他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コフタバラン(富士山北麓) | トップページ | 林道で見かけた植物達 »

コアツモリソウ(富士山北麓)

この植物も自生地で見るのは初めてです。

三島楽寿園の山野草展やホームセンターの園芸コーナーで売られる事があります。でも、下界で栽培するのはかなり難しいと思います。この自生地の近くでは、ヒマラヤの青いケシが冬越しできると聞きました。ヒマラヤの青いケシは、山間の我が家でさえ工夫しても夏越しは出来ませんでした。そんな環境に生えている植物ですから、かなり高度な栽培技術を持っていないと枯らすだけです。

天気が悪い上に薄暗い所に生えていますので、素人の私には写真を撮るのが難しい植物です。そこで、カメラの種類を替えて撮ってみました。

【ミラーレス一眼】

家族が3年分(過去かこれから先か分かりませんが・・)の父の日のプレゼントと言うことで買ってくれたミラーレス一眼。まだ使い方が良く分かりませんcoldsweats01

でも、望遠鏡(BORG)に接続した時、大きなモニターでピント合わせが出来る事や、メーカーの技術力を感じさせてくれる機能が搭載されているようです。購入時、販売されていなかったマクロレンズも、間直に販売予定のようです。

全てストロボ無しで撮影(持っていくのを忘れました)。マクロレンズがあれば、このカメラが一番いいかも?

Koatu_dsc00517s

開花株は、葉の大きさとは関係ないようです。こんな小さな葉(全幅3cm位)にも、蕾が付いていました。

Koatu_dsc00516s

周りの葉を見てください。紛らわしいでしょ?ぼーっとして歩いていると、気が付きません。

Koatu_dsc00519s

今回見た中で、一番大きい株です。コメツガの葉が1cm以上ありますから、一番上の株の1.5~2倍程の大きさです。

Koatu_dsc00520s

でも、蕾みは他と同じ位でした。

Koatu_dsc00522s

Koatu_dsc00523s

開花状態の株。開花は蕾が膨らみ萼が持ち上がります。

【EOS入門機+中古マクロレンズ】

一番最初のEOS_Kissと手ブレ機能なしのマクロレンズです。ミラーレス一眼に比べるとずっと重たい・・。でも、愛着のあるカメラです。

Koatu_eos_22s

こちらは、あまり薄暗いとピンボケが激しいので、ストロボを使いました。

Koatu_eos_14s

Koatu_eos_16s

Koatu_img_0990s

こんな状態に咲くので、開花しているかどうかは萼片の開き具合で判断します。萼片が開いていたら・・。

Koatu_eos_34s_2

ちょっと顔を見せてもらいます。何か達磨さんに似ていませんか?

Koatu_eos_49s_2

こちらは葉の上に乗せて撮らせてもらいました。もちろん、戻しておきましたよ。

Koatu_eos_19s

この角度で見ると、やっぱり達磨さんです。

Koatu_eos_51s

横顔を・・。

Koatu_eos_9s

正面顔・・この花に集る虫ってなんだろう?腐生蘭と同じような場所に生えているので、ショウジョウバエかな?

【コンパクトデジカメ】

天気のいい日なら、この1cmマクロのコンパクトデジカメが一番撮りやすいです。多機能をまだ使いこなせていませんが・・。

Koatumori_rimg0177s

Koatumori_rimg0186s

最初に撮ったため、雨に濡れて見にくくなってしまいました。

Koatumori_rimg0226s

袈裟を着た達磨さん。

何枚も写真を載せてしまいました。初めて自生地の花を観察出来た事と、今後の課題として、こういう悪条件の場所で、どうすれば上手く写真を撮ることが出来るのか、工夫したいと考えたからです。

コアツモリソウ:ラン科アツモリソウ亜科アツモリソウ属。環境省絶滅危惧種に指定されています。

今週末も嬉しい出会いが出来て良かった。また一週間仕事を頑張れるhappy01

« コフタバラン(富士山北麓) | トップページ | 林道で見かけた植物達 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

野山しんのすけさん、今晩は。
機器に慣れるまでがたいへんです。
このカメラを買う時は、使えなくなったデジカメを5,000円で下取りしてくれました。
どんなものでも良いというので、下取りしてもらわなければ損ですね。
山道は怖いので、頭の隅に帰りの道の方向をずっと描きながら歩きました。
時折聞こえてくる獣の鳴き声も、一人歩きにはとても不気味でした。

おはようございます。
新しいカメラ、新しい花、良かったですね!
それにしてもメーカーによってこんなに色の出方が違うんですね?
山菜採りでよくあるように、道を間違えないようにしてください。私も迷いかけたことがあるので!

慶さん、お早うございます。
今、練習中です。
初めてのカメラを使うときは、前のカメラの使いやすいところが分かってきて心が揺らぎます。
でも、とっても軽いし、カメラの機能がピンボケをカバーしてくれるようです。
「薄暗いところで撮れるカメラ」・・最近ではこれが一番かな?

こんばんわ❣
良かったですね~。3年分の父の日がnoteどっか~んと来たわけですね(*^^)v
「袈裟を着た達磨さん」確かに❣
自分のお気に入りの花に出会えて、そしてうまくとれた日はルンルンになっちゃいますね。慶も今日(もう昨日だ)思い切り歩いて、いい出会いもあって、ルンルンですよ。また1週間頑張りましょ~~happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51925881

この記事へのトラックバック一覧です: コアツモリソウ(富士山北麓):

« コフタバラン(富士山北麓) | トップページ | 林道で見かけた植物達 »