他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

不明のカモ科観察(その3)

交尾の後も独特の行動をしていましたので載せてみました。

Okayosigamo_0226_k21s

Okayosigamo_0226_k22s

Okayosigamo_0226_k28s

Okayosigamo_0226_k23s

Okayosigamo_0226_k24s

Okayosigamo_0226_k25s

Okayosigamo_0226_k26s

これで求愛から交尾と一連の行動が終わったようです。

Okayosigamo_0226_k27s

また連れだって泳いで行きました。これで、不明のカモ科の観察は終わります。お付き合い有難うございました。

無事、可愛い赤ちゃんが生まれると良いですね。

不明のカモ科観察(その2)

同じような写真が多く恐縮です。私にとっては珍しい写真が撮れましたので・・。

Okayosigamo_0226_k14s

交尾が始まりました。

Okayosigamo_0226_k15s

Okayosigamo_0226_k16s

Okayosigamo_0226_k17s

Okayosigamo_0226_k18s

Okayosigamo_0226_k19s_2

Okayosigamo_0226_k20s

交尾が終わると、オスがメスの周りを廻っていました。

更にその3へ続きます。懲りないで見てください。

不明のカモ科観察(その1)

写真を撮っていて、求愛行動から交尾まで観察する事が出来ました。(その1)は、求愛行動の記事です。動画で撮ればもっと分かりやすかったのですが・・。

この観察を通して、私が当初オスだと思っていた嘴の黄色い方がメスで、メスだと思っていた黒い方がオスだと分かりました。どう見てもメスの方が綺麗だと思うのですが・・。

Okayosigamo_0226_k2s

連れだって泳いでいたペアーのカモが止まりました。

Okayosigamo_0226_k3s

斜めに向かい合うと、交互に嘴(くちばし)を水につけ始めました。

Okayosigamo_0226_k4s

向かい合ったり・・。

Okayosigamo_0226_k5s

横向きにになったり・・。

Okayosigamo_0226_k6s

メスが頭を水につけたところです。

Okayosigamo_0226_k7s

今度は、一緒に頭を上げたり下げたりし始めました。

Okayosigamo_0226_k8s

一緒に頭を下げたところです。

Okayosigamo_0226_k9s

Okayosigamo_0226_k10s

暫くすると向かい合い、また交互に頭の上げ下げを始めました。

Okayosigamo_0226_k11s

まるでダンスを踊っているようです。

Okayosigamo_0226_k12s

メスが頭を下げ水の中に潜ります。

更にその2へ続きます。

不明のカモ科(麻機遊水池)

私の野鳥観察は、このブログの始まりと同じくらいですから、まだ一年ほどしか経っておりません。初めて出会う鳥も多く、名前のわからない種類がいっぱいあります。それだけに、初めての野鳥と出会った時はとても嬉しいのです。望遠鏡を持っていったのですが、見失ってはいけないと思い、手振れ防止無しの300mm望遠で撮りました。

この鳥も初めて見ました。Web検索してこの名前だろうと思い、タイトルを付けました。

Okayosigamo_0226_1s

カルガモかと思っていたら、前の鳥がやけに白っぽい。それにくちばしが黄色いし・・。

Okayosigamo_0226_7s

どう見てもこの二羽はペアーのようです。工事範囲以外を探索してみましたが、このペアーしか見あたりませんでした。

Okayosigamo_0226_5s

早く泳ぐ時の感じも何か変?カルガモに比べて、首から下が長いような気もします。

Okayosigamo_0226_2s

綺麗な方がオス、他の鴨はそうです。でも、Web検索すると黒い方が多く見られます。黒い方がオス?

Okayosigamo_0226_3s

Okayosigamo_0226_6s

Okayosigamo_0226_4s

Okayosigamo_0226_8s

一寸、人(鳥)相の悪いカルガモみたいです。

Okayosigamo_0226_9s

アシの影でなかなか上手く撮れません。

このペアーの求愛行動を撮ることが出来ました。そして、私が考えていたのとオスメスが反対である事もその時分かりました。次の記事で・・。

麻機遊水池の植物観察(その2)

この湿地帯の植物観察は、これから楽しくなると思います。少しですけど、目にとまった植物を集めてみました。

Gama_asabata_0226_1s

ガマの穂(果実)。

Kinomi_asabata_0226_1s

これは何だろう?タイワンフウの実に似ていますけど・・毛が短い。望遠鏡で撮ってみました。→鈴掛の木(プラタナス)の実のようです(りんさんから教えていただきました)。

Onamomi_0226_1s

幼い頃、服に付けっこして遊んだオナモミです。色々種類があるようですが、私には区別が分かりません。

Mizuaoi_asabata_0226_1s

これはミズアオイでは?遊水池の一角で、沢山見ることが出来ました。浮島ヶ原自然公園にも少し分けて貰えないかな・・。

Yanagi_asabata_0226_1s

柳の花も咲いていました。

Ukikusa_asabata_0226_1s

遊水池に小さな池があって、そこに生えていた浮き草。

Ukikusa_asabata_0226_2s

アカウキクサ科アカウキクサ属。在来種のアカウキクサは、絶滅危惧種だそうです。これは在来種か?それとも特定外来生物のアゾラ・クリスタータかな?

昨年、ブログ友の野山しんのすけさんに教えていただいた、絶滅危惧種「カワジシャ」と特定外来生物「オオカワジシャ」を思い出します。皮肉な事に、この2種類は同日数メートル離れたところで見付けました。

次は、初めて見た野鳥(鴨)の記事です。

麻機遊水池の植物観察(その1)

遊水池の周りで見付けた植物の観察です。

Nanohana_asabata_0226_3s

遊水池の春を告げる黄色い花は、遠くからでも目につきます。

Nanohana_asabata_0226_4s

菜の花はいろいろな種類があるようです。アブラナ、セイヨウアブラナ、セイヨウカラシナ等・・アブラナ科アブラナ属です。

Nanohana_asabata_0226_2s

黄色い菜の花。

Nanohana_asabata_0226_1s

隣には、クリーム色の菜の花。

Fumei_asabata_0226_1s

これは何だろう?

