他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 近い鴨(増川の池) | トップページ | 近くの山林探索(その1) »

サンショウとイヌザンショウ

果樹の畑に植えた山椒(サンショウ)、どうも犬山椒(イヌザンショウ)らしい・・。家の裏庭にあるサンショウと比べて見ました。

どちらもミカン科サンショウ属です。サンショウに比べて、イヌザンショウは香りが少ないのでこう呼ばれるそうです。イヌがつくと役に立たないという意味になるそうです。イヌをバカにしていますね。萌が怒っていますangry

【サンショウ】

Sansyou_1204_1s

「小葉の縁に波状の鋸歯があり・・」。イヌザンショウに比べると、幅広の(ふっくらした)葉です。

Sansyou_1204_2s

枝の棘が対生です。

【イヌザンショウ】

Inuzansyou_1204_1s

イヌザンショウの葉。生えている場所の違いか、同じ日に撮ったのにこちらは黄色くなっています。これも綺麗でしょ?

Inuzansyou_1204_3s

枝の棘が互生です。

Inuzansyou_1003_1s

こちらはイヌザンショウの実。今年も沢山生りました。

ところで、サンショウもイヌザンショウも雌雄異株だそうです。と言う事は、このイヌザンショウは雌株ですね。近くに雄株は無いし、同じミカン科だから隣のキンカンやシークワーサーの花粉で受粉したのかな?

ずっと昔、京都の鞍馬寺でお土産に買った木の芽漬に、サンショウのミル芽が入っていました。そしてチリメンザンショウも酒の肴として気に入っています。更に、大井川で釣ったアマゴを地域の人が山椒味噌で料理してくれました。一つの植物から色々な思い出がよみがえって来ます。

【ついでに出演】

Heri_1204_1s

12月4日10時54分撮影。JA03TYと書かれていました。どうも警察のヘリコプターらしいのですが、イヌザンショウの写真を撮った我が家の畑辺りを低空で何度も旋回していました。何を捜していたのだろう?

« 近い鴨(増川の池) | トップページ | 近くの山林探索(その1) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

NOZOさん、今晩は。
イヌザンショウは咳止めに効果がある・・会社でたばこを吸いすぎて、咳ばかりしている人に飲んでもらおうかな。
趣味の果樹畑には、野生の果実やこういう植物を少しずつ植えています。普通の果樹より、丈夫だし面白いです。

りんさん、今晩は。
イヌザンショウは沢山実がなりました。
でも、あまり美味しくないようですね。
サンショウの方は、まだ小さな木なのでまだ先になりそうです。
私も植物の世話を怠けていたため、これから大変です。
もうヒヨドリがやって来てあちこちの実を食べ始めました。

イヌザンショウの実は、サンショウほどの柑橘の酸味と舌を焼くような辛さはありません。
青臭い感じですね。

ただ精油を含むので、煎じて飲むと咳止めの効能があるそうです。

sunこんばんは。お久しぶりです。うちのサンシヨウの木も、枝ばかりに成ってしまいました。まだまだ木が小さくて実がなる程ではありません。昨日のお天気で、ようやく重い腰を上げ、庭のかたずけをしました。
ほったらかしにしておいたツケは大きく、雑草のロゼットやら、ハーブの枯れた枝茎などなど…。前の日の大風に続きtyphoonこれから先のお天気もあてに成りそうにありません。南天と一両などの赤い実が目立って綺麗です。でもそのうち鳥の餌に成ってしまうかなsign02

yo-shiさん、今晩は。
食べられると思いますが、試した事はありません。
山には両方あります。
写真に載せた二種類は、山で見つけた小さな苗から育てたものです。

そして、犬山椒は食べられるのですか。山で見かけるのは犬山椒ですか。
萌ちゃん怒ってるって、気持ちわからないでもないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/50218379

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウとイヌザンショウ:

« 近い鴨(増川の池) | トップページ | 近くの山林探索(その1) »