2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 今年最後のミツガシワの花 | トップページ | 丸火自然公園の野生蘭 »

2011年5月13日 (金)

新茶の季節

5月7日に静岡へ行った帰り、新茶を買って帰ろうと思い、寄り道して来ました。「富士でもあるんじゃないか?」 昔は、富士でも五月連休には刈っていましたが、最近は茶葉の成長が遅いようで、連休明けに刈るところが多いようです。

寄り道した場所は、静岡市葵区平山。県道201号線・・通称竜爪(りゅうそう)街道を登った所にある閑静な山間の集落です。

Daonotoumei_1s

第二東名の橋脚です。こんな高架ばかりで、本当に地震に耐えられるのだろうかと心配になって来ます。耐震計算は、あくまでも想定ですから・・。

Tyabatake_3s

橋脚の向こうに茶畑が見えます。川根方面もそうですが、山間の茶畑は急斜面にあります。

Tyabatake_4s

平地に比べて、手入れもかなり大変だと思います。上の方へ登るだけで疲れ果ててしまいそうですね。

Hirayamaonsen_1s

更に登るとこの案内があります。「昭和33年開館、御殿乳母の湯」と書かれています。農作業の疲れを取るのに良いですね。単純硫黄泉だそうです。

Fuji_p1s

向かいの家に植えられていたピンクのフジ。綺麗でしたよ。

Dousojin_1s

更に登ると、沢山の道祖神が迎えてくれました。庚申の塔が殆どでした。あちこちから集めたのだろうか?

Tyakouba_2s

目的の茶工場です。地域の方の共同経営だと伺いました。巴川の支流、長尾川の脇にあります。

Tyakouba_1s

お茶の産地でこんな屋根を見たら、茶の加工工場だと思ってください。

Kawa_2s

「竜爪銘茶」ののぼりが立っていました。

Tyakari_2s

Tyakari_1s

茶工場の少し手前で茶刈りをしていました。大変そうでしょ?茶刈りはかなり重労働です。最近では、平地の茶畑ではロボットを使ったりしています。

Sinntya_3s

ミルメ一番の茶葉を見てください。

次回この地を訪れる時は、竜爪山などに登って自然観察をしようと思っています。帰りは、温泉につかって 、ビールで一杯・・あっ、運転手連れで行かなくてはなりませんね

« 今年最後のミツガシワの花 | トップページ | 丸火自然公園の野生蘭 »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

りんさん、今晩は。
今日は良い天気でした。
近所の茶葉もようやく伸びて来ました。
そろそろ刈り始めるようです。

/おはようございます。昨日から凄い風です
お茶畑が、整然と並んでいる姿は良いものですね。
新茶の若緑が眩しいです。温泉いいですねぇ。藤の花も咲いて、良い季節になってきましたね

もこままさん、お早うございます。
最近では、お茶を飲む人が少なくなって来ました。
茶農家の窮状はかなり深刻なようです。
上手く言えませんが、昔の茶農家が作ったお茶が一番美味しかったように思います。
この地のお茶は、少しそれに近いのではないかと思っています。
それに気づき始めた若手の茶生産者もいるようです。
いずれにしても、新茶の季節は、気持ちも爽やかにしてくれますね。

yo-shiさん、お早うございます。
親戚があるんですか?
私もこの近くに義姉の実家があります。
まだ、寄った事はありませんが・・。
次に行く時は、滝も探索したいと思います。

おはようございます。
私は予約していた新茶を、12日に受け取ってきました。前の茶葉がまだ茶筒に入っているので それを飲み終わるまで、新茶はお預けです^^;

そう、ここを登っていくと、竜爪の穂積神社まで車でいけるのです。その途中に穂積神社の石の鳥居があってその奥のほうに滝が・・・私は滝のことしか考えていないみたいですね。近いうちに行きたいと思っています。親戚にも寄ってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新茶の季節:

« 今年最後のミツガシワの花 | トップページ | 丸火自然公園の野生蘭 »