Endoumame_asabata_0226_1s

遊水池周りの畑に植えられていたエンドウ豆。こんなに大きくなって、もう花が咲いています。

野菜畑を見ると、草むしりの事を思い出し気が重くなりますsad

麻機遊水池のアオサギ

静岡市街地の北部、こども病院のすぐ近くに「麻機遊水池/あさばたゆうすいち」があります。自然観察を趣味とするようになってから、また行ってみたいと思っていました。当時とは周囲の環境もかなり変わっており、現在浄化対策工事が行われています。

久々に訪れた麻機遊水池の記事(その1)は、アオサギの観察です。

Aosagi_asabata_0226_1s

トイレ傍の駐車場にDAIGO(D5)を駐めて遊水池に降りると、すぐに目に入ってきたアオサギが一羽・・。

Aosagi_asabata_0226_2s

何か気にしています。視線の先には別のアオサギがいました。暫くそちらを見ていましたが、近づこうともせずに飛び立ちました。他のアオサギの縄張りだったのかな?

【飛ぶアオサギ】

Aosagi_asabata_0226_5s

行儀良く足を伸ばして揃えています。

Aosagi_asabaat_0226_6s

背景に見えるのは、柳の木です。

Aosagi_asabata_0226_7s

羽ばたきもダイナミックです。

Aosagi_asabata_0226_9s

この遊水池は、池もヨシやガマの生えるビオトープのようなところもあります。浮島ヶ原自然公園と狩野川西部浄化センター横のアクアプラザが合体したような自然公園です。

更に麻機遊水池の探索は続きます。

対面石再び(その2)

駿東郡清水町の八幡神社境内を探索してみました。

【白旗舎】

Yahatajinjya_201102_2s

前記事の中鳥居をくぐり太鼓橋を渡るとその左方向にこの祠(ほこら)があります。頼朝公を祀った白旗舎(しらはたしゃ)です。

【御随神】ごずいしん

Yahatajinjya_201102_11s

頭部が無くなっています。

Yahatajinjya_201102_12s

こちらは、原形が良く分かりません。

由緒書きには「大神様を守護したもうた御随神(奇石窓神・豊石窓神)」とありました。「ごずいしん、くしいわまどのかみ、とよいわまどのかみ」とフリガナがありましたが、Web検索すると随神は「かんながら」と読み奇石窓神・豊石窓神の漢字も色々ありました。迷ってしまいますcoldsweats01

【対面石】

Yahatajinjya_201102_7s

神殿の西北側に、平家追討の軍を起こした頼朝と、奥州より駆けつけた義経が対面した場所として、この対面石が置かれています。

Yahatajinjya_201102_8s

対面石です。台座があるから奥が頼朝だろうか?

Yahatajinjya_201102_9s

対面の記念のために兄弟が自ら植えたと伝えられている「ねじり柿」です。良く見ると二本あります。歳月を考えると細すぎですねhappy01。柿の木の寿命は、富有柿で7~80年だそうですから、何代も更新されてきたのでしょう。

【その他】

Dousojin_0218_1s

中鳥居の左手に祀られていた道祖神。風化と苔むして年代などは分かりません。

Yahatajinjya_201102_4s_2 

手水舎の向かい側(東側)にあった旧手水舎?

源氏の軍は、富士川の合戦のためにこの地に本営を造営したそうです。我が富士市にある「平家越え」など、周辺には源氏に関する史跡が沢山あります。真偽の程はともかく、歴史の跡をたどるのも楽しいです。

対面石再び(その1)

昨年の一月、初めてここを訪れてブログ記事にしました。駿東郡清水町にある「八幡神社」です。ここには、頼朝義経の対面石(たいめんせき)で知られています。

Yahatajinjya_201102_1s

正面大鳥居をくぐって参道を進むと、中鳥居が見えてきます。大鳥居は、ここより200m程下った県道145号線(旧東海道)沿いにあります。

Yahatajinjya_201102_3s

柿田川の湧水を引いた手水舎でお清めをして・・。

Yahatajinjya_201102_5s

拝殿・・平成4年に完成したそうです。

Yahatajinjya_201102_13s

斜め横から・・。拝殿の奥には総欅(けやき)のご本殿があります。

Yahatajinjya_201102_16s

横から見た拝殿も立派です。

Yahatajinjya_201102_6s

拝殿の前に立つと自動扉が開きます。平成11年に自動扉化されたそうです。知らないで近づくと焦りますcoldsweats01

その2では、境内の探索をしてみます。対面石も次の記事で。

銚子ヶ渕の滝(赤渕川)

今日は帰宅が少し遅くなりました。数年前では当たり前だった残業も、歳をとると辛くなります。それでなくても、6時半頃家を出るのですから尚更・・。

この記事は、富士市の赤渕川にある銚子ヶ渕の滝の紹介です。赤渕川は、上流で本流と千束川に分かれますが、本流の源流部を除き、普段水が流れておりません。この滝も雨で増水した時だけ見られる幻の滝です。

Tyousigafuti_1s

7月頃の写真です。

Tyousigafuti_taki2s

何時でもこのくらいの水量があれば、渓流魚も生息できるのですが・・。落差は、14.6m。標高は、245mだそうです。

Tyousigafuti_taki0213_2s

滝の上から見た様子です。長い歳月を経て岩が削れ、こんな溝が出来ています。

Tyousigafuti_taki0213_3s

Takigami_0213_1s

上から見た様子。これ以上前に行くと怖いので、ここまでで・・coldsweats01

Tyousigafuti_taki0213_4s

滝の上から上流を見た様子です。彼方に見えるのは石井橋です。橋の右手方向が、新興住宅地陽光台、その奥が石井になります。

Nitirensyu_0213_1s

滝の上脇には「南無妙法蓮華経」のお題目が刻まれた石碑があります。上の石井橋を渡った奥にある集落「石井地区」の町内にも、同じようなお題目の石碑があります。富士市周辺では、この日蓮宗のお題目の刻まれた石を沢山見る事が出来ます。

