2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アケボノスミレ | トップページ | シロバナエンレイソウ »

2011年5月 6日 (金)

ヤマウツボ群生

5月5日は、午前中二時間だけ富士山麓に行って来ました。いつもと少し違う範囲を歩きました。そこでヤマウツボの群生している場所を見つけました。

今まで5~10本くらい生えている所は見た事があります。でも、この場所には、30本以上生えていました。

Yamautubo_0505_1s

この写真に写っている狭い範囲で30本以上も生えていました。富士山麓の標高1,100mくらいの所です。写真右手数メートルには、富士山スカイラインが走っています。

Yamautubo_0505_6s

落ち葉と同じような色をしているので、うっかりすると踏みつけてしまいそうです。

Yamautubo_0505_8s

出初めのものから花の傷み始めたものまで色々です。

Yamautubo_0505_10s

落ち葉から顔を覗かせたばかりのヤマウツボ。

Yamautubo_0505_3s_2

花が咲いている状態と言えば良いのでしょうか?

Yamautubo_s3sk

拡大して見ると・・。

Yamautubo_0505_5s

試しに根元を掘ってみました。茎の部分が思ったより長いようです。小枝では、これ以上掘れません。

Yamautubo_s2s

沢山生えていたので、一本犠牲になってもらいました。腐生蘭等のように地中に芋があるのかもしれません。スコップなどは持っていませんので、その確認は出来ませんでした。

【ヤマウツボ】ゴマノハグサ科ヤマウツボ属。ブナ科やカバノキ科などの落葉広葉樹の根に寄生するそうです。名前の由来は、花穂の形が武将が矢を入れた靫(うつぼ)に似ている事に依るそうです。

腐生蘭は、強壮効果があると言われるものが多いですが、このヤマウツボはどうなんでしょう?ちょっと不気味だけど、食べられないのかな?

« アケボノスミレ | トップページ | シロバナエンレイソウ »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

yo-shiさん、今晩は。
葉緑素が無い植物です。
そのため光合成を行わず、自活出来ないため他の植物などから養分を貰って育っているそうです。
簡単に栽培出来ない植物です。

始めてみる植物です。草でしょうか、キノコの仲間でしょうか。
強壮効果があるといわれても手が出ませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマウツボ群生:

« アケボノスミレ | トップページ | シロバナエンレイソウ »