他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 明見湖(その3) | トップページ | 桶ヶ谷沼(その1) »

カマキリの旅

静岡県磐田市岩井・・この地名ですぐに場所の浮かぶ人はトンボ通の人だと思います。初めて、トンボで有名な桶ヶ谷沼に行って来ました。

Kamakiri_iwata_1s_2

駐車場へ戻ると、日除け無しで放置されへそを曲げている遊び友達D5・・良く見ると、ボンネットにカマキリが乗っています。

Kamakiri_iwata_2s

「なんか文句があるのか!」頭を向けてじっと私を睨んでいます。

Kamakiri_iwata_6s

その内、屋根に登り始めました。

Kamakiri_iwata_7s

「何だよ登っちゃ悪いか?」「おい、カマキリ一緒に富士へ行くか?」走り出せば降りるだろうと思って出発しました。

Kamakiri_iwata_3s

走行中に突然何かがフロントガラスに現れました。あのカマキリです。落ちないように手足を踏ん張っています。時々車内の私に視線を向け、「何とかしろよ!」と言いたげに・・。

このままでは風圧で飛ばされてしまうと思い、日本平SAまで80Km/hで車線変更もせずに走りました。

Kamakiri_iwata_4s

SAで、無事車内に乗せ換えました。到着するまで、この場所で大人しくしていましたよ。

Kamakiri_iwata_5s

無事に自宅へ着き、裏庭に放してやりました。よかったhappy01

« 明見湖(その3) | トップページ | 桶ヶ谷沼(その1) »

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

慶さん、今晩は。
このカマキリ、富士に来たかったのかもしれません。
何度も私の方に顔を向けていました。
フロントガラスに居た時は、時々こちらを振り返って「お~い、助けろ!何とかしろよ!」そう言っているようでした。車内に入れてからは、ずっとこの姿勢で私の方を見ていました。
カマキリに情が移り、可愛く思えてきましたよ。

まあ、よく連れて来れましたね。おいおい、ちょっとウチと違うぞ、っていったかどうか。きっとカマキリも必死だったでしょうね。時々虫が車にしがみついていることがありますね。今朝ミンミン蝉の移動距離は短いので、65年前の戦災で焼き尽くされた墨田区には(だったかな?)ミンミンゼミがいないのだとNHKのTVでやっていました。近年になって少し見つかったそうですが、メスは特にほとんど移動しないので、誰かの車にしがみついて移動したのではないかと言っていました。隅田川が渡れないのだそうですが。もしかして、このカマキリも渡るに渡れぬ大井川安倍川富士川を一気に越えちゃったかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/49284756

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリの旅:

« 明見湖(その3) | トップページ | 桶ヶ谷沼(その1) »