石井地区は、甲斐武田の落ち武者が移り住んで開拓した集落だそうです。甲斐の国から日蓮宗と共にやって来たのかもしれません。

フキノトウの観察

今日も異常に暖かい一日でした。我が家のフキノトウもかなり成長して来ました。殆どが天婦羅になってしまいましたが・・。

Fukinotou_0219_3s

これは斑入りのフキノトウです。日陰に植えてありますので、まだ食べごろです。「食べることしか考えていないのか?」・・ハハハ。

Fukinotou_0219_2s

Fukinotou_0219_1s

こちらは、少し日当たりの良いところに生えています。 このまま観察してみようと、食べないで残す事にしました。

Fukinotou_0223_1s

マイクロスコープで撮ってみました。中央に別の花のようなものが見えます。周りはオシベなのだろうか?

Fukinotou_0223_2s

暗くなってしまいましたが、中心部の花のようなものを取り出してみました。何気なく見ていたフキノトウも、マイクロスコープで観察すると面白いですね。

【特別出演】

Tentoumusi_0219_1s

暖かさに活動を始めたテントウムシ。

今週末は、持ち帰り仕事無しで休みたい!何事も無いと良いのですが・・。

シナマンサク

父親が大切にしていたマンサクの花が咲きました。これも春を告げる花の一つです。

Mansaku_0219_1s

Sinamansaku_0219_1s

変わった形の花ですね。シャジンで言えばシデシャジンのような花です。

Sinamansaku_0219_2s

薄暗い時の撮影なのでストロボが発光しました。タイトルをシナマンサクとしたのは、このように花の咲いている時期に葉が沢山残っているからです。正しい区別法をご存知の方教えてください。

Sinamansaku_0219_4s

Web図鑑で見るマンサクもシナマンサクも、もっと黄色い花です。これは園芸種なのかな?

Mansaku_1s_090214

蕾。

Benibanatokiwamansaku_20091123_1s

我が家には、ベニバナトキワマンサクもあります。中国原産だそうです。マンサクやシナマンサクは落葉しますが、トキワマンサクの葉は常緑です。

日中は暖かでしたが、朝夕はかなり冷え込みました。このところ三寒四温を体感中です。

オオフサモ(浮島ヶ原)

浮島ヶ原の探索をしていると、水路に綺麗な植物が生えていました。

Oofusamo_0219_1s

所々に群生しています。調べて見ると「オオフサモ」と呼ばれている特定外来生物のようです。

「アリノトウグサ科、ヌマフサモなどとも呼ばれ、南アメリカ原産で、1920年頃にドイツ人が持参し兵庫県須磨寺の池に繁殖した」・・環境省のページより要約しました。

Oofusamo_0219_4s

みんな茎で繋がっているようです。

Oofusamo_0219_2s

Oofusamo_0219_3s

ノウルシのように先端部が黄色くなっているものがありました。綺麗なので、持ち帰って栽培しようと思ったのですが、外来生物法によると、特定外来生物は観賞用に栽培する事が認められていないそうです。残念・・。

【友情出演】

Hoteiaoi_0219_1s

隣にはホテイアオイが復活を始めていました。これも繁殖力旺盛な植物です。

Kureson_0219_1s

こちらはクレソン(オランダガラシ)です。

田んぼの水路もだんだん賑やかになって来て、これからが楽しみです。

三社氏神社(富士市大淵)

三社氏神社・・富士市大淵、富士宮市杉田との境に、この神社があります。静岡県神社庁の一覧にもその名前はありませんでした。

Sanjya_0213_2s

「氏」の点は?三社神社はWeb検索すると出て来ますが、「氏」のついたものは見当たりません。

Sanjya_0213_1s

とても小さな神社です。

Sanjya_seki_2s

神社の左手に石仏が並び道に面した方向を向いてこの石碑がありました。日蓮宗のお題目「南無妙法蓮華経」と刻まれています。

そしてここには、5体の馬頭観音様(だと思う)が祀られています。各所から集められたのかな?

Sanjya_seki_1s

明和四○○年 施主 村中 十一月十八日と刻まれています。ここの馬頭観音様には、全てニンジンを刻んだものが供えられていました。馬の好物だからかな?

Sanjya_seki_3s

「馬頭観音」の文字だけ見えます。

Sanjya_seki_4s

隣には「天明五○巳之年」「七月二十八日」と刻まれた馬頭観音様が並んでいます。

Sanjya_seki_5s

左は「馬頭観世音」の文字、右は「良く分かりません」。

Sanjya_seki_6s

馬頭観音様かな?熊の頭みたいに見えるけど・・。

5228201102202238240797

場所は、この地図をクリックして見てください。赤いピンの所にあります。次回は、文字の解読をするための小道具を持って行こうと思います。

さて、今日からまた慌ただしい一週間が始まります。週末は、持ち帰り仕事無しで休みたい・・とにかく頑張ろう!

野鳥観察(狩野川西部浄化センターの池)

浮島ヶ原の植物観察を終えて、狩野川西部浄化センター前の池に寄ってきました。最後の写真を除き、望遠鏡で撮りました。

Karugamo_0219_4s

相変わらずのんびりした感じのカルガモです。一寸遠い・・。

Karugamo_0219_1s

流木?に載っているカルガモ。お尻の下の黒さからオスかな?

