他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 樹海その2(富士山北麓) | トップページ | 富士山南麓山地帯(その1) »

身近に咲く花

家の廻りでもいろいろな花が咲いています。気をつけていないと、見逃してしまうこともあります。

Ajisai_dsc00578s

我が家で一番早く咲く紫陽花。他はまだ蕾です。

Hotarubukuro_dsc00580s

実生で彼方此方に繁殖している蛍袋。

Hotarubukuro_dsc00580ss

山蛍袋との区別は、萼片の形。萼と萼の付け根のところが反り返っているのが蛍袋、そうでないものが山蛍袋だそうです。

Bio_dsc00583s

左官のプラ舟ビオトープも賑やかです。

Bio_dsc00582s

ヒツジグサの蕾です。花の咲いているところを見たいのですが・・。アサザは黄色い花弁を見たと思ったら、もう花が終わっていました。残念weep

Izayoi_dsc00576s

サンショウバラの仲間、十六夜バラも咲き出しました。せっかく咲いたのに、雨で痛んでしまいます。

Kanzou_dsc00574s

ワスレグサ(キスゲ)科の花も咲き出しました。

Kotyouran_dsc00585s

そしてこれは、勤務先で咲いたファレノプシス(胡蝶蘭)の花です。上司の前勤務地である東北から送られてきた胡蝶蘭に、2度目の花が咲きました。特別に加温していないため、枯れてしまうかと思っていたのですが、生き残った花茎から枝分かれした新しい茎に 蕾が付いたのです。

このランの故郷が、一日も早く復興してくれることを祈りながら写真を撮りました。

« 樹海その2(富士山北麓) | トップページ | 富士山南麓山地帯(その1) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
このアジサイは、我が家で一番早く咲きます。
でも、自生のヤマアジサイは、少し遅れて咲くように思います。
ヒツジグサは、もう少し花持ちすると思います。
花が終わると実が水中に潜るのも面白いですね。
このビオトープには、ヒツジグサ、アサザ、コウホネ、ミツガシワ、アカウキクサなどが同居しています。
昨年から手入れしていませんが、メダカやヤゴが元気に泳いでいます。

こんばんは。
山アジサイは、普通種のアジサイより一足先に色づくのでしょうか
我が家の山アジサイ「クレナイ」も、色づいてきましたよ。
ビオトープ 賑やかですね^^
アサザは一日花ですが、ヒツジグサも、同じなのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51957390

この記事へのトラックバック一覧です: 身近に咲く花:

« 樹海その2(富士山北麓) | トップページ | 富士山南麓山地帯(その1) »