百選・・環境省認定。日本一の渓谷が、全国各地にありますね

Iwana_dsc00816s

この川は禁漁だそうです。イワナやヤマメがいると書かれていました。写真は水槽の中で群れるイワナです。塩焼きにすると美味しそう!

一般的には、イワナとヤマメ・アマゴは棲み分けをしています。ヤマメ・アマゴのいる更に上流部(源流域)にイワナが棲んでいます。そのためか、イワナは身体がヤマメよりもヌルヌルしています。釣り上げた直後のイワナは、薄紫色に輝く体色がとても綺麗です(元渓流釣師:やまぶどう)

« 昇仙峡(その1) | トップページ | 昇仙峡の植物観察(その1) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

yo-shiさん、今晩は。
この近くにはもう一つ滝があるそうです。
そちらも忘れずに・・。
紅葉の時期の滝も良いそうですよ。

やまぶどうさん有難うございました。
私の期待を100%満足させてくださる素晴らしい写真です。
こんな写真を見せていただいたら、もう行って見なくてもいいや、なんて、この滝バカは言いません。
余計にこの目で見たくなりました。
いつの日か必ず行って見たいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇仙峡(その2):

« 昇仙峡(その1) | トップページ | 昇仙峡の植物観察(その1) »