他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 護国神社の自然観察 | トップページ | 千束川の探索(その1) »

義母の家の植物(秋)

護国神社の命日祭が終わり、義母の家に寄って来ました。町中にあるため、山野草ではなく庭の植物観察です。

Misebaya_sizuoka_2s

ベンケイソウ科セダム属・・ミセバヤの花です。

Misebaya_sizuoka_5s

横顔を・・。

Misebaya_sizuoka_3s

我が家のミゼバヤに比べて、少し大きめの葉です。

Misebaya_sizuoka_6s

こちらはかなり紅葉しています。

Misebaya_sizuoka_1s

Misebaya_sizuoka_4s

我が家と同じ、日高ミセバヤのようです。

Oboroduki_sizuoka_1s

これも多肉植物です。ベンケイソウ科グラプトペタルム属・・朧月(おぼろづき)で良いのかな?

Jyakoba_sizuoka_2s

シャコバサボテンの蕾。

Dendoro_sizuoka_1s

元気そうな葉のデンドロビューム。

これらの植物はすべて屋外栽培です。静岡市の町中では、シンビジュームやデンドロビュームが屋外で枯れずに育ちます。すでに、ワーディアンケースや車庫内に取り込んである我が家に比べると羨ましい限りです。

« 護国神社の自然観察 | トップページ | 千束川の探索(その1) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

慶さん、今晩は。
NHK趣味の園芸の司会をしていた柳生さんが、八ヶ岳で栽培している番組を見ました。凄く綺麗に紅葉していましたよ。日高ミセバヤは、我が家でも屋外に置いています。真冬には現在の茎は枯れ、来春芽が出て来ます。
他の多肉植物は枯れてしまいますので、室内に取り込んであります。

fujibijinさん、今晩は。
実は、今年ベンケイソウの仲間で、アオベンケイという植物が富士山麓某所の樹上に生えている事を知りました。貴重な植物だそうですが、採取してしまう輩が後を絶たないそうです。
また、最近K大の院生と知り合い、腐生蘭に興味を持つようになりました。調べてみると、この植物の芋が強壮剤になると書かれていました。特殊な環境でないと育たないうえに、盗掘されたのでは絶滅してしまいますね。

こんにちわ。
多肉植物も紅葉するんですね。気がつきませんでした❣
そうなんですよね。静岡市街地だと、庭にほったらかしでも大丈夫なんです。でも、だから、逆に大事にしないっていうのはあります。じじも庭にほったらかしなので、たぶん忘れたなと言うときに庭から引き揚げて越冬させて、春に戻しておきます。だぶんなくなっていたのに気づいていないと思う…。
護国神社のヤブミョウガの実、綺麗ですね。

おはようございます。
いつの間にか、様々な植物がアップされていて、スピードに乗れない・・・歳でしょうか。
このベンケイソウ科の植物ですが、チベットやシベリアなど、過酷な自然環境の中に自生するイワベンケイ草の根は、不老長寿薬だそうです。
赤い花が咲くので、紅景天(イワベンケイ草科)と言われます。
不老長寿と聞くと奪い合って絶滅してしまいます。
今、世界中で、そんな植物ハンターが横行しているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/50106751

この記事へのトラックバック一覧です: 義母の家の植物(秋):

« 護国神社の自然観察 | トップページ | 千束川の探索(その1) »