他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ツチアケビの花(その2) | トップページ | 家の周りの花(7月下旬その1) »

十里木八幡宮

最近、自然観察ばかりで、ブログのもう一つのテーマである「史跡探訪」の記事がありませんでした。反省です。

富士市から裾野市十里木に入ると頼朝の井戸があるブナ林が左手に見えてきます。その北側に祀られている「十里木八幡宮」を訪ねました。

Jyurigihatiman_1s

別荘地へ通ずる道路沿いにこの鳥居があります。

Jyurigihatiman_8s

八幡宮へ続く参道は少し薄暗いけどとても涼しいです。

Jyurigihatiman_2s

参道を少し歩くと階段があります。手摺の形状が変わっていますね。

Jyurigihatiman_7s

階段の中ほどにイワタバコが群生していました。

Jyurigihatiman_4s

まだ新しい拝殿です。

Jyurigihatiman_6s

少し斜めから・・。

Jyurigihatiman_5s

横かえら見た拝殿と神殿の様子です。

史跡探訪をしていると、傷んで修復が必要だろうと思われる寺社が多々あります。ここや少し下の勢子辻の山神社のように、氏子が少ないのにも関わらず改築されているのは、人々の信心深さが伺えます。

【十里木八幡宮】

十里木地区の祖は、寛文三年(1663年)に御殿場から分かれて榛木沢湧水地に移住し、寛文九年駿東富士の郡界争いの解決を機にその境界の地「十里木」に移転し今日に及んでいます。

十里木八幡宮は、寛文五年から郡界線に沿って氏神として祀られていたが、野火のために焼失、現在地に移され、現在の社は、全国八幡宮の総本社宇佐八幡の分霊を迎えて、平成十一年十月二十三日再建落成されたものです。

十里木区民の祖が、源頼朝所縁の西田中八幡宮を勧請、十里木八幡宮を創建したものと伝わって(信じられて)います。・・(八幡宮の由緒書抜粋)

« ツチアケビの花(その2) | トップページ | 家の周りの花(7月下旬その1) »

史跡探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/48960675

この記事へのトラックバック一覧です: 十里木八幡宮:

« ツチアケビの花(その2) | トップページ | 家の周りの花(7月下旬その1) »