他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ニラの花と虫 | トップページ | 散歩道の花(その1) »

曽比奈観音

このところ、植物観察ばかりで史跡探訪がお留守になっていましたので、少しずつ掲載していこうと思います。

富士市大淵地区に「曽比奈観音」が祀られています。市内各地で見られる馬頭観音の一つですが、この観音様は祠に収められています。

Sobinakannon_20100901_1s

祠全体の様子です。

Sobinakannon_20100901_2s

ちょっと近づいて・・。

Sobinakannon_20100901_3s

祀られた当時は祠などなく、風化が進んだものと思われます。舟光背の右側には「明和六己(?)年」、左側には「正月十七日」と刻まれています。明和6年は、は西暦1769年・・江戸時代中期で、田沼意次が活躍した頃になります。

Sobinakannon_20100901_5s

観音様の頭部には馬が乗っています。馬頭は、地域ごとにいろいろな形があります。生憎、観音様の頭と馬頭の境が割れて修復されていますが、この馬頭は富士市桑崎地区の山林にある馬のお墓に祀られているものと似ています。

Umaduka_1s

これが、吉永郷土史研究会さんの「道祖神」にも掲載されていない馬のお墓に祀られている馬頭観音(?)です。こちらはもっと新しく、嘉永三年(1850年)正月十四日と刻まれています。私には、お坊さんの背にキツネが乗っているように見えますが・・。

気にして見なければ通り過ぎてしまうような史跡も、調べて見ると当時が偲ばれて楽しいですね。

« ニラの花と虫 | トップページ | 散歩道の花(その1) »

史跡探訪」カテゴリの記事

コメント

イデール様、今晩は。
このところ植物の記事ばかりで史跡探訪の記事が殆ど無くなってしまいました。
また時間を見つけて探索したいと思います。
史跡を見ながらいろいろ想像するのも楽しいですね。
地図はもう少しお待ちください。

お手間おかけします。
道祖神、馬頭観音、仏像系の石造、だんだんと見分けられるようになってきました。
安曇野は、雨まじりの天気でしたので、次こそは晴れた日に行って見たいものです。
道祖神、馬頭観音、仏像系の石造

イデール様、今晩は。
キツネに見える馬の石仏は、林の中にあります。
案内図をメールにて送りますので、少し時間をください。
桑崎にはこの他にも林の中に馬頭観音があります。
安曇野にも行かれるんですね。
私も安曇野に縁があって、時々訪れています。

はじめまして。
道祖神が好きで、富士市、富士宮市、安曇野と散策をしています。
桑崎地区を散策しましたが、キツネが乗っているような道祖神の場所がわかりません。
差し支えなければ、場所をお教え願えないでしょうか?

yo-shi2005さん、今晩は。
山梨方面では、祠に入った道祖神が多く見られます。ホームページの方に道祖神のコーナーを作りました。これからいろいろ集めて見たいと思っています。馬頭観音で一番馬らしいのは岡部町にあったものです。比較するのも楽しいです。

馬頭観音さまは普通は露天ですが、こちらは丁寧にお祭りされていますね。
私など田舎道へよく行きますから、気をつけていればいろいろな馬頭観音や、庚申塔などに出会うのでしょうがいつも知らずに通り過ぎています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/49381242

この記事へのトラックバック一覧です: 曽比奈観音:

« ニラの花と虫 | トップページ | 散歩道の花(その1) »