2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 愛鷹林道の探索(その6) | トップページ | 趣味の野菜畑 »

2010年12月13日 (月)

愛鷹林道の探索(その7)

「なんだまだ続くのかよ!」せっかく撮ったので、もう少しだけ見てください。これで最後にします

Asitakarindou1211_24s

更に勢子辻方面に向けて歩くと、こんな景色が続きます。

Kaidan1211_1s

途中の土手には、階段が・・。この先に何かあるのだろうか?

Asitakarindou1211_25s

静かな林道に、はつりの音が響き渡りました。工事中のようです。帰りの時間もありましたので、ここで引き返すことにしました。もう少し行くと勢子辻だと思います。

Asitakarindou1211_26s

少し手前では、左手に富士山が見えました。

Asitakarindou1211_27s

帰り道で見た大岳。落葉樹林である事が良く分かります。

Mikakunin1211_1s

中央左に、未確認飛行物体が・・。鳥かな? 葉を落とした木々が、綿毛のようにも見えます。

Asitakarindou1211_29s

こんな景色も美しい。

Fujisigai1211_1s

前記事とは違う場所から見た富士市街。海の向こうは、清水・静岡方面です。

Asitakarindou1211_28s

青空に浮かぶ雲を眺めながら帰路に就きました。やっぱり山歩きは楽しい!

« 愛鷹林道の探索(その6) | トップページ | 趣味の野菜畑 »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

ちゅいろさん、今晩は。
愛鷹林道を歩くと雑木ではなくスギとヒノキが殆どです。植林しても伐採せずそのままになっている山林が多いと思います。切りたくてもお金がかかるし、植えておけば下草もそんなに生えないので手間がかかりません。
我が家の山林は雑木に植え替えようかとも思っています。キノコの原木にもなるし、ある程度なら自分でも切る事が出来ますから。

一緒に山歩きした気分になれました♪

先日市民講座で森林の勉強をしました。
森林を保護する活動が世界各地で行われているが、例えば、一つの統計で、国土における森林の割合が前回の調査より増えている国は、喜ばしいがその調査報告自体がどの尺度を使うかによって変ってきてしまうので、実は信用できない側面もあるとか。
また、森林を伐採せずに植樹して森林面積を増やしても必要になる木材はあるわけでそれは、発展途上国から輸入する。その発展途上国では、売れる木材を伐採するため森林面積は当然減る。
そのようなことが繰り返されると地球レベルで考えると増えているところがあればそれを補うために減るところがあるわけで、森林保護とはいえなくなるのではないかなど。

きれいな山並みを見ながら思い出しました。

リリィさん、お早うございます。
お久しぶりです。

記事には書かなかったのですが、この辺りで以前山火事がありました。具体的な範囲は分かりませんが、林道にゲートが出来たのも、その影響があるのかもしれません。

クリスマス島の塩、fujibijinさんのところで見ました。ファンも増えているようですね。

11月末に 秩父に行ったら山肌が茶色くなってるので近づいてよく観ると 今年の猛暑で樹木が枯れてました。
山火事でもなるなら大変だし 元の緑が戻るまで相当な時間がかかると思います。
クリスマス島の塩もキリバスより順調に入ってます。

ロココさん、今晩は。
ヒノキが殆どですが、スギも植えられています。
誰もいない林道を歩きながら、下界の景色を眺めるのも良いものです。知らない人ばかりの都会をぶらつくのにも似た、不思議な気持ちです。

楽しい林道の旅?だったようですね。
ヒノキ?それとも杉の林でしょうか?
とても手入れが行き届いていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹林道の探索(その7):

« 愛鷹林道の探索(その6) | トップページ | 趣味の野菜畑 »