Karugamo_0219_5s

飛んだ!枠内に入れることが出来ませんでしたcoldsweats01

Moukinrui_0219_1s

Moukinrui_0219_2s

これは、トンビかな?

Moukinrui_0219_3s

途中からもう一羽加わりました。望遠鏡のマニュアル撮影では、これが精一杯です。

Mozu_0219_1s

Mozu_k0219_1s

池の周りの木には、モズが数羽いました。縄張り争いしないのかな?

Sika_0219_1s

「なんだこの写真は?」・・掲載理由は二つあります。一つは、写真中央の道のところに見える二つの白い点 です。これは、沼津アクアプラザのビオトープ内を走り回っていた鹿のお尻です。生憎望遠鏡を付けていたので、撮影が間に合いませんでした。コンデジで撮った写真です。そして水面に浮かぶ小さな点がカモです。遠くにいるので、望遠鏡でなければ写すことが出来ませんでした。

持ち帰り仕事は、まだ終わりませんweep。気分転換にブログ記事を書きました。もう少し頑張ろう!

ミツガシワ(浮島ヶ原)

気分転換に行った浮島ヶ原で、絶滅危惧種ノウルシと共にもう一つの植物を観察してき来ました。昨年、沼津某所から移植されたミツガシワです。

ミツガシワは、寒冷地に生える植物で氷河期の生き残り(遺存種)と言われているそうです。それが、比較的暖かい浮島ヶ原に生えている事が興味深いですね。

【浮島ヶ原自然公園】

Mitugasiwa_0219_3s

緑色の芽が伸びています。

Nitugasiwa_0219_2s

井戸水の流入口付近では、葉が見えていました。

Mitugasiwa_0219_4s

こちらも!

Mitugasiwa_0219_1s

みるくて美味しそう!でも、葉には苦み成分が含まれ、健胃薬になるそうです。苦いのか・・。

【沼津市某所のミツガシワ】

Mitugasiwa_numa0219_5s

ここは、浮島ヶ原自然公園へ移植されたミツガシワが生育していた場所です。

Mitugasiwa_numa1s

うん?緑色じゃない・・。

Mitugasiwa_numa0219_2s

こちらは水の中だけ緑色の部分が見えます。

Mitugasiwa_numa0219_3s

ここも、水に浸かっていない部分が枯れているような気がします。

Mitugasiwa_numa0219_4s

この場所では、浮島ヶ原自然公園のように新葉(芽)を見ることが出来ませんでした。

どうしてなんだろう?浮島ヶ原自然公園では、井戸水の流入口付近だけ新葉が見えました。これは、井戸水の温度が暖かいからだと思います。

そしてこちらの先端部が枯れたような原因は、一番上の写真を撮ったとき予想できました。どうも土手焼きを行ったようです。そのため地上に見えている部分や、水から出ている部分が焼けてこのような状態になったと思います。おそらく長年その試練に耐えながら、この場所で生き続けてきたのでしょう。

浮島ヶ原自然公園に移植された株が、この自生地のような群落を作って、いつまでも生き続けて欲しいと願っています。

ノウルシ(浮島ヶ原)

昨晩からパソコンを使っての仕事なので目が痛い・・。気分転換に浮島ヶ原を探索して来ました。

【浮島ヶ原自然公園のノウルシ】

Nourusi_0219_1s

先日見たノウルシは、すっかり大きくなっていました。

Nourusi_0219_3s

先端部の苞が黄色くなり始めています。

Nourusi_0219_2s

花の咲いている株もありました。

【沼津某所のノウルシ】

Nourusi_numa0219_2s

少し前に野焼きをしたようです。見当たらないので近づいてみると・・芽が伸び始めていました。

Nourusi_numa0219_3s

Nourusi_numa0219_1s

この隣の土地にも生えていたのですが、数年前に埋め立てられてしまいました。ユンボのお兄さんに頼んで一株採ってもらいました。昨年は、無事花を咲かせてくれましたが、今年はどうかな?

浮島ヶ原自然公園とのこの違いはどうしてでしょう?気候の変化はさほど無い場所なので、日照の違いかもしれません。ここは、昔の自生の様子が伺えるような場所です。枯れた葦の中に群生していました。

同じく絶滅危惧種のヒキノカサも沢山生えます。何とか埋め立てられないで残って欲しいものです。

梅の花再び

少し前に載せた梅の花をまた撮ってみました。果樹畑の梅は、父親が残したもので、盆栽仕立てになっています。手入れが悪くて恥ずかしいので、部分写真だけですcoldsweats01

【果樹畑の梅】

Ume0213_1s

白梅・・良く見ると八重咲です。

Ume0213_4s

萼緑梅。萼片の色が違うだけでもかなり違った印象を受けます。

Ume0213_2s

淡桃梅。

Ume0213_3s

八重咲桃梅。 

Ume0213_6s

紅梅。

【庭の梅】

Ume0213_8s

白梅。普通の五弁花です。

Ume0213_9s

Yaesidare_0213_1s

八重枝垂れ 梅。小鳥達に狙われています。

明日は天気が良いのかな?少し自然観察して、また持ち帰り仕事の予定です。

散歩道で見かけた植物

また雨が降るそうです。今まで降らなかったから、一雨欲しいとは思っていましたが、このところ続いて嫌になります。

先日、持ち帰り仕事の気分転換に歩いた、散歩道で見かけた植物を集めてみました。

【シダの仲間】

Warabi_0213_1s

冬には枯れるワラビの葉です。

Zenmai_0210_1s

これはゼンマイの枯れ葉です。食べられるシダは、冬に枯れるのかな?そう言えば私の好きなクサソテツ(コゴミ)も冬には枯れます。

Kosida_0213_1s

これはコシダ。沢山生えていました。

Kosida_0213_2s

ミニウラジロ・・葉の裏は白くなっています。

Kosida_0213_3s

これはコシダの新芽。

Urajiro_0213_1s

コシダの隣にはウラジロが生えていました。ウラジロ科は、似た場所を好むようです。

Urabosika_0213_1s

ウラボシ科のシダ。ヒトツバの仲間?

