2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 我が家のウチョウラン(その2) | トップページ | 昇仙峡(その2) »

2011年6月23日 (木)

昇仙峡(その1)

二年ぶりの昇仙峡・・早朝に富士を出たため、到着した時はそれほど混んでいませんでした。

Syousenkyou_dsc00763s

駐車場よりパノラマモードで撮ってみました。

Syousenkyou_dsc00769s

中央付近に見える巨岩。独特の景色です。この岩は「覚円峰」 平安後期の天台宗の僧「覚円」がこの頂上で修行したと伝えられているそうです。怖くてとても登る気にはなれません・・。

Syousenkyou_dsc00793s

覆い被さるような巨岩があちこちに見えています。

Syousenkyou_dsc00806s

巨岩同士の重なり。断層のようです。

Syousenkyou_dsc00809s

見上げていると、頭上に落ちて来るのではないかと、不安になってきます。

Syousenkyou_dsc00823s

駐車場から見た岸壁。赤い葉か花が、ミスマッチングのような気が・・。

Syousenkyou_dsc00791s

川へ降りて見るとこんな景色です。凄いですね。

Syousenkyou_dsc00792s

至るところに巨岩が見られます。どのようにして出来たのでしょう?

次の記事では、滝と渓流の写真を集めてみます。

« 我が家のウチョウラン(その2) | トップページ | 昇仙峡(その2) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

野山しんのすけさん、今晩は。
この日は家族に道案内をしに行ったため、あまり植物観察が出来ませんでした。
後の記事に少しだけ載せてみます。
次回は、観察時間を取れるようにしたいと思います。

クンペイダさん、今晩は。
いろいろなところに行かれているようですね。
私も、行ける時に出来るだけあちこち行ってみたいと思っています。
出歩けば得るものもあって楽しいですから・・。

yo-shiさん、今晩は。
山梨県は、スピードカメラが多いので、法定速度遵守で我が家から二時間半くらいでしょうか・・。
滝より頭上に迫り来るような巨岩群の迫力が印象的でした。
何といっても藤垈の滝が一番です
山梨に行ったら一度寄ってみてください。

おはようございます。
昇仙峡は変化があって面白そうですね!
いつも行きたいと思っているのですが、まだ一度もありません。
変わった植物も生えていたんでしょうね?

昇仙峡、昨年春にスミレ観察に行きました。
ミヤマスミレや、ヒナスミレが咲いてました。
良いところですね。また、機会があれば行ってみたいところです。

以前言ったこともあるのですが、その頃は滝に興味があまりなかったので、仙蛾滝の記憶がありません。一度滝だけでも見たいと思いますが、こちらからは遠いのですよね。甲府の向こう側になりますから。でも行きたいです。明日の写真楽しみです。

もこままさん、お早うございます。
この辺りは、独特の雰囲気があります。
もっと時間をかけて探索できれば面白いのですが・・。
地震などで崩れ落ちないのか心配ですね。
こんな岩が落ちてきたら、川も道も塞がってしまいます。

おはようございます。
切り立った巨岩 まるで神様を思わせるような
近づき難いものを感じます。
それにしても 落石しないのか、心配になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇仙峡(その1):

« 我が家のウチョウラン(その2) | トップページ | 昇仙峡(その2) »