2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 千束川の探索(その1) | トップページ | 千束川上流の植物(その1) »

2010年11月23日 (火)

千束川の探索(その2)

もう少し途中の景色を見てください。生憎、霧が出て来てしまいました・・でも、のんびり歩きたい人には、良いところだと思います。

Senzokugawa_1123_16s

高場所方面。山頂のひのき・・登山道が平らになったひのき林辺りかな?

Senzokugawa_1123_17s

川から見上げるとこんな岩が・・。

Senzokugawa_1123_18s

苔生した倒木は、動物を模した造形のようです。

Senzokugawa_1123_23s

時々青空も見えます。山の天気はいつも気まぐれです。

Senzokugawa_1123_14s

手入れされたひのきの林も良いですね。

Senzokugawa_1123_19s

沢山ある堰堤には、上流側に丸太を取り付けてありました。上流側では、景観に配慮という事はないだろうし・・流れ来る物体の衝撃吸収用かな?

Senzokugawa_1123_20s

水を求めて行ったため、水音には敏感でした。かなり下った辺りで、水音がするので林道から川に入りました。崖になったところから湧水が出ていました。

Senzokugawa_1123_21s

こんな少しの水でも、見る事が出来てうれしい・・。

Senzokugawa_1123_22s

こちらにも・・。

Senzokugawa_1123_1s

DAIGOのところに就いたのは、11時半頃でした。家に帰って昼ご飯にしよう!次の記事では、植物の写真を集めてみます。

« 千束川の探索(その1) | トップページ | 千束川上流の植物(その1) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

yo-shiさん、今晩は。
越前岳と呼子岳が稜線でつながっていてその間の谷になります。高場所から呼子岳をつなぐ尾根のもう一つ東側が、大岳になります。そしてその谷が赤渕川源流となり水があるのです。ミニ滝が幾つかあると思いますので、今度探索して見ようと思っています(何度か行ったのですが、滝を気にしていませんでしたので)。

ロココさん、今晩は。
こちらはヒノキが多いですね。
我が家は、ヒノキとスギの山林があります。
スギは早く大木になるようですね。
同じ時期に植えても太さがかなり違います。

大岳の近くかと思ったら、越前だけのほうなんですね。
このあたりはもう効用なんか大分前のことに鳴っているようですね。
こんな自然の中を時間を気にしないで歩いたら気持ちいいでしょうね。

お一人で行かれたんですか?
ヒノキの林、手入れが行き届いて美しいですね。
妙高では杉林ばかり、ヒノキ林は見かけたことがありません。どうしてでしょう?(素朴な疑問
堰堤の丸太は???ですねぇ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千束川の探索(その2):

« 千束川の探索(その1) | トップページ | 千束川上流の植物(その1) »