【その他の植物】

Yatude_0213_1s

これは天狗の葉団扇(てんぐのはうちわ)と言う別名を持つヤツデ。

Nagamihinagesi_1s

石垣の所に生えていたこの植物は?ナガミヒナゲシだと思います。ヒマラヤの青いケシにもこの位のタフさがあれば嬉しいのですが・・。

Nagami_hinagesi_6s

こんな綺麗な花が咲きます。だから抜かれず増える一方です。

今週末も持ち帰り仕事があります。だるい・・sad

降雪の翌日(愛鷹山)

愛鷹山(あしたかやま)の様子です。

Asitakayama_0213_1s

沼津市宮本から見た愛鷹山。正面にはシックス・ハンドレット(ゴルフ場)のクラブハウスが見えています。

Asitakayama_0213_2s

赤渕川上流部。呼子岳、大岳。

Asitakayama_0213_3s

奥に見えるのは越前岳の山頂です。この日の山頂の様子はこちら→キレンゲショウマさんのブログ「越前岳

Asitakayama_0213_4s

大岳付近。中央には千束・勢子辻(左)方面へ続く林道が見えます。

Asitakayama_0213_5s

なんか像の頭を思い浮かべてしまいます。

今日は、早出出勤で萌の朝散歩は家族に頼みました。帰宅するとぴぃ~ぴぃ~鳴きながらお座りをして待っていました。我儘な奴だけど、こういう所が可愛いです。

降雪の翌日(富士山)

雪の降った翌日の富士山です。下界は、雨で雪が解けてしまいましたが、山は寒そうでした。

Fujisan_0213_2s

富士市今宮地区から見た富士山。県道24号(富士-裾野)線から少し東に寄った辺りです。

Fujisan_0213_3s

富士市大淵地区から見た富士山。

Fujisan_0213_5s

同じ場所から少し西に寄って撮りました。絶景ポイントなので、他の人も写真を撮っていました。県道78号線、新富士病院の北西辺りです。

Fujisan_0213_8s

山頂付近。風に飛ばされたか、普段とそれほど変わりません。

Fujisan_0213_10s

宝永山。

Fujisan_0213_11s

Fujisan_0213_12s

中腹の写真です。樹木があってこの白さですから、かなり積もっていると思います。

次の記事は、愛鷹山の様子です。

春を待つ野菜

この季節は雑草も少ないし、畑は放置状態です。たまには様子を見に行かなくては・・。

Endoumame_0213_1s

エンドウマメは、笹の霜よけに守られて元気に育っています。

Hourensou_0213_1s

ホウレンソウも元気です。間引かないといけませんね。

Hayasai_0213_1s

名前が分からなくなった葉野菜。大株は根元が大根のようになります。これが漬物にすると美味しいんです。

Soramame_0213_1s

ソラマメも順調に育っています。

Sinsyudaikon_0213_1s

これは、マキ時期を間違えた信州大根です。どうなるかそのままにしてあります。

Yomogi_0213_1s

これは野菜?果樹畑に生えているヨモギです。無農薬だし、犬のおしっこもかかっていないので、暖かくなったら摘んでサラダやモチに入れようと思っています。

見よう見まねの野菜栽培も楽しいものです。何でも蒔けば、色々な事が学べて面白いです。

黄色い花

また雪が降りそうです。困ったものだ・・。

今日は、家の近くで見つけた黄色い花を集めて見ました。

Fukujyusou_0213_2s

梅の木の下に咲きだした福寿草。やっと開き始めたと思ったら、雪の下に埋まったり、霜で真っ白になったり、災難続きで気の毒です。

Fukujyusou_0213_4s

Fukujyusou_0213_3s

霜で白くなっていた福寿草も、春の日差しを浴びて復活しました。

Tanpopo_0213_1s

Tanpopo_0213_2s

タンポポの黄色も目に付きます。萼片が折れ曲がっていないので、日本タンポポだと思います(トウカイタンポポかな?)。

Nanohana_0213_1s

Nanohana_0213_2s

菜の花も咲いています。富士市吉永北部地区では、菜の花祭りが開催されます。今年はいつやるんだろう?

春はもうすぐそこです。でも、まだまだ(寒さの)試練は続きます。体調に気をつけて頑張りましょう。

凍える植物(その2)

人間だけでなく、植物も凍える寒い朝でした。

Aroe_0213_1s

一月の雪でも(屋外で)無事だったアロエ。「あっ、今度はダメだ!」・・葉に凍傷痕が見えます。

Aroe_0213_2s

ところが、日が射してくると凍傷痕は無くなり元に戻っていました。凄い!アロエ君、良く頑張ってくれました。

Asebi_0213_2s

アセビの蕾も凍っています。シャッターを押す指が、寒さで震えてしまいました。

Fukujyusou_0213_1s

福寿草も凍りついています。やっと咲いたのに大丈夫かな?

Tyarumerusou_0213_1s

この変わった葉は何だろう?チャルメルソウの葉です。細かい毛に霜が付いてこんなふうになりました。面白いでしょ?

