他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 5月連休の浮島ヶ原自然公園(植物-2) | トップページ | アケボノスミレ »

渓流に生えるイワシャジン

渓流散策の主目的は、幼いころ見たイワシャジンが生き残っているかを、確認する事でした。そしてその目的は、無事果たす事が出来ました。

嬉しかったので、何枚も同じような写真が登場します。ご容赦ください。

Iwasyajin_0430_4s

大岩の積み重なる渓流を、源流近くまで遡行すると・・「あっ、あった!」。薄らぎ始めた記憶を頼りにやっと見つけました。

Iwasyajin_0430_1s

接近して・・。

Iwasyajin_0430_2s

こちらにも・・。

Iwasyajin_0430_5s

斜面と言うより絶壁に生えています。

Iwasyajin_0430_6s

岩肌に、コケなどと一緒に貼りついていると言った感じです。

Iwasyajin_0430_7s

これは実生間もない株のようです。植物にとって過酷な環境に育つため、歳月を重ねてもあまり増えません。

カメラを替えて・・。

Iwasyajin_0430_cx1s

ここも、表面の苔を取れば岩肌が見えるようなところでした。

Iwasyajin_0430_cx2s

ふさふさの苔の中にも・・。

Iwasyajin_0430_cx3s

増水すれば水につかるようなところにも生えていました。

Iwasyajin_b1s

これは栽培品です。イワシャジンの花は、自生地によって釣鐘の形や色に違いがあります。園芸店で売られているものは、肥倍して大形の株となり、自生地の花とは別種のようです。自生地では、葉が落ちた針金のような花茎に、釣鐘がぶら下がったように咲きます。

晩秋に、断崖絶壁に垂れ下がって咲くこの青色(稀に白花もあります)の花は、見る者を魅了し困難な渓流遡行のエネルギーを与えてくれます。

« 5月連休の浮島ヶ原自然公園(植物-2) | トップページ | アケボノスミレ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51583012

この記事へのトラックバック一覧です: 渓流に生えるイワシャジン:

« 5月連休の浮島ヶ原自然公園(植物-2) | トップページ | アケボノスミレ »