2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 愛鷹林道の探索(その1) | トップページ | 愛鷹林道の探索(その3) »

2010年12月11日 (土)

愛鷹林道の探索(その2)

林道を歩いて行くと、普段見る事の出来ない景色が見られます。山の位置関係も、少しずつ分かってきて面白いです。

Asitakarindou1211_9s

振り返って東側を向くと、石井、須津方面に向かう林道のガードレールが見えます。赤渕川は、この林道と平行に流れています。

Burumiti12111_1s

少し右手(南側)を向くと、EXILEの頭のようなブル道が見えます。もう少し時間があったら、このブル道を尾根まで登ってみたかったのですが・・。

Asitakarindou1211_13s_2

上のブル道を登って大岳に向かう辺り・・天狗山かな?

Asitakarindou1211_11s

上の写真の左側を向くと、中央に大岳、左側奥に見える小さな突起が呼子岳かな?

Asitakarindou1211_12s

大岳。

Asitakarindou1211_14s

呼子岳。

Asitakarindou1211_15s

富士市街と駿河湾が見えます。

Asitakarindou1211_23s

中央下にシルバーのUFOみたいな静岡県富士水泳場が見えます。双眼鏡を持っていけばよかった・・。

(その3)は、植物観察等です。

« 愛鷹林道の探索(その1) | トップページ | 愛鷹林道の探索(その3) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

yo-shiさん、お早うございます。
このブル道は、樹木の切り出しや植林のためだと思います。ゲートがなかった頃は、このすぐ下まで車で行って登ってみた事があります。センブリ(投薬)が、沢山生えていましたよ。愛鷹山、少しずつ探索して行こうと思っています。

エグザイルは笑っちゃいました。そんな感じですね。
こんなところをブルで何しに行くんでしょう。愛鷹山ってけっこう規模が大きいのですね。
こんな山の探索も面白そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹林道の探索(その2):

« 愛鷹林道の探索(その1) | トップページ | 愛鷹林道の探索(その3) »