霜の付いた植物観察も楽しいです。

凍える植物(その1)

今朝は久々に真冬に戻りました。霜柱をバリバリ踏みしめての朝散歩でした。萌は、この寒さの中でも元気いっぱいでした。

Fujisan_0213_1s

萌の散歩の後で撮った富士山です。裾まで白くなっていました。

Tyabatake_0213_1s

隣の茶畑は真っ白です。これは昨日の雪ではなく霜です。

Tyabatake_0213_3s

この写真を見ると寒さが伝わってくるでしょ?布団から出たくありませんでしたが、萌のために頑張って起きました。

Tyabatake_0213_2s

冬でもこんなになるのは珍しいです。暖かくなってからの霜は、茶の木を痛めます。

Sugugoke_0213_1s

スギゴケに付いた霜。

Sugugoke_0213_2s

結晶が見えます。綺麗ですね。

この連休は、持ち帰り仕事と用事が色々あって慌ただしい日々でした。でも、最終日に天気が良くて良かったです。

雪の中のフキノトウ

萌の朝散歩が終わった頃から、雪が降り続けています。あっと言う間に、辺りが真っ白になってしまいました。

裏庭に、フキノトウが出ていたので、採ってテンプラにでもしようと思っていたところです。

Fukinotou_0212_2s

雪に埋もれたフキノトウ。

Fukinotou_0212_3s

雪を払ってみました。一寸成長し過ぎたかな・・。

Fukinotou_0212_4s

まぁ、テンプラなら大丈夫でしょう。

Suguhinoki_0212_1s

暴風対策の屋敷林の杉と桧。野鳥たちの住処になっています。

Fukinotou_0212_1s

その下にもフキノトウが出ていました。

今日は、持ち帰り仕事がありますので、萌の散歩以外は外出しないで殆ど家の中ですweep。でも、この雪では、諦めもつきます。

裏庭の野鳥

今日は雪の予報が出ていますが、雨交じりで積雪は殆どありません。一月半ばに降った時の方が、はるかに積雪量も多く大変でした。しかも予想していなかったから尚更・・。

家の裏に野鳥の餌場を作ってあります。小鳥も来てくれますが、なかなかタイミング良く撮影できません。餌場の常連を紹介します。

Kijibato_0206_1s

Kijibato_0206_2s

裏庭に住みついているキジバトです。時々萌の餌入れにも寄ってきます。不思議な事に萌は平気でいるのです。他の野鳥は追うのに・・。仲間と思っているのかもしれません。

Tugumi_0206_1s

柑橘類を枝に挿すと真っ先にやって来るツグミです。

Tugumi_0206_2s

なんか寒そうですね。

【特別出演】

Kaerunotamago_0206_1s

先日の記事で、左官のプラ舟に毎年産み付けられるカエルの卵が、見当たらないと書きました。すると、そのすぐ後で産み付けられていました。

ちょっと迷惑ですが、いなくなるとと寂しいカエル君は、側で卵の見張りをしていました。

野生の生き物が、周りにいると嬉しいですね。

大淵庚申堂

富士市大淵中野地区に「大淵庚申堂」があります。以前から気になっていたので、立ち寄ってみました。

Oobuti_kousin_0206_4s

この建物が庚申堂のようです。今回は建物の中は見学しませんでした。

Oobuti_kousin_0206_1s

お地蔵さんや石仏が並んでいます。

Oobuti_kousin_0206_3s

お地蔵さんの被りものはなぜ赤いのでしょう?

Oobuti_kousin_0206_2s

反対方向から・・。

Oobuti_kousin_0206_5s

こちらにも・・。

Oobuti_kousin_0206_6s

墓石のように見えるものもあります。

Oobuti_kousin_0206_7s

「三東萬雪塔」??次回もう少しちゃんと見て来ますcoldsweats01

Oobuti_kousin_0206_9s

風化して良く分かりませんが、双体道祖神のように見えます。でも、普通より大きい・・。

5228201102101924330524

場所の地図です。クリックして見てください。

今回は時間も無く、ちょっと立ち寄っただけでした。次回は、地元の方に色々伺って来ようと思います。この庚申堂は、岳南産廃処理業協同組合 の寄贈だそうです。ちょっと複雑な思いで説明書きを読みました。

こういう史跡などを、後世に伝えて行こうと言う思いはとても大切だと思います。出来れば、もう少し詳しい説明書きや元の配置図などがあると嬉しいのですが・・。

2月の萌

萌の近況です。相変わらず朝夕の散歩はイノシシのようです。手綱持ちものんびり歩いていられませんcoldsweats01。このところ、少しずつ日が長くなって助かります(真っ暗ではないので)。

Moe0208_1s

「おい、萌!」・・時々知らんふりしている事があります。わざとかな?

Moe0208_2s

穴掘りをして口の周りが土だらけです。困った奴だ。

Moe_inutomo_1s

散歩途中で出会う犬。真黒で萌と似ています。萌は遊びたがっていますが、向こうは毛を逆立てて唸っていました。

Moe_inutomo_2s

石垣にかじり付く格好が何とも言えません。なんか胴長短足の人みたい・・。

梅の花色々

今夜は雨が降るそうです。でも、まだ降って来ません。明日の日中に降らなければ良いのですが・・。

あちこちで咲いている梅の花を集めてみました。良く観察すると色々な種類があります。

【白梅系】

Ume_0205_6s

果樹畑に咲いている白梅です。

Ume_0205_5s

この写真だけでは分かりませんが、普通の花より小さな白梅です。

Ume_0208_1s

これは八重咲の白梅。押しくらまんじゅうの花です。

【桃梅】

Ume_0205_7s

少しピンクがかった花です。

【紅梅】

Ume_0205_4s

Ume_0205_2s

紅梅も綺麗です。紅梅の枝を剪定して見ると切断面が赤い・・。

【緑萼梅】

Ume_0208_3s

Ume_0208_4s

萼片が緑系の花です。花芯も緑っぽいですね。

新しいコンパクトデジカメの写真がどうもおかしい・・。以前使っていた同メーカーの機種より上位にいるはずですが、満足の行く写真が撮れません。余計な機能がついて、使いにくくしているような気がします。

アオサギ(浮島ヶ原自然公園)

暖かくても薄曇りの浮島ヶ原自然公園。「今日は、アオサギ君がいないのか?」と思いながら辺りを見回すと・・川の側に佇んでいました。

Aosagi_0206_2s

Aosagi_0206_3s

羽虫をとっているのかな?飾り羽が可愛いです。

Aosagi_0206_5s

かなり柔らかい首ですね。

Aosagi_0206_4s

じっと一点を見つめるアオサギ君。

Aosagi_0206_6s

急に首を伸ばしました。餌を見つけたかな?でも、また首をたたんでしまいました。捕食の様子を観察したかったのですが、待ちくたびれて諦めました。

ツグミ(浮島ヶ原)

今日も暖かい一日でした。昨晩、少しだけ雨が降ったようです。植物にとっては、まさに恵みの雨・・でも、ちょっと少ないか?

