他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 果樹の様子(その2) | トップページ | ジロボウエンゴサク »

スズメバチの巣

今日は、先日の地震で破損した瓦屋根を職人さんに見てもらい、倒れた山野草の植え替えと家の周りの片付けで、ほぼ一日が過ぎてしまいました。

納屋を覗くと変なものが・・。

Suzumebati__s1s

父親が使っていた農薬散布器に、こんなものが付いていました。

Suzumebati__s3s

蜂の巣だと思うのですが・・。

Suzumebati__s4s

芸術的な模様です。

Suzumebati__s6s

接写。

Suzumebati__s7s

更に接写。細かい繊維のようなものが見えます。

Suzumebati__s9s

ここが出入り口のようです。

Suzumebati__s8s

中にアシナガバチの巣のようなものが何段か入っています。外皮も何層かになって、断熱効果のある空間が作られています。

Suzumebati__s5s

巣の住人がいました。この巣は、コガタスズメバチの巣でした。

良く見ると死んでいました。どうしたのでしょう?住人のいない時に見つけて良かった・・。

【友情出演】

Asinagabati_s1s

すぐ傍にアシナガバチの巣もありました。蜂が苦手な人には超危険区域ですね。

« 果樹の様子(その2) | トップページ | ジロボウエンゴサク »

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

慶さん、今晩は。
この巣は、樹皮と唾液で作っているようです。
色の違いは、樹木の種類によるようです。
かなり時間のかかる作業だと思います。
巣は、思ったより柔らかく、少し力を加えるとつぶれてしまいます。
最初見たときはびっくりしました。

yo-shi2005さん、今晩は。
私も最初は、生きた住人がいたのかと思いぞっとしました。
私はアシナガバチに刺されても、腫れたりすることがありません。
幼い頃から免疫があるようです。
長野の知人は、オオスズメバチの巣を襲って(蜂の一番恐いのは、人間かもしれません)幼虫を食べていました。
丸ごとの大きな蜂を見て食いしん坊の私でも手が出せませんでした。

もこままさん、今晩は。
以前、カーポートのアシナガバチの巣をスズメバチが襲っていました。
高枝挟みでスズメバチを挟み駆除したことがあります。
この時アシナガバチが、私を襲うことはありませんでした。
人間への警戒より、巣の中の子を守ることが第一だったのだと思います。
スズメバチの天敵は何だったのでしょうね。

こんにちわ。
蜜蜂の六角形の巣も芸術的ですが、このマーブル模様はどうやって作るのか、なかなか芸術的ですね。この色は何で出来ているんでしょうね。住人さえいなければ、飾りになりそうな…。怖いけど、どうやって作るのかは見てみたいです。

写真にお尻だけ写っている御主人様はもうなくなっているのですか。生きた住人がいると怖いですね。
前、古い家のときはアシナガバチはよく我が家のベランダに巣を作って。花に上げた水を水滴にして巣に運んでいましたが、家を建て直してからは、この家は住心地が悪いと見えて、姿を見せなくなってしまいました。

こんばんは。
(私は恐怖で近づけませんが)スズメバチの巣は、芸術作品ですよね!
コガタスズメバチ 強敵に襲われたのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51171131

この記事へのトラックバック一覧です: スズメバチの巣:

« 果樹の様子(その2) | トップページ | ジロボウエンゴサク »