2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 果樹と野菜(3月下旬) | トップページ | 春野すみれ展(その1) »

2011年4月 2日 (土)

一年ぶりの春野町

今日は、(お伴をしてくれた相棒の都合で)昼頃までに戻る事を目標に、浜松市天竜区(旧周智郡)春野町へ行って来ました。我が家から片道約二時間です。目的は、今年で二十一回目になる「春野すみれ展」です。

ところが、東名高速日本坂トンネル内で事故があり、渋滞に巻き込まれてしまいました。それでも、春野の町には10時前に到着しました。

Haruno_0402_1s

滔々と流れる気田川。もう少し経つと、アユ釣りで賑わいます。右手に見えるのは、国道362号線です。

Haruno_0402_2s

吊橋があったので渡ってみました。「何のために?」向こう岸に行ってみたかったからです

Haruno_0402_3s

「一草橋」:単径間無補鋼吊橋と呼ぶそうです。単径間の割には、安定していて揺れも少なかったです。

Haruno_0402_4s

直径42mmのワイヤーで吊られています。こんな太いワイヤーどうやって張るんだろう?技術屋は、何にでも興味を持ちます。相棒が待ちくたびれていました。

Haruno_0402_5s

橋の袂にあったバス停標識「ひとくさ」。吊橋を渡った先に住んでいる人のためのバス停ですね。

Haruno_0402_7s

会場の「浜松市春野文化センター」に到着しました。開始間もないので、駐車場も空いていました。

Haruno_0402_6s

一年ぶりの大天狗様にご挨拶・・額の辺りに傷がありました。台風で枝でも飛んできたのかな?

少し風が強かったけれど、暖かくて良い天気でした。急ぎ旅でしたが、遠州路の春を楽しんで来ました。

« 果樹と野菜(3月下旬) | トップページ | 春野すみれ展(その1) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一年ぶりの春野町:

« 果樹と野菜(3月下旬) | トップページ | 春野すみれ展(その1) »