ケリと同じ田んぼにツグミもいました。

Tugumi_0206_1s

ツグミ科ツグミ属。目の上の白い眉のような部分が格好良いですね。

Tugumi_0206_3s

「うん?何かの気配がする」・・野鳥は周囲に敏感です。

Tugumi_0206_2s

「何を撮っているんだよ!」Web図鑑で見ると、これはオスかな?

Tugumi_0206_4s

ツグミもケリと同じく、田起こしの済んだ田んぼで餌を探していました。野鳥にとって、餌の無いこの季節は大変です。

さて、明日はハシビロガモを見たプールの近くで仕事です。また居ると嬉しいのですが・・。

ケリ(浮島ヶ原)

浮島ヶ原自然公園を後にして、少し時間があったので農道を走ってみました。すると足長の鳥が目にとまりました。ケリです。

Keri_0206_1s

チドリ科タゲリ属ケリ。

Keri_0206_2s

赤橙色の目・・なんか目つきが悪いですね。

Keri_0206_4s

ミミズでも食べているのかな?

Keri_0206_5s

田起こしの済んだ所に数羽いました。

Keri_0206_6s

後姿・・。

Keri_0206_7s

やっぱりミミズを食べているようです。

このケリも後で出てくるツグミも、車で近付いても逃げませんでした。普通は逃げてしまうのですが・・。野鳥の撮影は、運も必要だと思いました。

浮島ヶ原自然公園の春

富士山南麓の自然展から浮島ヶ原自然公園に行って来ました。休日は、午後から家の周りの雑用をする事にしていますので、昼までに帰宅しなければなりませんweep。家族が五月蠅いので・・。

Ukisima_kouen_0206_1s

春を待つ園内は、一番寂しい時です。でも、家族連れや老夫婦が、木道の散歩を楽しんでいました。新緑に染まる景色を思い浮かべながら歩くのも楽しいです。

Ukisima_kouen_0206_2s

今日も、不気味なくらい暖かな日でした。園内を流れる川には、アオサギ、カルガモなどがいました。

ここからは、自然公園の春を待つ植物の観察です。

Mitugasiwa_0206_1s

昨年、沼津市某所から移植されたミツガシワ(中央のクワガタの爪みたいなヤツ)。花が見られると嬉しいですね。

Seri_0206_1s

セリも沢山生えていました。摘んだら叱られるだろうな・・。

Nayonayowasurenagusa_0206_1s

ナヨナヨワスレナグサの赤ちゃん。

Hikinokasa_0206_1s

これはヒキノカサだと思います。

Nourusi_0206_2s

Nourusi_0206_3s

そして、春一番に園内を黄色く染めるノウルシです。浮島ヶ原自然公園の春は、すぐそこまで来ています。このまま暖かくなってくれると嬉しいのですが・・。

富士山南麓の自然展

大淵まちづくりセンターで「富士山南麓の自然展」が開催されると聞き行って来ました。我が家からは、車で10分程の所です。

Tenjikai_0206_1s

富士山溶岩流の模型など・・。溶岩流は、昨年歩き回った富士山北麓と南麓を結ぶ北北西ラインに多いそうです。ジオラマを見て、訪ね歩いた場所を回想して来ました。

Tizu_0206_1s

「駿州吉原宿絵図」と書かれている古い地図です。隣に展示されていた写真入りの村山登山道の地図を買って来ました。これからの探索が楽しみです。

Sanyasou_0206_1s

富士山麓で見る事の出来る植物の写真が展示されていました。中央最下段のピンクのギンリョウソウにはまだ出会っていません。

Yatyou_0206_1s

一度出会いたいと思っている「ルリビタキ」。

Nawajyouyougan_0206_2s

Nawajyouyougan_0206_1s

「富士山の縄状溶岩」・・大淵城山で発見されたそうです。

Kazandan_0206_1s

火山弾です。もっと大きなものもあるそうですが、私は小さなものしか見た事がありません。

Yougannjyukei_0206_1s

センター入り口に置かれていた「溶岩樹形」。綺麗な形ですね。

富士山麓の自然観察も、色々な事を知った上で歩くと更に楽しくなります。同じ場所で、これからも展示会などを開催していく予定だそうです。行って良かったhappy01

沼川の桜

我が家の河津桜がポツポツ咲き始めました。浮島工業団地の南側を流れる沼川・・土手の桜も咲いているだろうと仕事の帰りに寄って見ました。

Numagawa_0205_2s

沼川は、沼津から富士の国道一号線に沿って流れています。以前に比べて、かなり綺麗になりました。

Sakura_numa0205_3s

浮島工業団地の南側に植えられている桜並木です。右がソメイヨシノ、左が河津桜です。

Numagawa_0205_4s

蕾が膨らみ始めていました。花は・・。

Numagawa_0205_6s

咲いていました!

Numagawa_0205_7s

幹桜。

Numagawa_0205_5s

木によって足並みがかなり違うようです。

Sakura_numa0205_2s

Sakura_numa0205_1s 

カメラを換えて・・曇り空なので、時々ストロボが自動発光したりしましたcoldsweats01。少し早目の春を探して歩くのも楽しいです。

福寿草と水仙(2011)

休日出勤の仕事は、無事に終わりました。明日は休み!

