2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 須津川渓谷(その2) | トップページ | 愛鷹山農道探索(その2) »

2010年12月20日 (月)

愛鷹山農道探索(その1)

忘年会の翌日、沼津へ仕事仲間のMinicav(MIC)を迎えに行った帰り、愛鷹山の中腹にある東海大学開発工学部のキャンパス目指して登ってみました。

タイトルを林道探索にしようかと思ったのですが、思ったより奥深くまで茶畑が広がっていましたので農道探索としました。

Toukaidai_1218_1s

曲がりくねった道を進むと、駿河湾と浮島ヶ原の田園地帯が見えてきます。

Toukaidai_1218_3s

場所は沼津市西野になります。いつもと違う位置から見た愛鷹山の姿です。左側にちょっとだけ頭を出しているのは富士山です。

Toukaidai_1218_2s

愛鷹山が邪魔して富士山が見えない・・我が家は邪魔している山の向こう側になります。

Toukaidai_1218_4s

ここまで登ると愛鷹山も近くに見えます。

Toukaidai_1218_7s

もう少し登ると、白いキャンパスが見えてきます。時々歩いて登る学生に出会います。かなり大変そうです。

Toukaidai_1218_8s

東海大学開発工学部です。同学部は、大学院を除き2009年を最後に学生の募集を停止したそうです。少子化による生徒の減少が原因だろうか?校舎の裏にある駐車場も荒れて見えました。

Toukaidai_1218_6s

少し登って、富士市方面を見た景色です。

Toukaidai_1218_5s

茶畑が多いせいか、自治会と学校名の注意書きが目に付きました。ちょっと多すぎるような気もします。

キャンパスから更に上を目指すと、軽でも通行できないくらい狭い道になってしまいました。歩けばもっと行けそうですが、止めて西(富士市方面)に向かいました。

« 須津川渓谷(その2) | トップページ | 愛鷹山農道探索(その2) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹山農道探索(その1):

« 須津川渓谷(その2) | トップページ | 愛鷹山農道探索(その2) »