他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« オオケヤキの周りの植物(その1) | トップページ | 渓流散策(その1) »

オオケヤキの周りの植物(その2)

(その2)では、スミレの写真を集めてみました。名前には自信がありません。間違っていたら教えてください。

Ookeyakino_hayasi_2s

オオケヤキの林には、ヒメシャラが目立ちました。野鳥のさえずりが、心を和ませてくれます。林床に見えるのはバイケイソウのです。

【フイリヒナスミレ?】

Fuirihinasumire_0429_1s

図鑑で見ると、斑入りのシハイスミレ、ヒナスミレ、フモトスミレが似ています。この中でシハイスミレは、「葉の両面とも毛が無い」と書かれていますが、このスミレには毛が生えています。

Fuirihinasumire_0429_3s

またヒナスミレは、「両面とも毛が多く、葉を水平に広げる」とあります。水平に葉を広げているように見えます。ヒナスミレでは?

Fuirihinasumire_0429_4s

葉の裏は、紫色を帯びる。

Hanoura__ke_1s

拡大して見ると毛が生えています。シハイスミレではない・・。フモトスミレは、「葉の表面の基部に開出する毛がまばらにあり・・」裏には無いのかな?とすると、このスミレはヒナスミレか?

Fuirihinasumire_0429_cx4_1s

蕾or閉鎖花?

【エイザンスミレ?】

Eizansumire_0429_1s

Eizansumire_0429_2s

Eizansumire_0429_3s

葉が5裂のようですが、基部は3裂になっています。

カメラを替えて・・。

Eizannsumire_0429_cx4_1s

花が虫に食べられています。

Eizannsumire_0429_cx4_2s

上から。

Eizannsumire_0429_cx4_3s

基部は3裂。図鑑で見ると葉の幅がずっと太いものが載っています。でも、ヒゴスミレのように細いものもあるそうです。紛らわしいですねcoldsweats01

【シコクスミレ?】

Sikokusumire_0429_2s

Sikokusumire_0429_1s

Sikokusumire_0429_cx4_1s

拡大して・・。

Sikokusumire_0429_cx4_2s

下の写真は、図鑑のシコクスミレとそっくりですが、上の写真は上弁の形が変わっています(下にさがっている)。

Sikokusumire_0429_cx4_5s

横顔・・距が短く萼片の付属体に切れ込みがある・・シコクスミレの特徴通りです。

【不明】

Fumei_0429_1s

この植物は何だろう?葉の形が面白い。→キレンゲショウマさんに教えていただきました。キバナノアキギリ(下の写真)の葉でした。葉もちゃんと観察しないといけませんね。反省ですcoldsweats01

Kibanaakigiri_4s

キバナノアキギリ(十里木にて)。

「?」マークばかりで恐縮です。初心者なものですから、ご容赦ください。少しずつ覚えていきたいと思います。皆様宜しくお願い致します。

« オオケヤキの周りの植物(その1) | トップページ | 渓流散策(その1) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん、お早うございます。
斑の模様にも悩みました。
このスミレは、図鑑よりも綺麗な斑が入っています。
葉の形は違いますけど、ゲンジスミレの斑とそっくりです。
家の裏に生えているシロバナヒナスミレは、日陰では斑が見えますけど、少し明るいところだと消えてしまいます。
斑も絡んでますます難しいです。
キバナノアキギリ、有難うございました。
パソコンの写真フォルダを見たら、同じ葉が写っていました。
花にばかり気を取られてしまってはいけませんね。
浮島には、他県ナンバーの車も来ていました。
連休中の訪問者も多かったようで、皆様のご苦労が伺えます。

 こんばんは!
今日は浮島へ行かれたのですね。 私は以前からの約束があり、西臼塚周辺・朝霧のホンの狭い範囲を歩いて来ました。斑入りのヒナスミレ・シコクスミレは多いですね。でもまだ少し早くて、やっと咲き始めた感じでした。昨年、シコクスミレにしては葉っぱが長すぎるし・・・と思っていましたら、写真を見て「恐らくナガバノシコクスミレでしょう」と言われました。納得できるような姿でした。今日もエイザン?ヒゴ?と首をかしげるものに出会いましたが、まったくスミレは難しいですね。?の葉っぱは秋に咲くキバナアキギリのような気がしますが、間違っていたらごめんなさい。

野山しんのすけさん、今晩は。
仰るとおりですね。
調べれば調べるほど分からなくなって、時間ばかりが過ぎて行きます。
ところで、浮島ヶ原自然公園のサワトラノオが咲き始めましたよ。
見頃になるのは5月半ば頃だと思います。

こんにちは。
エイザンスミレとヒゴスミレの交雑種があるそうですよ!
私も分からないスミレが色々あって、深入りしないことにしました。
本やネットで調べても素人には判断し難いですし・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51560283

この記事へのトラックバック一覧です: オオケヤキの周りの植物(その2):

« オオケヤキの周りの植物(その1) | トップページ | 渓流散策(その1) »