2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 早朝の沼川 | トップページ | 12月の赤い実 »

2010年12月 8日 (水)

早朝の春山川下流

富士から沼津にかけての田園地帯には、幾本もの川や水路があります。まだ探索した事の無い場所もありますので、時間のある時に少しずつ歩いてみます。

Numadu_1204_4s_2

春山川下流の様子。前方に見えるのは東名高速の橋脚です。

Numa_asi1204_8s

日の当たる所を好むカモもいれば、このように目立たない所で泳ぐカモもいます。家族連れかな?

Numadu_1204_3s

カラスだと思ってカメラを向けたのですが・・。

Numadu_1204_3s_1

拡大して見ると・・綺麗ですね。なんと言う鳥だろう?

Numadu_1204_1s

この場所は沼津市との境辺りです。富士山はこのように見えます。沼津に向かうほど、愛鷹連峰に隠れて行きます。

Numa_asi1204_2s

左が越前岳、右が大岳かな?

Numa_asi1204_4s

その隣は見た目の通りの鋸岳。

Numa_asi1204_3s

これは愛鷹山。

Numa_asi1204_6s

Numa_asi1204_7s

日が昇るにつれて、稜線が良く見えて来ます。私のような素人は、鋸の歯には登れません。手前の山辺りを、少しずつ探索して行こうと思っています。

« 早朝の沼川 | トップページ | 12月の赤い実 »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

yo-shiさん、今日は。
そうですね。
沼津の町中だと上しか見ることが出来ませんから、愛鷹山を削り取ってしまいたいことでしょう。これで、函南まで行くと裾まで見えるようになります。

鳥の後姿綺麗にとらえましたね。
富士山は沼津に入ると殆ど見えないのですね。沼津の人たちの取っては愛鷹山は邪魔な存在でしょうね。

ロココさん、今晩は。
通勤途中でいた南アルプスの山々がかなり白くなっていました。今日行った箱根の金時山山頂にも雪が見えました。いよいよ辛い季節がやって来ます。萌の朝散歩が一番辛いです。

ねっつんさん、今晩は。
鳥の写真をもっと上手く撮れるようなレンズとカメラが欲しいのですが・・。古いアナログカメラ用の300ミリ望遠ですから、手振れ防止もありません。
鋸岳は、幼いころ近くまで行って、地面が揺れて座り込んだ記憶があります。滑落遭難の危険があるし、どちらかと言うと高い所は苦手なので、あそこだけは避けたいと思います。

富士の雪がかなり下りてきましたね。
それにしても雲一つ無い青空!いいな~
妙高は冷たい雨が降っています
明日は平野部でも雪が舞うかも・・・

こんにちは。野鳥シリーズ、楽しみにしています。とてもきれいですね。飛んでいる鳥をぶれずにカメラにおさめるのは至難の業ですね。
それと、のこぎり岳!!こんな絵に描いたような山があったなんて!
登る方もいるんですね。驚きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早朝の春山川下流:

« 早朝の沼川 | トップページ | 12月の赤い実 »