他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ネコノメソウの仲間と春野の石猫 | トップページ | ナガバノスミレサイシン »

腐生蘭の観察開始(2011年度)

丸火自然公園某所で、昨年種を見つけた腐生蘭。今年こそ花を見ようと、様子見に行って来ました。種の様子から、ムヨウランの仲間ではないかと思います。

Fuseiran_0403_6s

雑木林の林下で見つけた種。同じ腐生蘭でも、クロヤツシロランやアキザキヤツシロランと違い、花柄も鞘も固くてこのように残っています。

Fuseiran_0403_4s

この周りに5ヶ所ほどありました。

Fuseiran_0403_5s

折れていた種の鞘。

Fuseiran_0403_2s

こちらにも・・。

腐生蘭の仲間は、花も種も地味で見つけるのが難しいです。

ムヨウランの花期は、5~6月となっていました。そろそろ芽が見えるかと思い、落ち葉を掻き分けて見ました。

Fuseiran_0403_7s

小さな芽が見えます。今年は、花を見逃さないように通ってみよう。今から楽しみです。

腐生蘭の観察は、ホームページにまとめて行く予定です(→こちら)。

« ネコノメソウの仲間と春野の石猫 | トップページ | ナガバノスミレサイシン »

丸火自然公園」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん(?)、今晩は。
ここは、ミヤマウズラを見つけてもっとないかと探索して見つけました。
ムヨウランの種は、浜松市春野町にある山城「犬居城址」の山頂付近で見つけてから、気にして見るようになりました。
なぜか、こういう記憶はちゃんと残っているのです。
植物の名前はすぐ忘れるのに・・。

 こんばんは!
ムヨウランの芽生えってこんな風なのですね?
今年はいい状態を見落とさないようにしなければ・・・
丸火は色々なお花が見られそうで、時々チェックが必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51306295

この記事へのトラックバック一覧です: 腐生蘭の観察開始(2011年度):

« ネコノメソウの仲間と春野の石猫 | トップページ | ナガバノスミレサイシン »