他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 丸火自然公園の植物(2月下旬①) | トップページ | 麻機遊水地の野鳥観察(その1) »

丸火自然公園の植物(2月下旬②)

今夜も冷え込んでいます。萌は、お下がりの毛布の上で寝ています。ちゃんと雨に濡れないように(自分で)庇の下へ移動していましたよ。

Onisibari_0226_3s

オニシバリに花が咲いていました。樹皮が頑丈で鬼も縛れる・・と言う事からついた名前だそうです。それと秋に葉が出て夏に落葉する事からナツボウズとも呼ぶそうです。変わった奴ですね。

Onisibari_0226_2s

良く見ると、沈丁花の花に似ています。ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属だそうですから、似ているわけですね。

Onisibari_0226_4s

葉の色と同じ地味な花なので、近づいて見ないと気付きません。

Soujyu_0226_1s

Soujyu_0226_2s

ヒメシャラだと思って近づくと銘板がソウジュ(双樹)になっていました。沙羅双樹(サラソウジュ)・・平家物語の「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。」あの仏教聖木、双樹はフタバガキ科だそうです。

この木はツバキ科ですから種類が違いますね。銘板をよく見ると、隅に小さな字でヒメシャラと書かれていました。結局「ヒメシャラ」と言う事で・・coldsweats01

Soujyu_0226_3s

樹皮のアップです。

【特別出演】

植物のタイトルなのに、公園内の池で見つけた魚の登場です。

Funa_0226_1s

フナが沢山泳いでいました。

Kingyo_0226_1s

金魚もいました。

この時期になると、一番目につくのがガマガエルの卵です。ところがまだ早いのか、全然見当たりませんでした。また次回覗いてみます。

« 丸火自然公園の植物(2月下旬①) | トップページ | 麻機遊水地の野鳥観察(その1) »

丸火自然公園」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

りんさん、今晩は。
こちらでも薄らですが降りましたよ。
もう降って欲しくないですね。
平家物語のこの書き出しはなぜか覚えていました。
学生だった頃が懐かしいです。

snowこんばんは。雪が積もりました。coldsweats01
祇園精舎の鐘の音 諸行無情の響きあり
沙羅双樹の花の色…でしたかねーsweat01
祇園精舎には鐘はなかったそうで…。bell

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/51017020

この記事へのトラックバック一覧です: 丸火自然公園の植物(2月下旬②):

« 丸火自然公園の植物(2月下旬①) | トップページ | 麻機遊水地の野鳥観察(その1) »