他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 春蘭(その1) | トップページ | ネコノメソウの仲間と春野の石猫 »

春蘭(その2)

以前記事で、春蘭は花弁の形や花色に変異があると書きました。今日は、黄色系の春蘭を見つけました。

(その1)の花と比べてみてください。

Syunran_0403_y1ss

いつもと違う探索コースを歩いて見つけました。綺麗でしょ?

Syunran_0403_y3s

上から・・。

Syunran_0403_y4s

花弁の中央に、赤紫のラインが通っています。

Syunran_0403_y5s

顔をあげてもらって、正面から・・。

別の所でも黄色っぽい花を見つけました。

Syunran_0403_yy2s

Syunran_0403_yy3s

こちらには花弁のラインがありません。

Syunran_0403_yy4s

こちらでは、春蘭をジジババと呼びます。どうしてそう呼ぶのかは、分かりません。

Syunran_0403_yy6s

ずっと眺めていると、話しかけてくるような錯覚にとらわれます。

春蘭の花の変異を観察するのも結構楽しいものです。来年も、この花を見るのが楽しみです。場所をメモして置かなくては・・。

« 春蘭(その1) | トップページ | ネコノメソウの仲間と春野の石猫 »

丸火自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

りんさん、今晩は。
洋蘭でも、どちらかと言うと地味な原種に人気があるのは、自生地の蘭への憧れだと思います。
私は山野草を見て歩くのも、栽培するのも好きです。
人によって楽しみ方は色々ですが、植物を良く知るためには栽培してみる事が一番だと思っています。

こんばんは。そうですね。園芸種の改良には、少し閉口してしまうものが、ありますねsweat01
ほどほどにして頂きたいものですbearing

りんさん、今晩は。
園芸種では、オレンジ色の花や、紫系の花もあります。
特に多いのが、葉の斑入りで虎斑、覆輪、蛇皮斑などもあって驚かされます。
林下に咲く花は、このくらいまでの変異が丁度良いかもしれません。

sunおはようございます。春蘭ですねぇ。
変異するのですね。初めて、見せて頂きました。ありがとうございます。1と2比べてみても、なるほど違ってますね。また、素敵な写真期待してますねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51292334

この記事へのトラックバック一覧です: 春蘭(その2):

« 春蘭(その1) | トップページ | ネコノメソウの仲間と春野の石猫 »