他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ナベワリの花 | トップページ | 富士山南麓(その1) »

クルマバツクバネソウとツクバネソウ

富士山麓を探索していると、なぜか高い方へ足が向いてしまいます。この日も、最初は標高の高い方を目指しました。

Fuji_dsc00326s

林内を彷徨いていると、富士山が見えて来ました。富士山に方位を教えてもらい、更に奥深くへ入りました。

Fo_dsc00348s

針葉樹の多い林内です。暫く歩いて、バイケイソウの群生しているところに差し掛かりました。そこで見つけたのが下の植物です。

【クルマバツクバネソウ】

Kurumaba_dsc00339s

よろけて、危うく踏み付けてしまうところでしたcoldsweats01。私が普段彷徨いている林内には、ツクバネソウしか生えていません。この日は、この一株を見つけただけでしたが、嬉しい出会いでした。

Kurumaba_rimg0011s

Kurumaba_rimg0010s

1cmマクロのコンパクトデジカメで撮影。「葉は、6~8個輪生し・・」と書かれています。この株は、8枚有りました。ツクバネソウも葉の数に変異があります。面白いですね。

Kurumaba_img_0860s

中古のマクロレンズで撮影。もちろんAFモードです。この先、どんな風に変化して行くのでしょう。図鑑に載っている種も確認してみたい・・。

【ツクバネソウ】

比較の為に、以前撮ったツクバネソウを載せてみます。

Tukubanesou_0618_1s

Tukubanesou_0618_2s

Tukubanesou_0618_3s

クルマバツクバネソウとはかなり違った感じがします。

ユリ科ツクバネソウ属。輪生する葉を、羽根突きの羽根に例えて、この名が付けられたそうです。

« ナベワリの花 | トップページ | 富士山南麓(その1) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51882708

この記事へのトラックバック一覧です: クルマバツクバネソウとツクバネソウ:

« ナベワリの花 | トップページ | 富士山南麓(その1) »