2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« トンボとイモムシ | トップページ | キバナノショウキラン(二週間後その2) »

2010年7月19日 (月)

キバナノショウキラン(二週間後その1)

富士山麓某所に生えているキバナノショウキラン・・そろそろ開花ではないかと思い、様子を見て来ました。我が家から愛車Dで35~40分、ちょうど良いドライブです。

Asg_0718_8s

一週間前より花茎(花柄)が伸びています。

Asg_0718_1s

ストロボを使って撮影。

Asg_0718_2s

同じくストロボ撮影です。

Asg_0718_3s

同じものをAV(アパチャーバリュー)モードで撮影。撮影の知識がほとんどないので、数値設定が良く分かりません。説明書を読んで、少しずつ勉強しています。

Asg_0718_4s

Asg_0718_6s

良く見ると花に小さな傷があります。この植物は、指先で触れると少しネバツキがあります。表面に蜜のようなものが分泌されているのではないかと思われます。小さなハエや蟻、次の記事に載っているような昆虫などが集っています。ですから開花前に傷んでしまう事も考えられます。

Asg_0718_5s

Asg_0718_7s

まだ虫の集っていない蕾。このまま綺麗に開花してくれないかな・・。

蕾を確認してから二週間目ですがこの状態です。もっと早く開花すると思っていました。薄暗い林内だから時間がかかるのかな?

次回は、別の場所に生えているキバナノショウキランの記事です。

« トンボとイモムシ | トップページ | キバナノショウキラン(二週間後その2) »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キバナノショウキラン(二週間後その1):

« トンボとイモムシ | トップページ | キバナノショウキラン(二週間後その2) »