今朝出勤時に気が付いた黄色い花・・福寿草が咲きました。昨年に比べて遅いので心配していた所です。今春は、2週間ほど遅れているようです。

Fukujyusou_0205_1s

Fukujyusou_0205_5s

少し離れたところにも植えてありますが、そちらはまだ姿を見せてくれません。

Fukujyusou_0205_3s

横から見ると葉が待機しています。

Rappazuisen_0205_1s

我が家で一番早咲きのラッパ水仙。まだ芽が出たばかりです。昨年の今頃は咲いていました。こちらを見てください→【2010年の福寿草とラッパ水仙】

Biotopu_0205_1s

左官用プラ舟のビオトープは、時々メダカが姿を見せてくれます。昨年の今頃は、カエルの卵が孵り始めました。今年は生んでいないようです。寒いからまだ冬眠中なのかな?

ここ数日暖かくなりました。でも、昨年は2月半ば、そして3月29日に雪が降りました。まだまだ安心は出来ません。

近所の林探索

萌の散歩ついでに、ヒノキ林の探索をしてみました。萌は、行動範囲が広がるので大喜びでした。手綱引きは大変・・。

Kanaoi_0130_2s

Kanaoi_0130_1s

所々にカンアオイが生えています。模様の変化を比べるのも面白いです。

Yabutubaki_0130_1s

ヤブツバキの子。この付近の沢にはヤブツバキが沢山生えています。そろそろ咲いている頃かな?

Sikimi_0130_1s

近所で栽培している種が飛んで来たのか・・シキミの子。

Sikimi_0130_2s

最初は、これがシキミだと思ったのですが・・。上の株とかなり違いますね。匂いを調べ忘れました。

Aoki_0130_1s

鹿に先端部を食べられているアオキ。アオキの葉は、苦味健胃作用があるそうです。鹿も胃の調子が悪いのかな?

Yuzuriha_0130_1s

ユズリハの子。正月のお飾りなどに使われます。

Sakaki_0130_1s

これってサカキかな?ご存知の方教えてください。

Sakaihisakaki_0130_1s

左はヒサカキの葉です。右は?

明日はまた休日出勤です。早く終わると良いのですが・・。

プールのカモ(三島市長伏)

打ち合わせ場所近くのプールに、数羽のカモが泳いでいましたので、フェンス越しに撮ってみました。

Karugamo_0204_2s

カルガモです。

Karugamo_0204_1s

カメラを向ける私の方に近づいて来ました。

Kamo_f0204_1s

カルガモばかりと思ったら小さなカモ(?)がいました。何と言う種類だろう?

Mamo_f0204_2s

そしてこのカモ・・今まで見た事がありません。

Mamo_f0204_1s

拡大して見ると・・なんかくちばしが大きいような気がします。ハシビロガモと言う種類に似ています。どなたかご存知の方教えてください。

説明書を読み始めたばかりの、コンパクトデジカメで撮りました。色々な機能があり過ぎて、使いこなすのが大変ですcoldsweats01

小潤井川の野鳥観察

少し前の写真です。富士市の町中を流れる小潤井川・・素人の私には、野鳥の写真が撮りやすい川です。

Hakusekirei_0122_1s

ハクセキレイが姿を見せてくれます。近くに来るのですが、動きが早くて撮りにくいです。

Jyoubitaki_20110122_2s

Jyoubitaki_20110122_1s

ジョウビタキも頻繁に姿を見せてくれます。我が家の裏庭にも時々来てくれるので気に入っています。

Tugumi_20110122_1s

ツグミは目立たない色なので、近づいたのを音で知る時があります。

Mukudori_0122_1s

生垣の裏では、ムクドリが内緒話していました。

Kawasemi_0122_1s

Kawasemi_0122_2s

ここでは毎回見かけるカワセミ。

Kawasemi_0122_3s

カワセミも寒そうです。

Hidorigamo_0122_1s

最後にヒドリガモのうたた寝。くちばしを羽の中に入れて眠っています。丘にあがって寝た方が暖かいだろうに・・。

今回の写真は、みんな望遠鏡で撮りました。

田貫湖の野鳥観察(その2)

今度は暗い上に小さな写真ばかりですcoldsweats01

Karugamo_tanuki_1s

カルガモのいる所だけ氷が張っています。

Karugamo_tanuki_4s

ちょっと拡大して・・。

Karugamo_tanuki1s

こちらも氷の上で休んでいます。冷たいから、水面に浮かぶのは嫌なようです。

Magamo_tanuki1s

釣りをしている小父さんの側を泳いでいるのは、マガモ軍団です。良く見ると、オスばかりです。

Magamo_en2s

飛ぶマガモの夫婦。もっと近くを飛んでくれよ!

Magamo_tanuki_2s

こちらはマガモのオス。

Kawau_tn1s

水面すれすれを飛ぶカワウ。

これで田貫湖の野鳥観察はお終いです。次回行く時は、もっと天気のいい日に行こう・・。

田貫湖の野鳥観察(その1)

前記事のオオバンの他に、田貫湖で見た野鳥を集めてみました。生憎の天気で、薄暗い写真ばかりで恐縮ですcoldsweats01

Hakusekirei_tn1s

比較的近くに寄って来るハクセキレイ。

Segurosekirei_tn1s

こちらはセグロセキレイ。

Mozu_tanuki_1s

餌を食べているモズ。

Mozu_tanuki_2s

「うん?こちらを見ているのは誰だ!」・・気づかれてしまいましたhappy01

Kinkurohajiro_tanuki1s

トリミングしても良く分からないほど遠くにいる鳥。私は初めて見ましたが、キンクロハジロではないかと思います。お腹の白いのがオス、茶色いのがメスらしいです。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »