他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シシウドとウド | トップページ | ウバユリの花 »

オニユリとコオニユリ

オニユリとコオニユリはとてもよく似ています。図鑑によると「ムカゴの付くのがオニユリ」と載っています。今日は、我が家のオニユリと裾野市の大野原草原で見たコオニユリを、観察してみたいと思います。

【オニユリ】

Oniyuri_0803_1s

アブチロンの生垣前に咲いているオニユリです。

Oniyuri_0718_1s

蕾の付け根に注目してください。一本の枝(花柄)に二つの蕾が付いています。

Oniyuri_0804_1s

Oniyuri_0808_1s

オニユリの葉。コオニユリと比べて、茎が黒っぽいし葉の色も濃いように思います。

Oniyuri_0724_2s

図鑑に書かれていた「ムカゴ/珠芽 」。「オニユリの多くは三倍体で、果実は実らない」そうです。だからムカゴが付くのかな?

【コオニユリ】

Kooniyuri_0808_1s

草原の中に生えているコオニユリ。緑の中に橙色の花が目立ちます。

Kooniyuri_0808_2s

近づいて見ると・・一つの枝(花柄)に一つの蕾が付いています。コオニユリの特徴としてあげても良いのか分かりませんが・・。花柄も少し長いような気がします。

新潟妙高のロココさんのブログの写真は、一つの枝(花柄)に二つの蕾が付いていました。→こちら。その上、葉もオニユリのように開いていて、長さも少し長いように見えます。以前撮った、十里木高原の写真も確認してみましたが、やはり二つ付いているものはありませんでした。次回探索の課題にします。

Kooniyuri_0808_3s

更に近づいて・・花だけ比べてもそっくりで良く分かりません。機会があったら横に並べて比較してみたいと思います。「良く結実する」そうです。

Kooniyuri_0808_4s

葉の様子。オニユリより細く、上を向いています。図鑑の解説通り、ムカゴは見えません。コオニユリという名前が付いていても株の丈は、2m以上のものもありました。

自生地で見たコオニユリは、オニユリよりもか細く優しい感じの花でした。こちらの方が私好みです。

« シシウドとウド | トップページ | ウバユリの花 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

ロココさん、お早うございます。
有り難うございます。
Webで見ても二つ付いたものがありました。
でも、私が今まで撮った写真には、見つかりませんでした。
今度行ったときに、気をつけて観察してこようと思っています。図鑑を見ると、食用になると書かれていました。ヤマユリなどに比べて、小さい球根だった記憶があります。
この草原は、ススキが私の背丈くらいありますので、中にはいるのが大変です。イノシシと間違えられるかも?

コオニユリ、オニユリ、よく観察されていますね~
ホントだ、葉っぱも良く見ると違いますね
ただ・・・【オニユリが一本の枝に二つの蕾】という説は、どうなんでしょうか?
ロココが撮った(7/25)コオニユリには二つの蕾が付いたものもありましたので・・・。
ロココもコオニユリが好みです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/49106410

この記事へのトラックバック一覧です: オニユリとコオニユリ:

« シシウドとウド | トップページ | ウバユリの花 »