他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 富士山南麓(その2) | トップページ | 富士山南麓(その4) »

富士山南麓(その3)

あまり花が咲いていないようでも、良く見て歩くと色々な花を見ることが出来ます。

【ミヤマエンレイソウ/シロバナエンレイソウ】

Miyamaeinrei_img_0927s

Miyamaenreisou_img_0899s

樹上のミヤマエンレイソウ。

Miyamaenrei_img_0859s

地上のミヤマエンレイソウ。葉の傷みが、気象条件の厳しさを物語っています。

【オオカメノキ/ムシカリ】

Ookamenoki_dsc00385s

この林内ではかなり目立っていました。

Ookamenoki_img_0931s

接近して・・。遠目に見るとそっくりなヤブデマリは、装飾花の5裂した一枚が小さいそうです。

【キノコの仲間】

Kikurage_img_0970s

黄色いキクラゲの仲間だと思います。キイロニカワタケ?

Kinoko_img_0855s

分かりません。

Kinoko_img_0965s

きっとキノコの仲間。干枯らびたホコリタケ?

【トウゴクミツバツツジ】

Tougoku_dsc00401s

亜高山帯では今見頃ですが、中には蕾の木もありました。

Tougoku_img_0847s

トウゴクミツバツツジは、オシベが10本。ミツバツツジは、5本。

Tougokumituba_img_0935s

こちらも・・。

【フデリンドウ?コケリンドウ?】

Kokerindou_rimg0028s

Koke_img_0943s

「コケリンドウの根生葉は狭卵形で、ロゼット状になる」「萼裂片は卵形で、先端は刺状になり、上部は反り返る」フデリンドウは「根生葉がロゼット状にならず、萼裂片の上部は反り返らない」・・富士山の植物図鑑に書かれていました。

Web図鑑によると、花の下の萼がカールしているのがコケリンドウで、ハルリンドウとフデリンドウはカールしていないそうです。これからすると、フデリンドウと言うことになりますが・・。

« 富士山南麓(その2) | トップページ | 富士山南麓(その4) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

癒しツアーおちゃのじかんさん、お早うございます。
ご訪問とコメントを有難うございました。
愛鷹山を隔てて反対側にお住まいのようですね。
私はまだ駆け出しなので、分からない植物ばかりです。
でも、少しずつ覚えていこうと、気になったものを記事にしています。
植物観察には、恵まれた環境に住んでいますので、出来るだけ散策して歩こうと思っています。
そちらも興味深い記事が沢山ありますね。
ゆっくり見させていただきます。
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。

はじめまして、やまぶどうさん。
すてきなフォトブログですね!
富士山南麓の花情報も多そうなので、
参考にさせてくださいね。
あまり花は詳しくないので教えてください(^^)

野山しんのすけさん、お早うございます。
井川の峠も懐かしいです。
井川メンパの弁当箱を眺めながら、当時を思い出しています。
週末、雨のようですが小雨なら富士山の北麓へ行ってみようかと思っています。

お早うございます。
富士山周辺は色々あって面白そうですね!
私は先月に一回大日峠周辺に行ったきりで、また行きたくなりました。
井川峠周辺ではシロヤシオが見頃だそうで、晴れたら行ってこようと思っています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51893110

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山南麓(その3):

« 富士山南麓(その2) | トップページ | 富士山南麓(その4) »