他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シダの観察会(その1) | トップページ | シダの観察会(その2) »

望遠鏡写真の練習(カワセミ)

丸火自然公園のシダ観察の後、家族を迎えに行ったついでに、望遠鏡写真の練習をしてみました。曇り空なのでどうなるか心配でしたが・・。

Kawasemi0115_7s

「何だ暗い写真じゃないか?」そうなんです。この時、カワセミは、ずっと離れた橋の下にいました。肉眼では、黒くて何の鳥か区別がつかないくらいでしたが、思っていたよりずっと明るく撮れました。望遠鏡への信頼感を得るために載せて置く事にしました。

Kawasemi0115_1s_15t

イタドリの枯れ枝に止まっています。小枝が邪魔して撮りにくい・・。

Kawasemi0115_10s

気に入っている背中の写真が続きます。

Ts_img_4850_40t

トリミング無しの写真を、Web大(640X480ピクセル)にサイズダウンしたものです。

Kawasemi0115_4s_10t

トリミングで拡大。

Ts_kawa2s_2

更に拡大。

Ts_kawa3s

この場所のカワセミは、近くを人や車が通ってもあまり気にしていないようです。

Kawasemi0115_11s_10t

撮りやすいところへ、止まり木でも立てて置こうかな。

Kawasemi0115_13s_5t

Kawasemi0115_134_25t

セイタカアワダチソウが邪魔です。

Ts_kawa1s

パンフレットに載っているような写真は、どうすれば撮れるのでしょう?もっと至近距離に来てくれれば良いのですが・・。

Hiyodori_0115_1s

手前の岸に来たヒヨドリです。この位近くに来てくれて、そしてもう少しピント合わせが上手くなれば・・。

でも、昨年の一月に、300mm望遠レンズで撮った写真に比べれば、大分進歩したでしょ?練習しながらチャンスを待つしかありません。上のサイズの望遠鏡は、とても手が出ないので・・。

今日も寒い一日でした。萌の夕方散歩が辛い!

« シダの観察会(その1) | トップページ | シダの観察会(その2) »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

慶さん、今晩は。
なかなか思うようにピントが合いませんcoldsweats01
その上、マニュアル撮影の知識が殆どありませんので・・。オートフォーカスなら、飛んでいる写真も撮れると思います。
ここでは、あちこちに移動して回っているので、時間によっていろいろな姿を見る事が出来ます。
駿府公園で初めて見た時に、カワセミの写真が撮れるなんて思ってもみませんでした。

おはようございます。
カワセミのいろんな表情が良くわかりますね。背中の写真とか前からの写真は初めてみます。背中の真ん中の青い色は明るくて綺麗ですね。カワセミの写真って横顔が多いので、違った鳥のように見えて新鮮です。

NOZOさん、今晩は。
昨日はお疲れさまでした。

実は、カメラのマニュアル設定が良く分からないんです。
これもいろいろやって見て経験するしかないですね。
少しずつ説明書などを読んではいるのですが・・。
それに、ピントが合っているのか確信が持てないで何枚も撮っています。
細かい作業をする時にかけるメガネでも使ったらどうかなんて考えています。
道具に頼ってばかりではいけませんね。

昨日はありがとうございました。
結局、自分は燻製にかかりきりになってしまってシダの観察に行けずじまいでしたが。

さすがですね。
ここまで撮れれば十分なのではないでしょうか。あとはカメラの設定のような気がします。
真ん中あたりの写真は、-0.3か-0.7ぐらいカメラで露出補正かけてもいいかもしれませんね。シャッタースピードが稼げるので、ブレが減り、被写体深度も深くなりますし。
光の状況で変わってきますけど、練習するしかないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/50602502

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠鏡写真の練習(カワセミ):

« シダの観察会(その1) | トップページ | シダの観察会(その2) »