2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 高場所の自然観察(その1) | トップページ | 高場所の自然観察(その3) »

2010年11月15日 (月)

高場所の自然観察(その2)

秋も深まり、野山に咲く花も少なくなって、少し寂しい季節になって来ました。でも、出歩けばまだいろいろ楽しめます。

高場所への登山道脇で見つけた植物を集めてみました。

Aburatyan_1115_1s

アブラチャンの冬芽と蕾。葉も黄色く色づいて綺麗でしたよ。後の記事に載せてみます。

Nokongiku_1115_1s

傷みの無いノコンギク?ヨメナ?

Ryuunougiku_1115_1s

リュウノウギクも咲いていました。

Rindou_1115_3s

Rindou_1115_2s

リンドウも良く見かけました。前記事にも書きましたが、高場所のすぐ近くにも咲いていました。

Senburi_1115_1s

同じくリンドウ科センブリ属・・二日酔いの時お世話になった(最近、二日酔いするほど飲まないので過去形です)センブリです。もう花はほとんど見られず、種になっていました。

Tururindou_1115_1s

これは、ツルリンドウの葉です。

Tururindou_1115_2s

近くを探すと実が生っていました。リンゴが細長くなったような感じですね。

久々に歩いたので、ちょっぴり足腰が痛い・・。

« 高場所の自然観察(その1) | トップページ | 高場所の自然観察(その3) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高場所の自然観察(その2):

« 高場所の自然観察(その1) | トップページ | 高場所の自然観察(その3) »