他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« オウゴンスゲとアソヒメユリ | トップページ | マタタビ »

ギンリョウソウ

今日もピンボケ写真で恐縮です。薄暗い所に生えている植物なので・・。

植物の名前は「銀竜草/ギンリョウソウ」です。イチヤクソウ科ギンリョウソウ属・・腐生植物です。ベニタケ属の菌類に寄生すると書かれています。イチヤクソウの仲間だとは知りませんでした。

G_img_1729

林内に入ると、ギンリョウソウの赤ちゃんがいっぱい生えていました。

G_img_1726

こちらには、花の開いたのがいっぱい・・。

G_img_7207

こんな雰囲気から、幽霊茸の別名を付けられたのでしょう。なんか親子で並んでいるようですね。

G_img_7208

ストロボをたいて撮影。「眩しいじゃないか!」そんな声が聞こえてきそうです。

G_img_1721

こちらにも家族が・・。

G_img_1732

横顔・・動物の顔みたいです。

G_img_7202

「雌しべの柱頭はきのこ状で、縁は紫色」・・図鑑の解説と見比べて納得。

G_img_7215

「雄しべの花糸には白い毛が多い」・・図鑑に書かれた通りです。そしてその後ろに見えるのが、ギンリョウソウの種が入った液果だそうです。

« オウゴンスゲとアソヒメユリ | トップページ | マタタビ »

コメント

NOZOさん、今晩は。
偶然迷い込んだ場所で見つけました。
最初に行った所では二つ見つけただけでしたが、この場所ではあちこちに沢山生えていました。

たくさん生えていましたね。
何度か見ていますが、こんなに群生しているところには出会っていません。

いかにも雑木林の林床にひっそりといるといったたたずまいですよね。

りんさん、お早うございます。
私も初めて見た時は「何だこれ!」と驚きの声をあげました。雑木林の落ち葉の中には、いろいろな植物をはぐくむエネルギーがあるようです。

ロココさん、お早うございます。
本当に変わった植物ですね。
この写真は、山梨県の富士山麓、標高1,300mくらいの所で撮ったものです(有名な青木ヶ原樹海の近くです)。富士山周辺は探索して歩くと面白いです。

慶さん、お早うございます。
我が家の庭は、野山と一緒です。
あちこちからいろいろな種が運ばれて来て、知らない植物が生えていたりします。
静岡市では、丸子の山にギンリョウソウが生えていました。親戚のおじいさんが玄関に飾っていましたが、すぐに黒っぽくなってしまいました。

tomokoさん、お早うございます。
石鎚山の名前は、ウチョウランの自生地として幾度か耳にしました。このギンリョウソウは、あるところにはこんなに沢山生えていますが、見ようと思ってもなかなか出合えない植物だと思います。
私もここに行けてラッキーでした。

おはようございます。
群生しているギンリョウソウ 綺麗で見応えがありますね!
山歩きどころか、散歩もほとんどしない私は
 やまぶどうさんのブログで、自然界の珍しい植物を楽しませて頂き
 感謝しております。

rain今晩は。綺麗なのか不気味なのか考えちゃいますねーー。ギンリョウソウsign03摩訶不思議ですね。

ギンリョウソウ、こちらの里山ではもうほぼ終わってしまいました。妙高高原あたりでは7月下旬頃まで見られますが。
初めてこれを見た時は、本当にまか不思議な、と言うよりへんてこなものがあるんだな~と思ったものです。

こんばんわ。
これまた摩訶不思議な生き物のような植物ですね~。宮崎駿のアニメに出てきそうな…。いろんな顔をしていて面白い~(^O^)/
やまぶどうさんのお庭にもびっくりのものがいっぱい、天然のお庭にもいっぱいなのね(^_-)-☆

こんばんは~ ギンリョウソウ沢山ありましたね。
私がこれを見たのはもう40年余り昔ですが、四国(私のふるさと)石鎚山でした。登山の途中だったから、あまりじっくり、観察というわけにはいきませんでした。今日こちらでしっかり見せてもらえてラッキー!!  ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/48662197

この記事へのトラックバック一覧です: ギンリョウソウ:

« オウゴンスゲとアソヒメユリ | トップページ | マタタビ »