他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« マツノハマンネングサ | トップページ | 一週間後のクマガイソウ »

ヤシャビシャク

樹上の居候・・ヤシャビシャクです。薄暗い写真ばかりで恐縮です。

マツノハマンネングサの更に上を見ると、カエデ属の葉ではない植物が見えます。昨年初めて見たヤシャビシャクです。

Yasya_img_0923s

同じ樹上に、絶滅危惧種を二つも見る事が出来るなんて幸せです。

Yasya_img_0906s

高いところにあるので、私のカメラではこれが精一杯です。花の咲いているのが分かりますか?

Yasya_img_0914s

もっと下に居候してくれると嬉しいのですが・・。

Yasya_img_0959s

この場所では、4ヶ所見つけました。

Yasya_rimg0026s

こちらにも・・。花がたくさん咲いています。

次に、もう少し見やすい写真を載せてみます。昨年の9月25日に撮影したものです。

Yasyabisyaku_0925_1ss

実が生っています。スグリの仲間だそうです。美味しいのだろうか?

Yasyabisyaku_0925_2ss

このくらいの高さだと、観察しやすくて嬉しいのですが・・。

【ヤシャビシャク】

ユキノシタ科スグリ属。絶滅危惧種Ⅱ類(VU)。

よく発達した温帯林の老木上に生える落葉性の小低木。根は太く、他の木の幹上をはう。高さはふつう30-50cm、ときに1m。葉は互性し、短枝の先に接してつく。葉身は腎円形または円みをおびた5角形、洋紙質、径3-5cmあり、掌状に3-5浅裂するほか、全体に浅い欠刻状の鈍鋸歯があり、両面に短毛。花期は4-5月。液果は球形または卵球形で、長さ7-12mm、緑色に熟す。(環境省生物多様性情報システム、形態と生育環境より)

園芸用の採取も減少の要因だそうです。丈が大きくならないので、小品盆栽などに向くからかな?人を嫌って(?)、高いところに居候しているものをわざわざ採らなくても、他に素材はいくらでもあると思うのですが・・。

« マツノハマンネングサ | トップページ | 一週間後のクマガイソウ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51867810

この記事へのトラックバック一覧です: ヤシャビシャク:

« マツノハマンネングサ | トップページ | 一週間後のクマガイソウ »