他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« カラスウリの実 | トップページ | ゴンズイとクサキの実 »

ミツガシワの自生地

昨晩は会社の飲み会で、沼津に車を置いて来たため、早朝取りに行って来ました。「代行?」沼津から富士の山里の我が家までだと、かなりな料金になります。沼津勤務はいろいろ辛い・・weep

帰りに確認したい事があって、沼津市某所の田園地帯に寄って来ました。

Mitugasiwa_nh1s

薄着だと寒いくらいの朝です。愛鷹連峰の後ろに、富士山が良く見えていました。

Mitugasiwa_nh10s

確認したかったのは、この植物です。今年五月、ブログ友に教えていただき、この自生地を知りました。その後、地主さんの承諾を得た関係者の方によって、その一部が浮島ヶ原自然公園に 移植されたのです。移植のきっかけとなった記事です→ミツガシワ(浮島沼津)。

半分くらい残してあると伺っていましたが、移植後の自生地がどうなっているのか気になっていました。

Mitugasiwa_nh5s

冬には地上部(葉)が枯れると思いますが、まだ青々とした葉が付いていました。

Mitugasiwa_nh4s

五月に見た時は、水路の水が豊富で気付きませんでしたが、竹のような節が見えています。

Mitugasiwa_nh3s

この太い節からこうして増えて行くようです。

Mitugasiwa_nh6s

竹のようでしょ?

Mitugasiwa_nh7s

こちらも・・。

この植物には下のような綺麗な花が咲きます。

Mitugasiwa_20100502_13s

Mitugasiwa_20100502_11s

来年の春には、浮島ヶ原自然公園でも、この花が見られると楽しみにしています。そして、この自生地にも・・。氷河期の生き残りと言われているこの植物が、沼津の田園地帯に生き残っていた事にも感動した出合いでした。

ブログ友との出会いが、色々な植物との出合いにつながり、そして忘れられない思い出となって行きます。ブログを始めて良かったhappy01

« カラスウリの実 | トップページ | ゴンズイとクサキの実 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/49821999

この記事へのトラックバック一覧です: ミツガシワの自生地:

« カラスウリの実 | トップページ | ゴンズイとクサキの実 »