2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スズラン群生地の山野草(その2) | トップページ | ハスの花(その2) »

2010年8月18日 (水)

ハスの花(その1)

今日も暑い一日でした。引き続き工場内の工事立会です。室内なのでまだましですが、休憩で屋外へ出ると、休むどころではなく暑さで参ってしまいます。

今日の記事は、富士市にある日蓮宗代通寺のハスを紹介します。株数はそれほどでもありませんが、いろいろな種類を集めてあります。池や沼ではなく睡蓮鉢で栽培されています。富士市では、ハスの花がそろそろ終わる頃ですので、山梨県の明見湖へ行きたいのですが、あまり時間が取れません。仕方ないので、近場で見ることにしました。

Daituuji_0815_3s

本堂前の鐘突堂。睡蓮の品評会のようです。

Daituuji_0815_2s

ファンの増加に伴い、これからもっと鉢数も増えて行くことでしょう。

Daituuji_0815_1s

鐘突堂の西側にも沢山の鉢が並べられています。こういう栽培法なら我が家でも出来ます。来年は、一株植えてみようかな・・。

Hasubana_0815_1s

大半の株は、花も終わり実がなっていますが、まだ蕾の株もあります。

Hasubana_0815_7s

お辞儀している蕾・・お寺で栽培されているハスは、行儀が良いですね。 

Hasubana_0815_12s

こちらも赤系の花。

Hasubana_0815_17s

少し開き始めた花。

Hasubana_0815_18s

上から・・普通に見られるハスとは少し違っています。種類?今回は様子見なので、来年ちゃんと記録しようと思います。

更に(その2)へ続きます。

« スズラン群生地の山野草(その2) | トップページ | ハスの花(その2) »

地域文化」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
蓮祭りの宣伝を見たとき、池があったかな?と思いました。そしたらスイレン鉢に何種類もの蓮を植えたあったのです。管理のことなんか考えるとこの方が便利ですね。冬は、名札の付いたスイレン鉢が並んでいます。

こんばんは。
毎日の猛暑で、日中は部屋に閉じこもり(><)
大きな蓮も、鉢植えで栽培できるのですね(@@)
蓮やスイレンの花は、情熱的だけど涼しさも感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハスの花(その1):

« スズラン群生地の山野草(その2) | トップページ | ハスの花(その2) »