他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 栽培棚の花(6月中旬その1) | トップページ | 我が家のウチョウラン(その1) »

栽培棚の花(6月中旬その2)

とうとう東海地方も梅雨入りしてしまいました。果樹と野菜畑の事を考えると、雨も欲しかったのですが、晴天の時に行きたいところがいろいろありました。休みたい!

Himesiraito_0613_1

白いブラシのような花。シライトソウですが、普通種よりも丈が小さくて姫シライトソウと呼ぶそうです。

Himesiraito_0613_2

良く見ると、これも変わった花ですね。

Himesiraito_0613_3

上から見ると白菊のようです。

Sekkoku_0613_1s

気まぐれなセッコクの花も咲きました。とてもいい香りです。

Sekkoku_0613_2s

横顔を・・。薄暗い状態でストロボ無なので、得意のピンボケ写真ですcoldsweats01

Suzumusisou_0613_1s

Suzumusisou_0613_2s

Suzumusisou_0613_3s

フガクスズムシソウの花を少し前にアップしましたが、こちらは普通のスズムシソウです。もう一株も芽が出たのに、4月の雪でダメになってしまいました。しかも球根まで・・weep。貴重な一鉢です。

スズムシソウの羽に見えるところは、株によって緑がかっていたり、形がいろいろあって面白いです。でも、一株なので見比べる事が出来ませんcrying

« 栽培棚の花(6月中旬その1) | トップページ | 我が家のウチョウラン(その1) »

コメント

慶さん、お早うございます。
このスズムシソウも、以前は近くの林に生えていました。私が幼い頃は、エビネなども含めて珍しい存在ではなかったと思います。こういう植物の減少は、乱獲だけではなく、植物が育つ山野の環境の変化によるところが大きいと思っています。
園芸店でしか見ることの出来なくなった花が、昔の事を思い出させてくれますので、つい買い集めてしまいます。

おはようございます。今日は天気がいいです~。出かけたいです~~~。うううう~~~。
でもでも、やまぶどうさんのところ、そん所そこらじゃあ見られないような珍しいものばかりじゃありませんか❣しかも種が尽きないですね~~。
 なんか、癒されます~(*^。^*)

yo-shi2005さん、お早うございます。
山間部に住んでいるので、人気のある山野草が手間をかけずに育ってくれます。
浜辺の植物は、いろいろ工夫して見てもうまく育ちません。
近視の上に老眼でピントが合わせずらいです。マニュアルで撮るとだいたいピンボケしてしまいますcoldsweats01

なんと、見たことも聴いたこともないような珍しい花ばかりですね。シライトソウは、花びらがらせん状についているみたいですね。
ピンボケじゃないですよ。
400倍にしてみても一番手前の花びらにあっています。
さすがです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/48629767

この記事へのトラックバック一覧です: 栽培棚の花(6月中旬その2):

« 栽培棚の花(6月中旬その1) | トップページ | 我が家のウチョウラン(その1) »