2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 果樹と野菜畑 | トップページ | アキザキヤツシロランのその後(2) »

2010年11月11日 (木)

アキザキヤツシロランのその後(1)

タイトルを見て「なんだ、またかよ!」なんて言わないでください。普段あまり見る事の出来ない植物を、発芽から結実まで観察する機会はそうありませんので・・。

西臼塚の観察会の後、腹ぺこのDAIGO(D5)にガソリンを入れて、アキザキヤツシロラン(腐生蘭)の様子を見に行きました。

Akizaki_m20101106_7s

花が終わり、実の付いた茎がこんなに伸びていました。少しでも遠くに種が飛ぶように・・。

Akizaki_m20101106_20s_2

ハエが一匹集っていました。そっくりなクロヤツシロランの種には、アブラムシが集っていました。この実にも アブラムシやハエを呼び集める匂いがあるのかな?

Akizaki_m20101106_8s

接近してもずっと逃げずにいました。

Akizaki_m20101106_22s

あちこちに沢山生えています。両脇にある竹の枝は、前回私が挿したものです。

Akizaki_m20101106_5s

ストロボ無しで・・。

Akizaki_m20101106_2s

竹の切り株の中に生えている株。

Akizaki_m20101106_10s

こちらにも・・。

Akizaki_m20101106_3s

この部分が花茎の先端部になります。花と実の茎の長さの違いが、お分かりいただけますか?

Akizaki_m20101106_21s

花茎の部分。短い節があります。

Akizaki_m20101106_12s

花以外では、クロヤツシロランと区別するの難しいです。

Akizaki_m20101106_23s

中の種が飛散しそうなものもありました。

Kinoko_f1s

オマケ・・こんなキノコも生えていました。ツチグリの仲間?いつも見るのとちょっと違います。

今年のアキザキヤツシロランの観察は、今回が最後だと思います。次の記事では、もう少し細かく観察してみます。

« 果樹と野菜畑 | トップページ | アキザキヤツシロランのその後(2) »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アキザキヤツシロランのその後(1):

« 果樹と野菜畑 | トップページ | アキザキヤツシロランのその後(2) »