2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 昇仙峡の植物観察(その2) | トップページ | ムヨウラン属(その後) »

2011年6月26日 (日)

サカネラン(富士山北麓)

土曜は雨の予報でした。家の周りは凄い霧・・でも、どうしても見たい植物がありました。こういう時は、自分の心に従った方が良い。という事で富士山北麓へ御殿場経由で行って来ました。

御殿場市も凄い霧です。ところが篭坂峠に差し掛かると青空が見えて来ました。何と山梨県は晴天でした。「良かった・・」神様に感謝です。

【サカネラン】

この植物は腐生蘭の仲間です。私は初めて目にする植物です。自生場所の情報を頂き、巡り遇う事が出来ました。

Sakaneran_img_1511s

残ながら、花はもう終わりかけていました。

Sakaneran_img_1522s

薄暗い上に小さな花なので、素人カメラマンは色々なモードで撮ってみました。

Sakaneran_img_1525s

受粉して種が膨らんでいるようにも見えます。この小さな花の受粉には、私に纏わりついていたブヨのような虫が関わっているのだろうか?それとも自家受粉か?

Sakaneran_img_1518jpgs

花の形が少しは分かるようにと接写して見ました。

Sakaneran_img_1529s

Sakaneran_img_1533s

来年はもっと綺麗な状態で見てみたい。

Sakaneran_img_1531s

横顔。種には小さな毛が生えています。腐生蘭は、地中に球根を持っていると思っていたのですが、この蘭は「地下茎は太く短く、多数の根は束生して先は上を向く」と書かれています。

この場所には、もう一株まだ見ごろの花が咲いていると教えていただきました。付近を数往復して見ましたが、ついに見つけることは出来ませんでした。 来年に期待です。

この日は、コアツモリソウの花にも、今年最後のお別れをして来ました。そして、山の神様は、別の嬉しい出会いを与えてくれました。アサギマダラとの出会いです。それは後の記事で・・。

« 昇仙峡の植物観察(その2) | トップページ | ムヨウラン属(その後) »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん、お早うございます。
有り難うございました。
来年はご一緒できると嬉しいです。
この株は、アサギマダラの写真を撮って、後ろを振り返った視線の先に見えました。
アサギマダラが乱舞するのを見ていると、別世界に行ったような錯覚を覚えますね。

 こんばんは!
サカネランにどうにか間にあって良かったですね。
来シーズンは新鮮なものを複数株狙いで行きましょう。

 アサギマダラはほんとに優雅な舞いを見せてくれますね。 
この先、乱舞する姿が楽しみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サカネラン(富士山北麓):

« 昇仙峡の植物観察(その2) | トップページ | ムヨウラン属(その後) »